CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


ドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』上映会 – 2018年9月30日(日)at HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku

ドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』上映会


現代美術界のスーパースター、オラファー・エリアソンのドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』の上映会を開催〔入場料無料〕
アートディレクターの米山菜津子氏、編集者の牧信太郎氏をお招きし『写真を選んで並べることープレゼンテーションの方法論ー』と題したトークショーも同日開催。

今年8月新宿にオープンしたばかりのライフスタイルホテル THE KNOT TOKYO Shinjukuにて、現代アートシーンの最重要人物オラファー・エリアソンを追ったドキュメンタリー映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』の上映会を開催いたします。

全77分。 映画という名の実験室。 同じ現実、違う世界。 あなたには何色に見えるだろうか?

上映終了後は、アートディレクターの米山菜津子氏、編集者の牧信太郎氏による『写真を選んで並べることープレゼンテーションの方法論ー』と題したトークショーを開催。

無数にある写真から何を基準に選び、どのように並べるのか?

雑誌『GINZA』のアートディレクターでもあり自身で出版レーベルやオルタナティブスペースも運営する米山菜津子さんと、編集者の牧信太郎さんをお迎えして、雑誌、ZINE、展示などで、写真をセレクトし並べて流れをつくる方法論や写真が活きるレイアウトや編集についてお話し頂きます。

偉大なアーティストの制作過程や、それらに関わる編集者やアートディレクターの視点を学べる1日限りのイベントです。


ドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』上映会

【日程】
2018年9月30日(日)

上映開始時間 1部 14:00~15:30、 部 16:00-17:30、トークショー 18:00-19:00
※いずれの日程も30分前受付開始
※本編77分

【会場】
HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku
東京都新宿区西新宿4-31-1
2F MORETHAN BANQUET ROOM

【料金】
参加費:無料
※別途、ワンドリンクオーダー制となります。

【定員】
各30名 ※事前予約不要ですが、席に限りがございます。 席数を超えた場合、立ち見になりますので予めご了承ください。

【上映作品】
『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』 (日本語字幕上映)
監督:ヘンリク・ルンデ、ヤコブ・イェルゲンセン 出演:オラファー・エリアソン
2009 / デンマーク / 英語、 デンマーク語 / 16:9 / ステレオ / カラー / 77分 / 原題:Olafur Eliasson : Space is Process
Copyright: Jacob Jørgensen, JJFilm, Denmark

オラファー・エリアソンは2008年、NY市イースト川に4つの巨大な滝を作り出した。 彼はなぜ滝をつくり、どう作品を生みつづけているのか?今世界が注目する現代美術家オラファー・エリアソン。 金沢21世紀美術館をはじめとする過去の出展作品、ドイツの制作スタジオ、世界中を駆け巡る彼の姿を追いながら、その答えを解き明かす。 時間と空間ですべての観客を巻き込む、知的エンターテイメント。 (配給元:アップリンク ウェブサイトより) 

ドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』上映会ドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』上映会ドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』上映会ドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』上映会ドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』上映会ドキュメンタリーフィルム『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』上映会


米山菜津子(よねやまなつこ)

米山菜津子(よねやまなつこ)

1981年東京生まれ。 2003年に東京藝術大学デザイン科卒業、グラフィック・エディトリアルデザイナーとして活動開始。 CAP、PLUG-IN GRAPHICを経て2014年にYONEYAMA LLC.を設立。 出版レーベルYYY PRESS主宰。 『GATEWAY』を不定期で発行するほか、オルタナティブスペースSTUDIO STAFF ONLY運営としても活動している。

http://natsukoyoneyama.tokyo.jp


牧信太郎(まきしんたろう)

牧信太郎(まきしんたろう)

1978年京都市生まれ。 横浜国立大学経済学部卒業。 編集者。 『美術手帖』コントリビューティング・エディター。 担当特集号は「#photograph」「Rhizomatiks」「坂本龍一」「荒木経惟」「バイオ・アート」など。 過去には、写真雑誌『IMA』の編集やRyan Mcginley「Body Loud」展のカタログなどの編集協力など。


THE KNOT TOKYO Shinjuku

総合不動産会社のいちご株式会社が展開するライフスタイルホテル THE KNOT

2017年12月1日にTHE KNOT YOKOHAMAがオープンし、今年2018年8月8日には新宿にTHE KNOT TOKYO Shinjuku がオープンいたしました。

「旅するホテル」をブランドコンセプトに日本各地を旅してめぐると知らなかった魅力がたくさんあることに気が付きます。
人々と話し、歴史を知り、文化に触れ、私たちが見つけたその土地ならではの個性。
それらを紡ぎ合わせ「THE KNOT」は生まれました。

いくとおりもの旅のカタチがあるように姿も性格も異なる各地のTHE KNOT。
旅する人も暮らす人も、古いものも新しいものも、そこに集うすべてがまちのストーリーを創っていく。
この街だからこその、世界で一つの体験が待っています。

今年8月オープンした、THE KNOT TOKYO Shinjukuは、「We are the People’s Park 目の前に広がる公園のように、多様な人々のために」
THE KNOT TOKYO Shinjukuは、「新宿」を多様な人々と文化が混在しながら個性が共存する懐深い街と捉え、目の前に広がる新宿中央公園との関係性を大切にしてつくられました。 新宿の街のように懐深く、その公園のように皆にひらけた解放感。 一つの空間に様々なライフスタイルが交錯するような場所を目指していきます。 また、THE KNOT TOKYO Shinjukuでは、日本をはじめとした世界の若手アーティストを応援。 新宿や東京のアート、写真、音楽など、東京から発信される新しい文化の拠点となり、アートと人を結ぶ活動を行います。

その第一弾として、8月のグランドオープンよりアインシュタインスタジオとの取組によるNEW JAPAN PHOTO TO GOを開催しております。
そのアインシュタインスタジオが、NEW JAPAN PHOTO 6 出版記念企画として、今回の上映会を開催します。

https://hotel-the-knot.jp/tokyoshinjuku/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |