CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。

書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。

至高の名ギタリスト、大村憲司のすべて。レア・トラックス収録のCD付き書籍『大村憲司のギターが聴こえる』、2月1日発売

“伝説のギタリスト”と祭り上げずに、すぐそこでプレイする大村憲司を感じたい。

98年の逝去以来その評価がますます高まるギタリスト、大村憲司。 井上陽水、大貫妙子、加藤和彦、坂本龍一、高橋幸宏、細野晴臣、矢野顕子など数多くのアーティストから信頼され、レコードにライブに数々の名演を残しました。 死後、ソロ・アルバムの再発、ベスト・ライヴ・トラックス・シリーズ全7タイトルの発売などリリースも相次ぎ、日本が生んだ世界的名手としてその名前はますますクローズアップされています。 本書は、大村の功績と魅力を伝える集大成的な一冊。 レア・トラックスを収録したCD付きです。


『大村憲司のギターが聴こえる』

Contents
●ギター・マガジンの全インタビュー再録
●バイオグラフィー
●ギター・コレクション、 機材、 所有レコード
●プライベート・グッズ・コレクション
●写真アーカイブ
●本人執筆による文章、 スコアの再録
●オリジナル作品解説
●参加作品解説
●参加作品リスト
●アーティストが語る大村憲司
●ギター・スコア
「Left-Handed Woman」、 「Georgia On My Mind」、 「Maps」
●大村憲司をめぐる論考
etc.

【CD収録曲】
「Georgia On My Mind」PONTA BOX(1997年11月30日@横浜BAY HALL)より
「Latin Stuff」アルファ・フュージョン・フェスティバル(1978年12月@新宿紀伊国屋ホール)より
「I Ain’t Got Nothing But The Blues」ケンポン・バンド(1998年3月2日@六本木ピットイン)より

発売:2017年2月1日
定価:(本体2,800円+税)
仕様:A4変型版/152ページ/付録:CD
ISBN 9784845629916


アイツのギターの音がすると、 もう包み込まれるんだよな。 “ミュージシャンズ・ミュージシャン”の最たる人だよ、 憲司は。  —村上“ポンタ”秀一

私にとっての大村憲司はいつでも“ケンジ”であり、 “私のギタリスト”であり続けています。 今は一緒にプレイする機会が無いってだけで。  —矢野顕子


書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。書籍『大村憲司のギターが聴こえる』2017年2月1日発売。


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |