CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


KOICHI SAKAO EXHIBITION『オオタノカケラ -色鉛筆で写す町工場の記憶-』2016年10月28日(金)~11月7日(月)at デリエ イデー(東京・丸の内店)

KOICHI SAKAO EXHIBITION『オオタノカケラ -色鉛筆で写す町工場の記憶-』2016年10月28日(金)~11月7日(月)at デリエ イデー(東京・丸の内店)

町や人々の記憶を写し取る、「オオタノカケラ -色鉛筆で写す町工場の記憶-」。10月28日(金)からデリエ イデー(丸の内店)で開催。

デリエ イデー(丸の内店)では、『KONICA MINOLTA ソーシャルデザインアワード2016』IDEE賞受賞酒百宏一氏の展示会を開催します。 フロッタージュという技法で職人が使用していた道具や部品を写し取り、それらをつなげて大きな作品をつくることで、カメラにはけっして写すことの出来ない、町や人々の記憶を表現します。

日本を代表する町工場のまち大田区。 かつては9000もあった町工場は後継者不足などで半分以下にまで減少。 「オオタノカケラ」は、職人が不在となった大田区北糀谷の町工場から提供していただいた道具を一つの資源として、住民と恊働して作品を制作することより、モノづくりと大田区の魅力を再発見しこれからのまちにつなげていく活動です。
フロッタージュという技法で職人が使用していた道具や部品を写し取り、それらをつなげて大きな作品をつくることで、カメラにはけっして写すことの出来ない、町や人々の記憶を表現します。


KOICHI SAKAO EXHIBITION『オオタノカケラ -色鉛筆で写す町工場の記憶-』2016年10月28日(金)~11月7日(月)at デリエ イデー(東京・丸の内店)

*フロッタージュ
フランス語の「こする(frotter)」に由来。 木や石などの凹凸面に紙を置いて上から鉛筆 などでこすり、 図柄を紙面に写し取る描画技法。


KOICHI SAKAO EXHIBITION「オオタノカケラ -色鉛筆で写す町工場の記憶-」

【開催期間】
2016年10月28日(金)~11月7日(月)

【会場】
デリエ イデー(東京・丸の内店)
〒100-6504 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル 4F
open. 11:00~21:00(日祝 11:00~20:00)
TEL:03-5224-5571

詳細はこちらから。 http://www.idee.co.jp/company/press_release/201610/ootano-kakera.html


酒百 宏一 Koichi Sakao

美術作家。
1968 年石川県生まれ。 東京都大田区在住。 東京工科大学デザイン学部准教授。 フロッタージュという写しとりの技法をもとに、色鉛筆と紙のみを使って、地域の土地と人の営みの記憶を市民と恊働でかたちにするプロジェクトを多数展開。

http://www.sakao-lifeworks.com/


『KONICA MINOLTA ソーシャルデザインアワード2016』 IDÉE 賞

コニカミノルタが雑誌『Pen』とコラボレーションして開催している、「社会をより良くするためのアート・デザイン・アイデア」をテーマとしたアートコンペ。 過去2009 年より6 年間開催されてきた「エコ&アートアワード」から2015 年より「ソーシャルデザインアワード」へ名称を変更、内容をリニューアル。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |