CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY ~REPORT~

Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔REPORT〕

クラブイベントでは一般的に、テクノやハウスやトランスなどある程度ジャンル分けされていて、どんな音がプレイされるかは想像がつくとは思うのですが、ベースミュージックのイベントとなると今のこの日本のクラブシーンではまだまだアンダーグラウンドな部分で盛り上がっているものの一般的にはあまり知られていない部類というイメージがあると思う。

そんなベースミュージックの祭典『Outlook Festival』は、2008年に欧州クロアチアでスタートし毎年ベースミュージックとサウンドシステムカルチャーのフェスティバルとして開催国クロアチアを筆頭に世界各地でLAUNCH PARTYが開催されていて、本国では出演者400組以上3万人もの人々が訪れる程の世界的にも注目度の高いマンモスイベントなのであります。ここ日本でも4年前にLAUNCH PARTYとして開催されてから年々規模が拡大され、今年も昨年同様新木場のageHaでの開催となる程近年徐々にシーンにも浸透しつつあるクラブミュージックなわけであります。

このOutlook Festival は、DAYTIMEのクラブイベントという事もあってか、会場では普段あまりクラブイベントでは見かけないような若い子達がたくさんフロアーやラウンジの至るところで見る事が出来た。年齢層の幅が広いラインナップというのも理由の一つだと思う。しかも凄くシンプルだけど服装やTシャツに拘りを持った様なクラバー達が全体的にたくさんいて、喫煙所やフードエリアでそういうファッション観察をするのも一つの楽しさでもありました。

Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕
Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕

WATER AREAでプレイしていたTREKKIE TRAXはその若い世代代表のDJ CREWで、ダンスホールレゲエにも通ずる様なあらゆるクラブミュージックを融合したスタイルは、代わる代わるプレイするcrewの勢いと共にwater areaを目一杯盛り上げていたし、その後のMAIN AREAでのGOTH-TRADのプレイは、まさしくベースミュージックの象徴とも言うべく、体と脳みそを震わす細部まで拘りに拘った低音を放っていて、ここageHaの世界最高峰のサウンドシステムと連動して常に音に包まれている瞬間は最高だったし、そのGOTH-TRADを尊敬し日本中を旅して周り、何度何度も試行錯誤してオリジナルのサウンドを追求しているDJ Dopplegengerは、独特の世界観を持った音の表現で、寂しかったフロアーにどんどんオーディエンスを引き寄せて魅了していたし、エリアを変えればこういう世代違いで音違いのDJを思う存分堪能出来る面白みは、このベースミュージックというアイコンがあっての事だと思う。

ベースミュージックという一つのベクトルがあって、そのベクトルに向かってそれぞれの世代がそれぞれの解釈でベースミュージックを表現する。それは音だけに留まらずにファッションだったり、遊び方を取っても捉え方が全然違うし、同じ世代の中でもヒップホップやドラムンベースやレゲエをルーツに持ったバックグラウンドでだいぶ表現方法が変わってくる。幾つにも分かれているフロアーのどこへ行ってもバラエティーに富んだプレイを聴ける事が出来て音に飽きる事が無い。縦にも横にも広がるこの幅の広さから、ベースミュージックの持つこれからの可能性を感じる事が出来た。

Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕
Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕
Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕

またSOUND CRASHといったライブ感覚で見る事が出来る三つのDJ CREWによるDJバトルは、レゲトンやドラムンベースやもうジャンル分けする事が出来ない斬新でオルタネイティブな三者三様のサウンドで、年齢層関係なくフロアーを大いに盛り上げていた。勝者は『これがベースミュージックだ!』と気迫十分な圧倒的なサウンドとパフォーマンスをした昨年度チャンピオンのHABANERO POSSE。勝敗ももちろん楽しみの一つだけど、次から次へとDJが移り変わるテンポ感の良いこのガチンコバトルはこの日のイベントのアクセントにもなっていたと思うし、この日の盛り上がりのピークの一つでもあった様に思う。

体の芯をえぐり震わし、遥か下の方の音がずっしりと重く響き渡るベース音がしっかりと支えてる音が、やはり個人的には心地良く安心出来るし、音を支えてるのってベース音なんだなって事を改めて実感した夜でした。そしてそれを更に支えてるのはDJが放つ音だけでは無く、このイベントのメインともなっているサウンドシステムだという事を忘れてはいけません。音を求めて人々が集まり、人々が最高峰のサウンドシステムを経由して音を発信して、そしてそれを人々が体感する。そしてベースミュージックというベクトルに対して世代を超えたアーティスト達がそれぞれの表現をする。そこにはジャンル云々では無くて、もっと広い意味で遊びに行く要素がたくさん詰まっているように思う。来年は更なる多くの人々に音に酔いしれて頂きたいです。

Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕
Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕
Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕
Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕
Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCH PARTY 〔 REPORT 〕

OUTLOOK FESTIVAL 2014 JAPAN LAUNCH PARTY
2014.6.8 (Sun) OPEN 14:00 / CLOSE 22:00

ageHa / studio coast,Tokyo

■LINE UP
UB PHIZIX & Strategy
DILLINJA
Author
P MONEY
ROYAL-T
PART2STYLE SOUND
DJ KENTARO
1945 a.k.a KURANAKA
GOTH-TRAD
BROKEN HAZE
Booty Tune
CHAKI ZULU
DARUMA & JOMMY
田我流
DJ Doppelgenger
DJ Dx
DJ HIKARU
DJ Taso
DRUNK MONK
G.RINA
HABANERO POSSE
Heart Cocktailz (KENKEN & INSIDEMAN)
HyperJuice
LEF!!! CREW!!!
MERCENARY SOUND
Midnight Rock
MIGHTY MASSA
NEO TOKYO BASS
RUMI & OG
selector NICHI
SHaKa-iCHi
SHINKARON
SMITH-CN
Supermaar aka DJ MAAR
TAKASHI-MEN & JA-GE feat. Galang Galang Crew
the KULTURE KRUB
TREKKIE TRAX
WATAPACHI
XXX$$$ (XLII & DJ SARASA)
DJ MASA(ROAD TO OUTLOOKFES_JP 2014 DJ CONTEST WINNER)

■Dimensions Festival JAPAN LAUNCH AREA
JULIEN PEREZ
DJ NOBU
KABUTO
SATOSHI OTSUKI

■SOUND CLASH
HABANERO POSSE vs Booty Tune vs LEF!!! CREW!!!

■JUNGLE CLASH
DJ DON vs SHORT-ARROW vs YAHMAN
HOST MC : CARDZ

■SOUND SYSTEM
eastaudio SOUNDSYSTEM
BlueskySoundsystem
selector NICHI with SOUND SYSTEM
VOID INCUBUS
VOID Acoustics



Photo by YUKINO MIYANISHI , NAOKI SEO
Text by Kenichi Kono

Posted in ALL ENTRY, DJ Doppelgenger, EVENT, REPORT |