CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


OUTLOOK FESTIVAL 2015 JAPAN LAUNCH PARTY 2015.6.14 (SUN) at SOUND MUSEUM VISION ~フルラインナップ発表~

OUTLOOK FESTIVAL 2015 JAPAN LAUNCH PARTY 2015.6.14 (SUN) at SOUND MUSEUM VISION ~フルラインナップ発表~

ベース・ミュージックとサウンドシステムの世界的祭典
「OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTY」
フルラインナップ発表!!!!

第一弾で発表された『ZED BIAS』『MC FOX』『IRATION STEPPAS』『Hi5ghost』『PART2STYLE SOUND』『KURANAKA a.k.a 1945』らに加え海外勢として新たにUKからLEVELZのDJとして目下飛ぶ鳥を落とす勢いの『JONNY DUB』 UK REGGAE界の大御所BUSH CHEMISTSから『CHAZBO』 香港のBASS MUSICシーンの最重要人物『DJ SAIYAN』『BLOOD DUNZA』が新たにラインナップ。 国内勢も『GOTHTRAD』『$OYCEE(CE$+tofubeats)』『LEF!!! CREW!!! & BINGO (HABANERO POSSE)』『環ROY』『JA-GE』『RUMI』『ZEN-LA ROCK』『DJ YAS』『G.RINA』『QUARTA330』『BROKENHAZE』『HyperJuice』『TREKKIE TRAX』等、蒼々たるメンツがラインナップ!

そしてジャンルを超えた異種格闘技「OUTLOOK JP サウンドクラッシュ」が今年も開催。今最も勢いのあるXLIIとDJ SARASAのベースミュージック・ユニット『XXX$$$』常に日本のアンダーグラウンドシーンのトップを走り続ける『DJ BAKU』クラッシュ要素の高いジャンルGRIMEからWARDUBの主催でもあるCHELSEA JP+NEGATINによる『GRIME.JP』確実に歴史に刻む名勝負になる事必至!!

:: FULL LINE UP ::
ZED BIAS (from UK)
MC FOX (from UK)
IRATION STEPPAS (from UK)
Hi5ghost (from UK)
JONNY DUB (from UK)
CHAZBO (from UK)
PART2STYLE SOUND
KURANAKA a.k.a 1945 (Zettai-Mu)
GOTH-TRAD (Deep Medi Music/Back To Chill)
LEF!!! CREW!!! & BINGO (HABANERO POSSE)
$OYCEE(CE$+tofubeats)
BROKEN HAZE
BLOOD DUNZA (from HK)
CHANGSHIE
CLOCK HAZARD
Cocktail Boyz (INSIDEMAN&KENKEN)
CRZKNY
DJ Doppelgenger
DJ DON
DJ Saiyan (from HK)
DJ Shimamura + MC STONE
DJ YAS
Double Clapperz
G.RINA
hyper juice
JA-GE
Jinmenusagi
KAN TAKAHIKO
KILLA
MAXTONE Hi-Fi
MIDNIGHT ROCK
MISOИКОВ QUITAВИЧ
NUMB’N’DUB
QUARTA330
RUMI
SHORT-ARROW & Ninety-U
SKY FISH + CHUCK MORIS
TAKASHI-MEN
環ROY
TREKKIE TRAX
Tribal Connection
VAR$VS
YOCO ORGAN
ZEN-LA-ROCK

:: SOUND CLASH ::
XXX$$$(XLII&DJ SARASA) vs
DJ BAKU vs
GRIME.JP

:: SOUND SYSTEM ::
eastaudio SOUNDSYSTEM
MAXTONE Hi-Fi

:: VJ ::
MYCOPLASMA ( TREKKIE TRAX )

:: 主催 ::
PART2STYLE with ZETTAI-MU

:: supported ::
SOUND MUSEUM VISION
Jägermeister / Native Instruments / AIAIAI
2.5D / Goodweather / east audio


OUTLOOK FESTIVAL 2015 JAPAN LAUNCH PARTY
開催日時:2015.6.14 (SUN)

開催時間 : 14:00 – 22:00
料金 : ADV 4,000(販売中)
会場: SOUND MUSEUM VISION , Tokyo www.vision-tokyo.com
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F
03-5728-2824(SOUND MUSEUM VISION)
03-6415-6231(GLOBAL HEARTS)

OUTLOOK FESTIVAL 2015 JAPAN LAUNCH PARTY WEB SITE
http://outlookfestival.jp

FACEBOOK
https://www.facebook.com/outlookfestival.japanlaunch

TWITTER
https://twitter.com/outlookfes_jp


ZED BIAS (from UK)

ZED BIAS (from UK)

数知れずの謎めいた変名を駆使する90年代後半を引率した、 Zed Bias aka DAVE JONESの活動履歴はそのままUKのダンスカルチャーそのものといえる。 2000年にUKチャートに送り込んだ2STEPの金字塔を打ち立てた彼の作品が 世代をこえてその重要性を再定義したROSKAにリミックスで去年再リリースまでされた。そんなアンダーグラウンドダンスミュージックの先駆者は常に動きを止めない、自宅スタジオで作られたあらゆる名義のサウンドは常にBBC1のスターDJによりプレイリストに加えられ、KODE9、ONEMAN、BENGA、Plastician、そしてSkreamによって瞬く間に広がっていった。 2002年に、より実験性をもったサウンドを目指すMaddslinky名義アルバムではWill White(Propellerheads)Kaidi Tathem,Luca Roccatagliati等をフューチャーしたDUBSTEPの礎を築くサウンドを展開、また2010年にはMr Scruff、Skream、Genna G、Omar等をゲストに”Make a Change”を発表。ジャイルスピーターソンが選ぶワールドワイド・アワードで”Further Away”が3位に入るなど、常に実験性を保ちながらも、UKチャートに食い込むようなビッグチューンを送り込むバランス感覚の優れたプロデューサーである。

そして、その中でも最も影響を強く受けたDUBSTEP DJであるSkreamのインタビューを含めたTru Thoughtsの傑作であり、初EPであるMaddslinky名義アルバム”Make your Peace”が再発されたことで、若い世代にも飛び火して初期レイブを彷彿とさせる興奮が蘇ったのである。

そしてEPをリリースしていたSWAMP81から衝撃的にアルバム”BOSS”を発表し 全世代に渡って支持を得たまさに”BOSS”はFablicからのMIXリリースも含め ブロークンビーツの初期からUKGの全盛、そしてその後のダブステップ、グライムにまで 影響をおよぼしたトップアンダーグランドという希有な存在を証明した。

そんなベース・ミュージックのパイオニアであり、現在でもBOSSの名にふさわしいリリースを連打、時代を作り、時代を駆け抜け、時代の子孫を量産するUK最高の アンダーグラウンド・ダンスミュージック・プロデューサー Zed Bias待望の来日をOUTLOOK JAPAN LAUNCH2015で実現!


MC FOX (from UK)

MC FOX (from UK)

Foxはマンチェスター生まれのジャマイカンでパーティーでのサイドMCやビッグプロデューサーの楽曲客演やHOST MCとしてあらゆる仕事をこなすMCで マンチェスターのクラブシーンでの存在感、信頼感は絶大である。

ヤーディー特有のパトワによるアクセントやシングジェイ•スタイルのメロディアスなフローは多才で、ありとあらゆるBASS MUSICを乗りこなしDub Phizix – ‘Never Beenや Mouse Outfi – ‘Built In A Day’, Drs – ‘Soul Remember’、My Nu Leng – ‘Masterpla’などが代表作としてあげられる。地元マンチェスターのSwing Ting, Hoya:Hoyaのローカルクルーのみで固められたパーティーはもとより、Soul:ution, Hit&Run, Metropolis等のビッグダンスなどにもレジデンツとして参加。ParklifeやOUTLOOK FESTIVAL等の大型フェスの常連MCでもある。

またマンチェスターのドリームチームとも言えるLEVELZでは重要な存在で正真正銘の実力者と言える。彼のステージは常にグッドバイブスとエナジーに満ちあふれており、 今回の日本初来日では同じマンチェスターのZED BIASとの絡みは必見である。


IRATION STEPPAS (from UK)

IRATION STEPPAS (from UK)

THE VANGUARD OF DUB!! THE SPIRITUAL STEPPIN’ WARRIORS
PLAYING DUBZ INNA YEAR 3000 STYLE!!
UK最大のダブの祭典『UNIVERSITY OF DUB』をはじめ 『SUBDUB』『Exodus』のレジテンツ・サウンドにして、世界最大のベース・ミュージック&サウンドシステム・カルチャー の祭典『OUTLOOK FESTIVAL』のメイン・アクトにてメイン・アイコン!!

IRATION STEPPASは UK最大のDubの祭典『UNIVERSITY OF DUB』のレジテンツをABA SHANTI-I等と共に務めるヨーロッパでトップのNew Roots Reggae、Dubのサウンドシステムである。Mark IrationとDennis Rooticalの運命的な出会い以来「Scud Missile」「Killamanjaro」のキラー・チューンをはじめ様々なレーベルから数多くのビッグ・チューンをリリース、世界中の サウンドシス テムにおいてヘヴィ-・プレイされている。また「Kitachi」の変名でIRATION=DUBを護るかの様にアブストラクトな作品を『REACT』よりリリースし、UKインディーズ・チャートにおいてスマッシュ・ヒットを出している。彼等の分厚いヒストリーの中でも近年 彼等が主催する『SubDub』と『Exodus』の2つのダンスは、Horace Andy,Johnny Clark,Zion Train,Vibronics,Adrian Sherwood,Dread Zone,Twincle Brothers,Scientist,Mad Professor,Lee Scratch Perry等の数多くの素晴らしいアーティストを迎える New Roots Regga のダンスの頂きとなっており、方や MALA率いるDigital Mystikz(DMZのホーム・ダンス)を始め、Rusko、Caspa、Skream等々からUK最強のサウンドシステムと最大のリスペクトを受けている。

Roots&Cultue,Dubのサウンドシステムから派生したと言われるDubstepミュージックの世界最高峰 とし て 2013年現在 もっとも盛り上がっているダンスである。また 2ndフロアーには Shy FXやRagga Twinsといった往年のJungle、D’N’Bのアーティストも多数出演する事や、例年ソールドアウトのクロアチアで開催される世界最大・最高峰の ベース・ミュージック&サウンドシステム・カルチャーの祭典『OUTLOOK FESTIVAL』(2011年には UK Festival Awardsを受賞)のメインアクト&サウンドであり、現在 世界中で最も注目を集めているベースミュージック・ダブ・レゲエの中心的存在。世界最強のステッパーズ・ダブ・サウンド、IRATION STEPPAS!!!


Hi5ghost (from UK)

Hi5ghost (from UK)

ブリストル出身の若きGrimeプロデューサーであるHi5Ghostは同じくブリストルの雄、KAHN&NEEK主催のレーベルBandulu Recordsからリリースされたキラーチューン、Kung Fu Kickでいきなりフロアに躍り出たかつ、決定的に位置づけたのは去年OUTLOOK JAPAN LAUNCHに出演したP MONEYの最新 originetors EPでジャパンツアーの思い出をスピットしたチューンが局地的大ヒットをひきおこしたのである。

このニューエラGRIMEキッズはRoyal-T、Spookyそして地元のクルーYoungEchoそしてCommodoにサポートを受け、メディア系ブログやラジオショウにピックアッププレイを重ねることで
ブリストルのベースミュージックのイメージを一新する一方、リミックスワーク参加により特にヘビーで重いGRIMEを展開する。



JONNY DUB (from UK)

JONNY DUB (from UK)

(HOYA:HOYA/FABRICLIVE/LEVELZ)
ChunkyやFox、Krystal Klearを擁するマンチェスターサウンドの震源地パーティー「HOYA:HOYA」主催。かつ、THE WAREHOUSE PROJECTや、ロンドンのFABRICLIVE、話題のLEVELZなど、ビッグパーティーでもレジデンスを持つ実力派である。

ヒップホップ、ハウスからソウルにレゲエ、ベースミュージック…と、真にエクレクティックなプレイで幅広いジャンルを横断し、BBC RADIO1、1Xtra、RINSE FM、NTS Radioなど主要ラジオ局でもスピン。
自身のパーティーで共演したアクトは、Flying Lotus、Four Tet、Shackleton、Dam-Funk、Oneman、Gaslamp Killer、Ben UFO、Loefah、Hudson Mohawk、Lorn、Degoなどなど、現在のエレクトロニックミュージックの最前線の顔ぶれが並び、いかにボーダレスな感性でシーンを牽引しているかが窺い知れる。


CHAZBO (from UK)

Chazbo Chong

Chazbo Chong
(作曲家、ダブミキサー&メロディカープレイヤー)
ChazboはDougie wardropと& Culture freemanと共に1992年からBush Chemistを創設したオリジナルメンバーの1人である。1993年にConscious Sound Labelからレコードのリリースし、そこからConscious Sound Labelのエンジニア、そしてミュージシャンとして、多くのアーティストの曲を手がけ、作曲活動に専念してきました。(Reggae on Top, Pablo Gad, Twinkle Bros, Lutan Fyah, Kenny Knotsなど)90年代に多くのリリースを行った中で、彼の存在を世界に知らしめた作品として”Light Up Your Spliff” LP と “Money Run Tings” – King Generalが代表的な作品としてあげられる。

現在、彼は彼自身が創設した”Roots Temple Label”をItal Horn(Zion train horn section),Musician,Producer Empress Shema,Culture Freemanと共に作曲活動に専念をしている。今年に入り”History, Mystery, Destiny with Ital Horns featuring legendary trombone player Rico” そして、 “Benefit for Japan”を立て続けにリリース。彼の音楽スタイルは英国の純粋なダブスタイルであり、ChazboはUKのレゲエシーンのベテランアーティストである。


PART2STYLE SOUND

PART2STYLE SOUND

世界を暴れ回るベース・ミュージック・クルー = PART2STYLE SOUND。ダンスホール・レゲエのサウンドシステム・スタイルを軸に、ジャングル、グライム、ダブステップ、トラップ等ベース・ミュージック全般を幅広くプレイ。独自のセンスでチョイスし録られたスペシャル・ダブプレートや、エクスクルーシブな楽曲によるプレイも特徴のひとつである。2011年よりは、活動の拠点を海外にひろげ、ヨーロッパにおける数々の最重要ダンスはもちろん、ビッグ・フェスティバルでの活躍がきっかけとなり、ヨーロッパ・シーンで最も注目をあびる存在となっている。海外のレーベル(JAHTARI、MAFFI、DREADSQUAD等)からのリリースやセルフ・レーベ ル〈FUTURE RAGGA〉の楽曲は、ヨーロッパ各地で話題沸騰、数々のビッグ・サウンドやラジオでヘビープレイされ、世界中のダンスホール・セールス・チャートにてトップを飾った。2013年には、日本初のGRIMEプロデューサー・オンライン・サウンドクラッシュ<War Dub Japan Cup 2013>で見事優勝を勝ち取り、国内においてもその存在感を示した。
4/23にリミックス・アルバム[BASS STATION]がCD、配信でリリース!
PART2STYLE RADIO(BLOCK.FM[毎月第1、3月曜日・20:00~21:00])も必聴!


1945 a.k.a KURANAKA

1945 a.k.a KURANAKA

11の顔と1000の腕を駆使し日本中のアンダーグラウンドから革命の狼煙を上げ続ける絶滅危惧種の野生の日本人。開放的な上物と相まって叩き打つリズム、体中を行き来する超重量級ベース、フロアを狂喜乱舞させる獣の様なダブ・エフェクト!!20年に渡って日本のアンダーグラウンドシーンの最前線で活動する。

日本のレイブカルチャーの先駆け Rainbow 2000をはじめ、Fuji Rock Festival、朝霧Jam、Metamorphose、Earth Dance、Outlook Festival Japan、渚音楽祭、Saturn、Bass Campといった屋内外のフェスティバルにヘッドライナーとして出演。レジテンツとしては今年で20周年を迎える Zettai-Mu(大阪Bay Side Jenny、梅田Noon、難波Rockets、新宿/恵比寿Liquidroom、代官山Unit、Yellow、Eleven、代官山AIR、渋谷Asia他)をはじめ、Tight、Drum&Bass Sessions 等の屋内パーティーから、学園祭、美術館等のアートフォーラム、山間や海辺、ビルの隙間やデスクのトップ、耳元でもその音は共鳴し続けている。年間 100 本近いギグを行い、これまでに40回以上のツアー行脚をし続けている。また 日本のレゲエ・オリジネーター MUTE BEATのリーダー こだま和文とのライブセットや、14年には日本最大のアートの祭典 ヨコハマトリエンナーレに Shing02とのセットで参加。

初期のリリースは「MOU」名義で (w/NHK Koyxen) ドイツの名門 『MILLE PLATEAUX (ミルプラトー)』よりABSTRACT HIPHOPの先駆け『ELECTLIC LADY LAND』等にDJ SPOOKYやDJ VADIM、TECHNO ANIMAL(THE BUG)等と並びクレジットされている。またコンピレーション『響現』や CISCO Recordsよりディジュリドゥ奏者 GOMAやDRY&HEAVYのベーシスト秋本”HEAVY”武士をフィーチャリングした楽曲をリリースしている。

1945名義では TIGHTシリーズのMIX CDを煙突レコーディングスよりリリース。ロンドン ICAなどでのコンテンポラリーアートショウやBurning Manでのプロジェクトに楽曲を提供するなど多岐にわたる。REMIXERとしても Audio ActiveのRemixをOn-u soundよりリリース。REBEL FAMILIA、ORIGINAL LOVE等の作品を解体~再構築しドープな世界を届けている。(http://www.zettai-mu.net/artist/1945_disco.html)  そしてJungle~D’N’B 黎明期の片仮名「クラナカ」という名義ももちろん彼であり、世界中で愛用されているKORGの名機「KAOSS PAD」が彼のプレイから開発された事はあまり知られていない。

強力なビートに乗るメッセージは、そのしっかり踏みしめた 両足にのみ伝わる。繊細だが力強く感じ取れる「今まで」「今」そして「これから」へ、貴方が必要とする瞬間、、一人ではたどり着けない場所に向かって、、 現代の太鼓打ちは今日も何処かで大きくバチを振る。

★ ZETTAI-MU OFFICIAL SITE ★ http://www.zettai-mu.net
★ ZETTAI-MU TWITTER ★ http://twitter.com/zettai_mu
★ ZETTAI-MU FACEBOOK ★ http://www.facebook.com/zettaimu.jp


GOTH-TRAD (Deep Medi Music/Back To Chill)

GOTH-TRAD (Deep Medi Music/Back To Chill)

ミキシングを自在に操り、様々なアプローチでダンス・ミュージックを生み出すサウンド・オリジネイター。

2001年、秋本”Heavy”武士とともに REBEL FAMILIA を結成。ソロとしては、2003年に 1st アルバム『GOTH-TRADI』を発表。国内でソロ活動を本格的にスタートし積極的に海外ツアーを始める。

2005年には2nd アルバム『The Inverted Perspective』をリリース。同年 11 月にはMad Rave と称した新たなダンス・ミュージックへのアプローチを打ち出し、3rd アルバム『Mad Raver’s Dance Floor』を発表。ヨーロッパそして国内8都市でリリース・ツアーを行なう。このアルバムに収録された「Back To Chill」が、ロンドンの DUBSTEP シーンで話題となり、2007年にUKのSKUD BEATから『Back To Chill EP』を、DEEP MEDi MUSIK から、12”『Cut End / Flags』をリリース。8カ国に及ぶ ヨーロッパツアーの中では UK 最高峰のパーティーDMZ にライブセットで出演し、地元オーディエン スを沸かした。以降、国内外からリリースを続け、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニア等、世界中でコンスタントにツアーを重ねる中、2012 年にはアルバム『New Epoch』をリリースしFuji Rock Fes 2012 に出演。2011 年~2014 年にかけては、欧米のビッグ・ フェスにも出演してきた。2006 年より開始した自身のパーティーBack To Chill は今年で8 年を迎え、ついにレーベルを始動する!


$OYCEE

$OYCEE

今回のイベントの為に結成された、CE$とtofubeatsによるDJユニット。CE$のセレクトするKILLA GRIME TUNEと、tofubeatsによるRemix/Dubをフロアに投下。
通り名はA$$A$IN & BEAN$。


LEF!!! CREW!!!

LEF!!! CREW!!!
現場でプレイしその全てを司るWSZ80(ワシズエイティー)に、在宅班で筆頭トラックメーカーのDJ MAYAKU(ディージェー・マヤク)、札幌~LAを経てその拠点を神奈川に移してきたDJ YEN(ディージェー・エン)が2015年より電撃加入し、現在はその3人が中心。その作品全てのMIX&マスタリングを務めるTSUTCHIE(SHAKKAZOMBIE)氏の存在も欠かすことは出来ない!と常に公言していて、その構成は不特定多数という愚連”DJ”隊 from 横濱。

『ダンスミュージックを使ってブースからプレイするハードコア・バンド』と称される、B2BともバトルDJでもない他とは一線を画した彼らのライブスタイルは正に!”究極にエクストリームで、圧倒的に楽しいDJプレイ”と賞讃され、ジャンルの壁を次々とぶち壊しながら、そのムーブメントの拡散を急速にみせている。60分あれば時に60曲以上をも使用、ながら紡ぐ音像は的確無比にて実にドラマティック。オルタナティブでゲットーなサウンドを使いながらエモーショナルな展開までと達する、クロスオーバーのその先と言える世界観は確実にオリジナルでいて、紛れもなくこれぞニュー・スタンダード!

バンド宜しくと全国を飛び回ることは常!昨年のリリース・ツアーにおいては全国30箇所の公演を敢行し、年間通して150本以上の現場に立つ。クラブは勿論、ライブハウスやバーでも野外でもどんなダンスフロアでも完全アジテート!果てはダイブやモッシュピットさえ巻き起こすその豪腕プレイで、全国各地主要フェスティバルにひっぱりだこの、完全現場主義なローカル・ヒーロー。Remixやダブプレートは勿論、ライブで人気を誇るオリジナルアンセムを数多く制作、ブートながら常に話題を振りまいてきた人気のMIXTAPEシリーズは14作にも達し(12作目が初のオフィシャルMIXCD『THIS IS HARDCORE』2014年3月5日発売)、今年はいよいよオリジナル・アルバムのリリースを控えている。圧倒的なネクストをもってあなたを魅了し虜にする LEF!!! CREW!!! from YOKOHAMA!!! 完全に世にはばかる。

OFFICIAL WEBSITE:
http://reclash.com (Reclash Entertainment)
FACEBOOK:
https://www.facebook.com/lefcrewyokohama
TWITTER:
https://twitter.com/LEF_WSZ80 (WSZ80 from LEF!!! CREW!!!)
SOUNDCLOUD:
https://soundcloud.com/reclash_lef_crew_yokohama
MIXCLOUD:
https://www.mixcloud.com/RECLASH_ENTERTAINMENT/


BINGO (HABANERO POSSE)

BINGO (HABANERO POSSE)

HABANERO POSSEの向かってLEFT SIDE。DJプレイのテーマは、”IRONY & SEXY”。あえてジャンルを言うならば、”SEXY BASS & DIRTY GHETTO MUSIC”。ヘビーベースなブランニュートラック中心の選曲、様々なクラブミュージックのアーカイブなど唯一無二のプレイスタイルが GWIG。特にMoombahtonに於いては国内の第一人者とされる 。block.fmのレギュラー番組『WICKEDPEDIA RADIO』のパーソナリティー兼DJを担当。また、DEXPISTOLSの別名神出鬼没ユニット『DEXPISTOLS SOUND SYSTEM』のMCとしても活躍中。

http://fysakabingo.blogspot.jp/
https://soundcloud.com/fysakabingo
https://www.facebook.com/FYSakaBINGO


XXX$$$(XLII&DJ SARASA)

XXX$$$(XLII&DJ SARASA)

ベース・ミュージックのキーレーベルCivil Musicで活躍、作品を解体/再構築する強烈なライブも魅力のXLII (シリー)。ハードコアかつ知識に裏打ちされたプレイで世界中をツアー、あのQuestloveからも大絶賛されたDJ SARASA。ウクライナ生まれUK育ちと、日本生まれNY育ち、国境を軽々と超えるこの2人が新ユニットXXX$$$を結成! ベース・ミュージックの爆発力を最大化する!

XXX$$$ (エクセス)というグループ名は、英語の「EXCESS」をもじった見た目の通り「やりすぎ」を意味し、とどまる事の知らないハチャメチャな2人を表現している。リアルタイムパッドコントロールに2人が繰り広げる雷の様に素早いミックス。パンクバンドの様に激しく踊りながら演奏するXLIIとDJ SARASAによる大胆なパフォーマンスは大きな話題となり、マイアミ発の大型エレクトロニック音楽フェス『Ultra Music Festival』の韓国版 『Ultra Korea』にも出演し、ソウルのオリンピックスタジアムにてプレイ。更に『Ultra Japan』のプレパーティー 『Road to Ultra Japan』にも出演するなど、活動を広げている。

東京の様にエネルギッシュで眩しく、インドの様に色鮮やかでエキゾチック、ボルチモアの様にダーティーでダンサブルなパフォーマンスはもちろん、結成後すぐにI AM LEGION (NOISIΛ+ Foreign Beggars)のファーストシングル「Make Those Move」のオフィシャルリミックスを手掛けるなど、作品面でもXXX$$$と言う名を世界へ向けて発信している。

ファーストEP『Starburst』はそんな経歴を持つ2人と親交が深いアーティストに参加してもらい完成した、濃い作品に仕上がっている。フューチャリングにはユニークなダンスホールスタイルを持つMC ZULU、VIMA 2014 South East Asian Music Awardsにてベストフィーメールラッパーを受賞したMasia Oneが参加。そして、リミックスを手がけるのはREGGAE界から世界で活躍するトップ・サウンドで実績、実力共に世界No.1クラスなMIGHTY CROWN、トロピカルベースを基盤に高い人気をほこるプロデューサーBERT ON BEATSが参加、と幅広い交友関係が垣間見える作品に仕上がっている。

XLIIは世界中に影響力を持つラジオ BBC- Radio 1Xtraや、アンダーグラウンドの先端を聴かせる人気拡大中のRinse FMにも出演。dj KENTAROの “Step in ft. Foreign Beggars” のオフィシャルリミックスも手がけ、そのサウンドをアメリカのトップレーベル Mad Decentが絶賛するなど、着実にベースミュージック界で評価を高めている。そしてDJ SARASAはヒップホップのルーツを継承するUniversal Zulu Nationのメンバーにして、DJプレイの傍らNY発の音楽メディアWaxpoetics Japanにてブログ連載、アパレルブランドMYNORITY CLASSICSのプロデュースなど多才ぶりを発揮。Funk、Disco、Soul、BreakbeatsやHouseもクロスオーバーさせる独自の選曲とDJスキルで柔軟なプレイで好評を得ている。XXX$$$はそんな2人が提案するユニットだ 。


DJ BAKU

DJ BAKU

1978年東京生まれ。DJ/トラックメイカー/プロデューサー/ターンテーブリスト。
16歳のころにDJのキャリアをスタートさせる。1990年代後半に般若とRumiとともにヒップホップ・グループ、般若で活動。グループ解散後、1999年にみずから設立したレーベル〈DIS-DEFENSE DISC〉よりミックステープ『KAIKOO WITH SCRATCH 1999』をリリース。その後同レーベルからミックステープを数枚発表、自主レーベルながら総計_30000本以上のセールスとなる。
2003年、MSCのデビュー・アルバム『Matador』に収められた「Matador Office」の制作を機にトラックメイカーとしての活動を開始。2005年、DJ BAKUと東京のインディペンデント・ミュージック・シーンをドキュメントした映画『KAIKOO/邂逅』のDVDが完成。2006年にはアルバム『SPINHEDDZ』(2008年にはSlipknotのDJ StarscreamやMarsVoltaのOmar率いるN2O RecordsよりUS盤もリリース)を、2008年にはダンス・ミュージックに本格的に挑戦したセカンド・アルバム 『DHARMA DANCE』を〈POPGROUP〉より発表、_収録曲「AKBAH ATTACK」はBMX RIDER内野洋平によるPUMA CMやカンヌ国際映画祭出展作品にも使用されるなど話題となる。翌年、日本を代表する12人のラッパーをフィーチャーした『THE 12JAPS』をリリース。同年、DJ BAKUが発起人となり〈POPGROUP〉が主催する都市型音楽フェス〈KAIKOO POPWAVE FESTIVAL’10〉を東京晴海客船ターミナル特設ステージで開催。2日間で1万人以上が集まり、2005年からはじまった同イベントで過去最大規模となる。近年は、いとうせいこうや七尾旅人とのコラボレーション、渋谷慶一朗ややくしまるえつこ(相対性理論)の楽曲のリミックス、KYONO(ex.THE MAD CAPSULE MARKETS)とのユニットの結成、アニソン DJ、ブローステップやダブステップを取り入れたDJプレイなど、ジャンルを越境した活動をますます積極的に行っている。また、韓国、台湾、フランス、ロシア、オーストラリア、ニュージーランドなどにも招聘され、海外のDJやラッパー、バンドらとも交流し国際的な活動も展開している。
2012年 音源を担当したTURNTABLE RIDERがLONDON INTERNATIONAL AWARD「フィルム部門」で海外賞を受賞。
2013年 6月、5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『JapOneEra』を発表。
2014年 未発表曲リリースのため自身のBandcampをスタート。
そして2015年 新境地へ向かうため自ら新LABEL、その名も〈KAIKOO〉をスタート。
NEW ALBUM「NEO TOKYO RAVE STYLE」を現在製作中!

DJ BAKU OFFICIAL FACEBOOK
http://www.facebook.com/djbaku.tokyo

DJ BAKU OFFICIAL BANDCAMP
http://djbaku.bandcamp.com/releases


GRIME.JP

GRIME.JP

GRIME.JP (CHELSEA JP + NEGATIN)
本場UKのGrimeForumチームに所属し世界中のあらゆるグライムをDigり倒す元サウンドマンの”グライム日本大使”「CHELSEA JP (大阪)」と、B-lines Delight所属”北関東のグライム狂”にしてワーダブ2013生存者、ワーダブ2014ファイナリストの実績を誇る「NEGATIN (栃木)」の2人による特殊低音強襲ユニット。

ともに90年代から活動してきたそのキャリアと、常にWARと隣り合わせのグライムという環境を武器に、そして殺害してきたサウンドマン達の亡霊を引き連れて、今日もまた戦地へと赴く…(つづく)



Posted in ALL ENTRY, DJ BAKU, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND, 環ROY |