CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


展覧会『パープルタウンでパープリスム』 2018年11月17日(土)~12月1日(土)at 相模原 パープルーム予備校 etc

展覧会『パープルタウンでパープリスム』 2018年11月17日(土)~12月1日(土)at 相模原 パープルーム予備校 etc

パープルームが拠点である神奈川県相模原にあるスペース六カ所を使った総勢21名による展覧会を開催。

パープルーム予備校は神奈川県相模原市にあります。その近くにパープルーム予備校生たちが住む関連施設が点在しています。

今日、ひとつの場所が「生活」、「教育」、「制作」、「展覧する」という要素を兼ねるというのはごくありきたりなことかもしれません。しかし私たちパープルームが5年近くにわたりその形態を維持してきたのは、その中で生まれる作品や出来事はたんにプロダクトとしての製品でも、素敵な物語でもないことを自覚していたからに他なりません。

絵画や美術という制度を自明のものとして素朴に活動することも、「状況、行為」を作品だとする昨今の現代アートの潮流にヴァルールを合わせることも良しとしなかったわたしたちにとって「パープルーム」とは一種の擬似制度であり、スケープゴートと言えるでしょう。

パープルームの関連施設6カ所で開催される「パープルタウンでパープリスム」はゲスト作家を加え、わたしたちが住む相模原(パープルタウン)で生活環境や家庭環境、絵画環境を越境しながら紹介する展覧会です。
本展では展覧会という形式はどこからどこまでのことを言うのか、また作品の境界線や輪郭はいかに危ういものなのかといった事柄にも言及します。「美術」がその外部との接続が試みられ、何かのツールとして使われることは多々ありますが、その「美術」とは一体何を指すのでしょうか。

それは「美の術」のような言葉遊びでも、西洋から移入された制度としての「美術/アート」でもないはずです。美術史、展示、教育、キュレーションそれぞれの欠陥や不備をあぶり出しながらそれらをつなげたり、変形させたり、切断したりすることはパープルームの役割のひとつです。

また、本展に合わせ「パープルームギャラリー」を始動することになりました。正確に言うとホワイトキューブのギャラリーとして再スタートということになります。「パープルームギャラリー」はもともと段ボール製の移動式ギャラリーとして存在していましたが、2016年の野外での展覧会中に撤去され消滅してしまいました。パープルームがギャラリーをあらためて運営することでアトリエ、学校、生活、展覧会といった個人と公共の境界は移ろいやすく暫定的なものであるということがより一層示されていくことでしょう。

是非、この機会にパープルームを体感し、関与してみませんか。


展覧会
『パープルタウンでパープリスム』

【日程】
2018年11月17日(土)~12月1日(土)
12:00~20:00
※会期中無休

【参加アーティスト】
-ゲスト作家-
星川あさこ
熊谷卓哉
高橋茉林
KOURYOU
小林椋
リスカちゃん
平山昌尚
ゆーさく+田螺_tanisi
砂漠アルキ
新関創之介
qp
ユササビ
山本直輝
鋤柄ふくみ

-パープルームギャラリー-
髙橋耕平

-パープルーム予備校-
梅津庸一

-パープルーム予備校生-
安藤裕美
アラン
吉田十七歳
シエニーチュアン
わきもとさき

【料金】
観覧料|無料

【会場】
パープルーム予備校
パープルーム見晴らし小屋
パープルームビオトープ
パープルーム君の肩に乗る船
パープルーム1 3/4
パープルームギャラリー

会場までの行き方
ルート1、ルート2どちらからでも鑑賞可能です。
駅に到着した時間によってお選びください。

ルート1
JR相模原の改札を出てすぐの所にあるドトールコーヒーショップにいる予備校生が会場までツアーでご案内します。ツアーは一時間に一本。毎時00分より。
※また予備校生は2名常駐しているのでそれ以外の時間もご案内いたします。

ルート2
公開されてる地図を頼りにパープルームギャラリーに向かう。
※JR相模原駅のバスターミナル五番乗り場から「日金沢上」で降りてすぐ。駅から徒歩だと20分くらいです。

【ウェブサイト】
Webサイト|http://www.parplume.jp
Twitter|https://twitter.com/parplume

【お問い合わせ】
parplume@gmail.com


パープルームギャラリー

パープルームギャラリー 地図


展示イメージ

パープルタウンでパープリスム イメージビジュアル

パープルタウンでパープリスム イメージビジュアル

今回始動するパープルームギャラリーのスペース 

今回始動するパープルームギャラリーのスペース 

梅津庸一 《Student》 2018 板に油彩 110x185cm  Photo by Fuyumi Murata

梅津庸一 《Student》 2018 板に油彩 110x185cm Photo by Fuyumi Murata

アラン 《コムニカチオ》 2018 ミクストメディア

アラン 《コムニカチオ》 2018 ミクストメディア

安藤裕美 《ティータイムの準備》 2018  アニメーション

安藤裕美 《ティータイムの準備》 2018 アニメーション

『パープルーム大学 尖端から末端のファンタジア』 (鳥取) 2017  展示風景

『パープルーム大学 尖端から末端のファンタジア』 (鳥取) 2017 展示風景

『パープルタウンにおいでよ』(相模原)  2016  展示風景

『パープルタウンにおいでよ』(相模原) 2016 展示風景

『パープルタウンにおいでよ』(相模原)  2016  展示風景

『パープルタウンにおいでよ』(相模原) 2016 展示風景

パープルーム関連施設 パープルーム 1 3/4

パープルーム関連施設 パープルーム 1 3/4


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |