CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


PEPPER – LIVE REPORT at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27

PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27

LAのDOWN TOWNからFREE WAYの5号線を南東に車を走らせると、多少渋滞にはまっても1時間とかからないカリフォルニア州オレンジカウンティのアナハイム。ここはディズニーリゾートがある街として知られていて、世界中からたくさんの人が集まる観光地。そんな子供から大人が楽しめるリゾート地内にあるHOUSE OF BLUES。ちょうど距離的にも、もしかしたら都内から千葉のディズニーランドまでと同じような感覚であろうか。

このHOUSE OF BLUESはライブハウスというよりは日本でいうクアトロやO EAST位のサイズのホール箱。音楽に携わってる人であれば誰もが知ってるであろう老舗の箱なのである。

しかし、場所が場所。
ホール級のサイズとはいえここに集まって来ている人々は皆カップルや家族や子供たちばかり。果たしてライヴを見に来る人なんているのか?
なんて思いながらじっとエントランス付近で待っていると…

PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27  PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27
PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27

気がついたらどこから人が集まり始め、OPENと共に中へ入るも人がどんどん溢れ出し、まだまだOPNINGのバンドがやっているというのにも関わらず既にフロアーはギュウギュウな状態。
モニターでしかライブが見れない2階にあるBARエリアもお酒を飲む人で溢れ返り、少し年を取った大人は2階席でまったり。騒ぎたいキッズはメインへ。そんな図式が妙にアメリカっぽくて微笑ましかった。

今回写真を撮る為、客席とステージの間へ移動しないと行けなかったのにも関わらず、あまりの人の多さに前に進めず。こんなにいるか。大きな体のアメリカ人相手にこちらも前に進むのに必死。なんとか辿り着いた頃にちょうど本番スタート。

本番が始まったのが22時半。日本で言う週末のヘッドライナーの時間が終わる頃にスタートするというのも車文化のアメリカならでは。
アンコール2回を含む約1時間半のセットの中には、名曲”Stone Love”や”No Control”や”Pointo and Shoot”などを披露し、最前列にはたくさんの若い女の子、フロアーの真ん中は元気の良い若い男の子、その周りをちょうどpepperと同じ様な年齢の少し落ち着いた若者達が囲み、2階席はお酒好きな大人達で賑わっていた。

PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27  PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27
PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27  PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27

彼らの出身地であるハワイの土地柄、物凄く温和でハッピーな人柄が滲み出る様なステージを駆け回る元気なパフォーマンスと同時に、物凄く神秘的で神がかった瞬間が随時見られその度に鳥肌が立った。どう表現していいか分からないのだけれども、あの普段は人懐こくって、気の利くとても優しい男であるギターボーカルの”Kaleo”に何かが宿った様に神々しく見えて拝みたくなってしまう瞬間。そんな彼を何度かステージ上で見る度に、このバンドがただの陽気なレゲーサウンドを持ったバンドではなく、その枠をも飛び越えたひとつのワールドワイドなバンドとしての可能性と、現にその一つとしてここカリフォルニアで既に立ち位置があるのだという事を実感した内容の詰まったステージだった。

前回2009年に来日してから、3年以上の月日が経った。
あの時に見たレゲーロックというカテゴライズされた中見た彼らのshowとはまた一味違ったスパイスが足されたshowを、いち早く日本え再び見れる事を強く希望する。レゲーロックはその常識とカテゴリーを越えてここまで進化する事が出来るのだ。

PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27  PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27  PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27
PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27  PEPPER LIVE at HOUSE OF BLUES Anaheim CA 2012.10.27

– 関連LINK –

PEPPER website


photo and text by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, REPORT |