CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険』2018年11月3日(土)~2018年12月16日(日)at 新潟市美術館 企画展示室

フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険

20世紀最大の芸術家ピカソ vs 過去の巨匠たち。
フランス国立図書館の一大コレクション「ピカソ 版画をめぐる冒険」展がこの秋、新潟市美術館に上陸。

史上まれに見る多作家であったピカソ(1881-1973)は、版画においても2000点近くの作品を残しました。 本展はフランス国立図書館の版画コレクションより、ピカソ10代の頃から最晩年に至る作品約90点を厳選して展示、目まぐるしくスタイルを変えていったその生涯をたどります。 あわせてゴヤやレンブラントといった、ピカソが挑んだ過去の巨匠たちの作品も同時に紹介することで、伝統の破壊者ピカソが何を学び、どのようにそれを解体・再解釈したのかに迫ります。 版画ばかりでなく、新潟市美術館所蔵の油彩画《ギターとオレンジの果物鉢》も特別展示。


『フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険』

【日程】
2018年11月3日(土)~2018年12月16日(日)
開館時間:午前9時30分~午後6時(観覧券の販売は午後5時30分まで)
休館日:月曜日

【会場】
新潟市美術館 企画展示室

【料金】
-観覧料-
前売 一般  800円
当日 一般 1,000円(800円)
大学・高校生 800円(600円
中学生以下無料

*障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料
*( )内は、 団体(20名以上)・リピーター割引料金
(本展観覧券の半券提示で2回目は団体料金に割引)
      
-前売券販売所-〔販売期間:8/10~11/2〕
新潟市美術館、新潟市新津美術館、新潟県立万代島美術館、セブン-イレブン(セブンチケット)、新潟伊勢丹、DeKKY401、インフォメーションセンターえん、hickory03travelers、シネ・ウインド

【主催】
ピカソ展新潟実行委員会(新潟市美術館・TeNYテレビ新潟)

【後援】
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、新潟・フランス協会

【協力】
エールフランス航空

【企画協力】
(株)ブレーントラスト


展示構成

本展は全二章で構成されます。

第一章/ピカソが積極的に取り組んだ「主題」に注目します。 恋多きピカソが描いた数々のモデルと、彼が愛しモチーフとした動物の数々を展示。 さらに、ギリシャ・ローマ神話を着想源として制作した「バッカス祭」「牧神」などもご紹介します。 その中でも注目すべきは「ミノタウロスの物語」です。 ピカソ自身の内面を投影し長年追いかけた主題であり、彼がこよなく愛した故郷スペインの闘牛への情熱が込められています。

第二章/アカデミックな教育を受け、修業時代には美術館へ足繁く通い若い頃から美術作品に精通していたピカソ。 自らを伝統の中に位置づけるべく、過去の巨匠たちの作品を解体し自らの作品へと再構築してきました。 ピカソが学び、挑戦した巨匠たちの作品や版画作品とともに展示します。

第一章 版画家ピカソの主題

Section1-1 肖像画
Section1-2 静物画と動物の表象
Section1-3 芸術家とモデル
Section1-4 裸体画
Section1-5 神話と古代

第二章 過去の巨匠たちへの賛辞

Section2-1 ピカソとフランスの伝統
Section2-2 ピカソとスペイン画派
Section2-3 ピカソ、レンブラントに立ち向かう
Section2-4 ピカソ、クラーナハの作品を再解釈する


関連企画

1 講演会「版画史から見る技法と表現―デューラーからピカソまで」
講師:佐藤 直樹 氏(東京藝術大学美術学部准教授、元国立西洋美術館版画素描室長)
日時:11月25日(日) 午後2時から(90分程度)

2 美術講座「ピカソの恋人―描かれたミューズたち」
講師:荒井 直美(新潟市美術館学芸員)
日時:11月17日(土) 午後2時から(90分程度)

3 美術講座「ピカソとロシア」
講師:前山 裕司 (新潟市美術館館長)
日時:12月15日(土) 午後2時から(90分程度)

※1~3は全て 会場:新潟市美術館 講堂、申込不要、参加無料、先着100名

4 子ども講座「挑戦!ピカソっぽく描いてみよう」
日時:12月1日(日) 午後1時半~4時半
会場:新潟市美術館 実習室、企画展示室
対象:小学3年生~中学生と、その保護者(定員20名)※未就学児の同行はご遠慮下さい。
参加無料、要当日「ピカソ」展観覧券、事前申込制(締切11/12必着)
※詳細は美術館webページへ。

5 ギャラリートーク(展覧会担当学芸員による解説)
日時:11月4日、12月2日(日)午後2時~(約30分)※要当日観覧券、申込不要
会場:企画展示室


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |