CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


伝説のテクノポップバンド「プラスチックス」初のアーカイヴ・ブック『PLASTICS 情報過多 -TOO MUCH INFO-』 発売。

『PLASTICS 情報過多 -TOO MUCH INFO-』 伝説のテクノポップバンド「プラスチックス」初のアーカイヴ・ブック

伝説のテクノポップバンド「プラスチックス」初のアーカイヴ・ブック『PLASTICS 情報過多 -TOO MUCH INFO-』4月29日発売! バンド絶頂期の演奏とパフォーマンスを初収録したオフィシャル・ブートレッグDVD(約60分)付き!

結成40周年を迎え5月には再結成ライブも決定した伝説のテクノポップ・バンド 「プラスチックス」初のアーカイヴブック。
1976年に結成、1979年にデビューした後、武道館公演、3回のワールドツアーを成功させたプラスチックス。 同時期に世界を廻ったYMOとは違い、こちらは全て手作り/自然な世界への旅立ちだった。
立花ハジメ、中西俊夫、佐久間正英、島武実、佐藤チカという個性豊かなメンバーは、その後の活動の多彩さを含め、今こそ注目を集める存在となりつつある。

本書籍は、結成当時から世界ツアー中に至る貴重な写真・ツアー資料・証言を軸に、メンバー同士の出会いからバンド結成。 そしてプラスチックスとしての活動からバンド解散の真相まで、更に今改めて各メンバーが語るメンバーやバンドへの思いなども収録した、プラスチックス初のアーカイヴ・ブックとなっています。

『PLASTICS 情報過多 -TOO MUCH INFO-』

1. バンド活動当時の貴重な写真/資料
2. 各メンバー(佐藤、中西、立花、島)による証言(インタビュー)
3. プラスチックス・ヒストリー
4. プラスチックス・オマージュ(関係者らによる40周年記念コメント)

<MESSAGES for PLASTICS’40th anniversary>
北村信彦(HYSTERIC GLAMOUR)、桑原茂→(初代選曲家)、フレッド・シュナイダー(B-52‘s)、小暮徹(写真家)、高木完(DJ /プロデューサー)、高橋幸宏(音楽家)、宅八郎(オタク評論家)、田中知之(FPM)(DJ/プロデューサー)、ケイト・ピアソン(The B-52‘s)、藤原ヒロシ、布袋寅泰(ギタリスト)、屋敷豪太(音楽家)ほか

※1981年全米ツアー中、 6月28日のサンタクルーズ、 ザ・カタリスト公演の記録映像を今回発掘。
プラスチックス絶頂期の演奏とパフォーマンスを収録した、 オフィシャル・ブートレッグDVD付き!(約60分)

発売日:2016年4月29日(金)より順次発売
編集:熊谷朋哉(SLOGAN)
発行・発行元:株式会社 徳間書店
定価:本体3,800円+税 ※オフィシャル・ブートレッグDVD付き (約60分)
判型:B5判/本文160P (4C:128+1C:32)
ISBN:978-4-19-864150-4
http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198641504

『PLASTICS 情報過多 -TOO MUCH INFO-』 伝説のテクノポップバンド「プラスチックス」初のアーカイヴ・ブックが発売。『PLASTICS 情報過多 -TOO MUCH INFO-』 伝説のテクノポップバンド「プラスチックス」初のアーカイヴ・ブックが発売。『PLASTICS 情報過多 -TOO MUCH INFO-』 伝説のテクノポップバンド「プラスチックス」初のアーカイヴ・ブックが発売。


PLASTICS(プラスチックス)

PLASTICS (プラスチックス)

中西俊夫(vo/g)、佐藤チカ(vo/dance)、立花ハジメ(g)、佐久間正英(key)、島武実(rhythm box)

1976年、イラストレーターの中西、スタイリストの佐藤、グラフィック・デザイナーの立花が中心となって結成。
1979年、イギリス・ラフトレードから「COPY/ROBOT(RT-030)」で日本に先駆け英国デビュー、翌1980年1月にシングル「TOP SECRET MAN」とアルバム『WELCOME PLASTICS』で日本デビューを果たす。 そのサウンドは、同時期デビューしたYMO、P-Model、ヒカシューらと共に、次世代のジャンル“テクノポップ”として注目される。 中でも個性的で ファッショナブルなメンバーを揃えるPLASTICSは「テクノポップの代表バンド」として業界内外で注目を集める。 1stアルバム発売後、B-52’s との共演をきっかけとしたUSツアーから海外での活動が活発化。 US/UK大手アイランドレコードとの契約による3rdアルバム 『WELCOME BACK』の全世界発売を前後して、米欧でのリリースツアー、ラモーンズやトーキング・ヘッズなど一線級アーティストとの共演など国境を 超えた精力的な活動を展開した。 しかし、まさに「これから」と思われていた1981年12月、突如解散。 デビューから実質2年間のバンド活動に終わりを遂げた。 ファッション、デザインを音楽と同様に重視したイメージコンセプトや日・米・欧と国境を跨いだグローバルな活動範囲、デビューからわずか2年人気絶頂のうちに解散したそのライトな感覚など、その活動スタイルは今なお多くのフォロワーを生んでいる。


『PLASTICS 情報過多-TOO MUCH INFO-』刊行記念 プラスチックス トーク&サイン会】

■日時:2016年5月5日(木・祝) 開場14:30 イベント開始15:00
■場所:HMV&BOOKS TOKYO 6F イベントスペース
■登壇者:中西俊夫、立花ハジメ、島武実(ナカニシ・トシオ、タチバナ・ハジメ、シマ・タケミ)
参加方法など詳細は下記をご覧下さい。
http://www.hmv.co.jp/st/event/24414/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |