CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
THA BLUE HERB – New EP『2020』Release
H ZETTRIO『GARDEN 3 連続無観客配信 LIVE 〜ポストコロナ2020〜』supported by C.BECHSTEIN/6/1(mon)、6/15(mon)、6/29(mon) YouTubeにて生配信。
KGE THE SHADOWMEN『TRANCE 注意報 feat. 鎮座DOPENESS [Pro. by grooveman Spot]』先行配信 & リリック・ビデオ公開
ドキュメンタリー映画「マイルス・デイヴィス クールの誕生」2020年9月4日(金)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次公開
FRONTIER BACKYARD – ゲストボーカルを迎えオンライン上のみで制作した音源『h/e/a/r/t/b/r/e/a/k』を全曲同時配信

PUFF! – New Album『Living In The Partyzone』Release

[2016/09/23]

PUFF! - New Album『Living In The Partyzone』Release

Slovenly / Mondo Mongoより、ベルリンの覆面バンドPUFF!のニューアルバム“Living In The Partyzone” がLP,CD,DLでリリース。日本盤CDにはボーナストラック3曲付き。

重い鈍痛と腐敗を超えて、スラム街の怪しげな住人がエレクトロカオス10曲を運んでくる。
この作品は完全にジャケットの卑劣な絵に裏打ちされいる。
PUFF!覆面の彼らが洗礼を受けたドイツのエレクトロパンクのご先祖様THE MONKSとDEVOの深くうなづくリヅムが君の脳みそに侵入すれば、彼らの血走った目ん玉、半分壊れたオルガン、修理してなんとか使えるシンセ、横領したギターを生き生きと弾きながら、それをラケットのように振りかざしパーティ(ピーポー)を撲殺する事を目論んでいる事が伝わってくるだろう。
不条理な歌詞はデニーロのトラヴィス・ビッキーがコメディアンになって演じたタクシードライバーの雑誌から盗み、ジョンカーペンターのかゆ~いメロディーをサンプリングした音と、老朽化し壊れた食器洗浄機がJoe Meek Recordsの忘れ去られたコレクションを奏でて、この二つの音を溶かし「ガレージミュージック」の型に流し込まれて彼らの音は構築されている。
振動するリズムパーツとうねるサーフギターの “Psychological Survival”唯一この曲だけは英語で歌われ、その他は全て彼らの母国語であるドイツ語で歌われている。

ベルリンの薄暗いゲーセンからピコピこと聞こえてくるのは、壊れかけて無表情なアニマトロニクスがぼそぼそとつぶやく理不尽な歌。


PUFF!
『Living In The Partyzone』
2016.09.23 Release(LP,CD,DL)
2016.10.19 Release(日本盤CD)

01.Die Zukunft ist gekommen
02.Psychological survival
03.Too tired to run
04.Zu einem schönen Grundstück gehört ein schöner Zaun
05.Der Tod ist ein Müllmann
06.A thousand hungry clocks
07.Off duty cops
08.Sparfuchs
09.Shame
10.Wenn Ich dein Hund wär
—–ボーナストラック—-
11.A Thousand Hungry Cocks (this time is it COCKS and not CLOCKS like track #6 and it means “a lot of PENIS”)
12.How To Drown a Rat
13.Puff Theme

SLOVENLY RECORDINGS & MONDO MONGO PRESENT
ボーナストラック3曲、歌詞対訳付日本版CDデジパック仕様


PUFF “Psychological Survival” – official music video


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |