CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


PUNKAFOOLIC! THE GAME CRASH~LIVE REPORT~

PUNKAFOOLIC! THE GAME CRASH~LIVE REPORT~

PUNKAFOOLIC! THE GAME CRASH
2011/06/20(Mon)
at 渋谷the GAME

【BAND】
GUTTERMOUTH (from US)
USELESS ID (from ISRAEL)
COUNTRY YARD (from JAPAN)
QUICKDEAD(from JAPAN)

【DJ】
Ohno (FLJ) 
Wakaaan! (PRCJ) 
KZ(HAKAIHAYABUSA)


神戸で行われたunionway festのextra showとして行われたこのPUNKAFOOLIC! THE GAME CRASH。海外からGUTTERMOUTH、USELESS IDをゲストに迎えての4バンドによるイベント。

既にたくさんのお客さんが会場を埋め尽くす中、最初に登場したのが日本代表”COUNTRY YARD“。


90年代前半のメロディックパンクの懐かしい感じのコーラスメロディーと8ビートが気持ち良い。と思いきやメロディック特有の2ビートで攻め立てるも、メロディーの心地良さは残ったままでとても聞きやすく思わず聞き込んでしまった。それでいて全体的な印象はとても硬派で力強いステージだった。

そして次に登場したのがまたまた日本代表”QUICK DEAD”


このバンドの音を聞けば一発であの頃のメロディックパンクを思い出す。いわゆるメロコア。本人達もスケートシーンとも関わりがあるだけに、早いテンポでグイグイとオーディエンスを引きつけていき、MCで突き放す(笑)。今の時代この手の音を忠実に継承してるバンドはなかなか少なく、このスタイルを貫いて欲しい。MOSH PIT IS NOT DEAD。

転換中はOhno (FLJ)、Wakaaan! (PRCJ)、KZ(HAKAIHAYABUSA)の3人のDJによるpunk rock DJ time。


懐かしいバンドなどを中心にplayされるが意外にもオーディエンスが知らない曲ばかりという印象で、少し寂しい気もしたが、DJ陣がかけてた曲はパンク、メロディック好きなら必ずしも通ったbandばかり。年の差なのであろうか。。。口ずさんでる人達や反応してる人達は同じような年代の人ばかり。久々に血が騒ぎましたが。。。

そして3番手に登場したのが夏にニューアルバムがリリースされるイスラエル代表”USELESS ID”。


何度も日本に来日経験があるこのバンド。やはりステージでの存在感が圧倒的。そして音が分厚い。途中少しオーディエンスとのステージダイブのトラブルがあったものの、メッセージ性の強い彼らの哀愁を帯びたpunk rockはやはり見る者の心を打つ。イスラエルという環境の違う土地でもしっかりと発信する力は圧巻である。

そして本日の大トリ。アメリカはカリフォルニアから”Guttermouth”。


90年代punk rockやメロディックを聞いてきた人達であれば必ず耳にした事はあるであろうPUNKバンドである。もちろんオーディエンスのボルテージは待ってましたとばかりにMAXに達し、メンバー全員上半身裸のスタイルで攻める攻める。決して飾らない、恰好付けない自然体のスタイルはなかなか最近のバンドには出せないPUNK汁である。いい意味で古く、もしかしたら若い子にしてみたらこれがある意味新しいのかもしれない。

当時はメロコアというイメージが強かったがステージ上の彼らは完全にpunk rock。こういう変わらないスタイルのバンドがもっともっとたくさん来日して、たくさんPUNK汁を出しまくって欲しいものである。

本場アメリカのpunkに影響を受けた日本のバンドとイスラエルのバンド、そしてアメリカのbandの3国によるpunkバトル。punk kidsの世代が変わっても結局は伝える事伝えられる事は変わらず、それをしっかりと日本のkidsに見せてくれた来日2バンドに感謝したい。そしてこのような機会を作ってくれた”あの頃”のpunk rockを継承して発信してくれてるunion wayとPUNKAFOOLIC!にも感謝したい。

text by kenichi kono
photo by kool

Posted in ALL ENTRY, COUNTRY YARD, EVENT, REPORT, THE GAME, ハカイハヤブサ |