CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Rainbow CHILD 2020 – 2015.08.08(Sat) at 岐阜県八百津町蘇水公園&美濃加茂市日本昭和村 ~出演アーティスト第1弾~

Rainbow CHILD 2020 – 2015.08.08(Sat) at 岐阜県八百津町蘇水公園&美濃加茂市日本昭和村 ~出演アーティスト第1弾~

Rainbow CHILD 2020
~出演アーティスト第1弾~

Keyco × Mountain Mocha Kilimanjaro
DELI
JHETT a.k.a YAKKO
ending note
morning set
かむあそうトライブス
K sunshine funk BAND

and more…


Rainbow CHILD 2020
2015年8月8日(土)

【会場】
岐阜県八百津町蘇水公園&美濃加茂市日本昭和村

八百津町 蘇水公園 10:00~21:00
岐阜県加茂郡八百津町伊岐津志

美濃加茂市 日本昭和村 10:00~18:00
岐阜県美濃加茂市山之上町2292−1

※両会場と美濃太田駅を結ぶ無料専用シャトルバスを運行予定!
※駐車場は日本昭和村駐車場をご利用ください 蘇水公園会場に駐車場はありません。

【チケット】
■ 公式HP限定早割チケット ¥2000 【両会場共通】
http://www.rainbowchild2020.com/ticket

■ 通常前売チケット ¥2800 【両会場共通】
ローソンチケット
http://l-tike.com/d1/AA02G07F1.do?DBNID=1&ALCD=1&LCD=48080

チケットぴあ
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1514425

eプラス
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002153074P0030001

■ 当日券
【蘇水公園会場】¥3,500(小学生以下無料)
【日本昭和村会場】¥830(小人 ¥400)

※すべての前売りチケットには日本昭和村入場料が含まれています。
(RAINBOW CHILD2020当日、日本昭和村会場に入場されなかった場合も、8月31日まで1回のみ入場券としてご利用いただけます。)


蘇水公園ワークショップ

◆蘇水公園会場&日本昭和村会場にて、40組以上のアーティストが出演!

◆蘇水公園ワークショップ
・キッズボート、カヌー、バナナボート無料体験(水上デモンストレーション有り!)
・スケートボードランページ無料体験(プロスケーターのデモンストレーション有り!)

◆日本昭和村
・映画「カンタ・ティモール」上映&監督トーク

出店者募集

蘇水公園会場では家族で楽しめるワークショップ、飲食・雑貨などさまざまなブース出店を予定しています。
RAINBOW CHILD 2020を一緒にもりあげてくださる方の出店申し込みをお待ちしています。
(http://www.rainbowchild2020.com/shutten-boshu)

■主催 RAINBOW CHILD 2020 実行委員会
■共催 八百津町
■後援 八百津町観光協会 八百津町教育委員会 八百津町B&G海洋センター 美濃加茂市 日本昭和村
■協力 公益財団法人マリンスポーツ財団

Rainbow CHILD 2020 Official Website
http://www.rainbowchild2020.com/


Keyco × Mountain Mocha Kilimanjaro

Keyco × Mountain Mocha Kilimanjar

keyco

’99年に「SPIRAL SQUALL」アナログのみの限定発売で話題となり、北海道FM局NORTH WAVE[STREET FLAVOR]でリクエストチャート6ヶ月間1位の記録を出す。また、結婚情報誌のテレビCM「パパパパーンの歌」で、彼女の歌声に問い合わせが殺到。

その後メジャーデビューを果たし、現在までにオリジナルアルバム6作、コンセプトアルバム5作を発表。
ニュー・ソウルをベースに、レゲエ、ヒップホップ、ファンク、ドラムン・ベース、ジャズ、ブロークン・ビーツなど、各シーンの一線で活躍するアーティストたちから厚い支持を受け、多数の名コラボレーションを実現。日本の女性シンガー・シーンにおいて突出した個性を誇る。

‘02年に長女出産。『nbsa+×÷』、LIBROとのエレクトロニカ・ユニット『Fuuri』、HIFANA&ZAMURAI とのコラボレーションなど、生音とデジタルの融合を意識しつつ今の音を探求中。2014年にはROOT SOUL、Mountain Mocha Kilimanjaro、そして自らがアレンジ&プロデュースしたアルバム「Sunny Day Soul」をリリース、また娘Mayca(ライブペイント)との共演もスタートさせている。

http://www.keyco.jp/

Mountain Mocha Kilimanjaro

疾走するインストゥルメンタル・バンド。 時代のマナーとカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に一切執着しない超攻撃型6ピース。国内外のクラブシーンから野外フェスまで出演を続ける全方位型パフォーマンスで、へヴィーウェイト・ファンクと評される。
Authentic Black Musicを基調とした大胆緻密な楽曲アプローチは、まさに黒人音楽を全年代的に貫く”Funk”を体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。

[Biography]
2003年頃結成、2007年より現在の6人編成となる。
2008年、1stアルバム『Mountain Mocha Kilimanjaro』をリリース。発売直後に話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL’08に異例の緊急出演。以来、FUJI ROCK FESTIVAL(3度出演)をはじめ、ARABAKI ROCK FESTIVALや朝霧JAM、Greenroom Festival、Sunset Liveなど全国各地の野外フェスの常連として出演を続ける。
2010年、2ndアルバム『UHURU PEAK』発売。またUKの名門レーベル・JAZZMANから日本人として初めて音源をリリース。さらに毎年恒例となるオーストラリアツアーをスタートさせるなど、ストイックな音楽性が海外での高い評価を獲得している。
2011年、6ヶ月連続7インチアナログシングルリリース。
2012年、カバーアルバム『温故知新』、3rdアルバム『Perfect Times』をリリース。2014年に入ってからは話題のアニメ『スペース☆ダンディー』に楽曲提供するほか、3月には4thアルバム『壱弐参四伍録』を発表。全国各地のクラブシーンからライブハウス、野外フェスに至るまで幅広いパフォーマンスを続けている。

http://kilimanjaro.jp


DELI

DELI

ヒップホップMC、千葉県松戸市議会議員(1期)
NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのMCとしても知られる。

東日本大震災以降は、「オペレーション・コドモタチ」の発起人として主に放射能についての運動もしている。
2010年頃より、「子供」を主題とした音楽活動を始め、自身の子供や新しい世代の未来を危惧する目線で楽曲を制作。
2011年の東日本大震災以降、日本の社会および政治に対して懐疑的な立場からTwitterなどで積極的に発言。
原子力発電所反対デモなどの反原発活動にも参加し、脱原発を主な政策として参議院選挙に出馬し当選した山本太郎、および同じく脱原発を主張する千葉麗子や三宅洋平、難波章浩ら多くのミュージシャンと運動を共にする。
2014年6月18日、自身のTwitterで、同年11月に行われる地元・松戸市の市議会議員選挙に出馬する意向を表明。
2014年7月に政治団体「PLANET ROCK」を立ち上げ、「日常に横たわるジェネレーションギャップやカルチャーギャップをクロスオーバーする」事を目的として運動を開始。
松戸市議会議員選挙では、『「脱被ばく」に「脱カスタマー」いつまでたってたって文句ばっか言ってるだけじゃ単なるお客様 』を標語とし、これはPLANET ROCKによる楽曲「PLANET ROCK 2014」の自身の歌詞を引用している。
11月16日執行の松戸市議会議員一般選挙に定数44人中44位で当選。


JHETT a.k.a YAKKO

JHETT a.k.a YAKKO

90年代初頭より東京を中心に各地でクラブDJとしての活動をスタートさせたことがキャリアの第一歩であったJHETT a.k.a YAKKO。
若くして豊富なキャリアを築き始めた彼は程なくして楽曲の制作もスタートさせた。そんな彼を多くのリスナーが認識し始めたのが彼の盟友でありNITRO MICROPHONE UNDERGROUND (以下NMU) の一員でもあるDELIのソロ楽曲におけるPRODUCEクレジットだったのではないだろうか。

その後、NMU関連楽曲を始め、ZEEBRA、MACCHO、ANARCHY等、多くのヒップホップアーティストへの楽曲提供を続けてきた彼は安室奈美恵によるプロジェクト”SUITE CHIC”やCHEMISTRY、A.Iなどジャンルの垣根を越えた活躍をみせる。

05年には安室奈美恵や倖田來未などを招き大きな話題を巻き起こしたR&BプロジェクトであるJHETTをメジャーリリース!
大成功を納めヒップホップアーティストがシーンをクロスオーバーするということのエポックメイキングな作品となった。
このREMIX作品にはROY AYERS、藤原ヒロシや福富幸宏など世界的に活躍するアーティストの作品が収録されている。
また、現在でもPRODUCERとしだけでなくDJとしての活動も活発に行っているためリスナーのみならずアーティストからも絶対的な信頼を得ている。


ending note

ending note

yanafro – (Guitar,voice,messenger)
藤井大輔 – (Acoustic guitar,voice)
頓所謙士 – (Bass,voic,percussion)
星原誠人 – (Drums,percussion)

音色の島にて育まれた四つの個性。 日常に散らばる絵画的な瞬間を緻密な展開にて物語る。
2014.2月 2nd mini album『Report of birth』をリリース。

http://endingnote-music.com/


morning set

morning set

ASUKAとNORIの2人による音楽ユニット。
民族楽器の即興演奏からギターとloopマシンを駆使したフリーなジャムセッション、ダンサンブルなクラブミュージックまで飲み込んだ独自のスタイルでジャンルレスなgrooveを追求している。特にライブでは「ギターloop、民族、クラブ」の 3つのライブStyleを持ち、2人とは思えない音世界を作り出す。現在はこの3つのStyleで、名古屋を中心に全国様々な 野外&クラブイベントに参加。2002年9月にはNYにて2週間Street Live(民族楽器)を行い好評を得る。

音源制作ではクラブtrack以外にも、民族楽器のみの音源など多種多様な音源を発表。生演奏とデジタルの絶妙なバランスで個性的なTRACKを作り出している。また2007年からレコーディングスタジオ『studio dubreel』を立ち上げ、自身や他アーティストの制作活動も積極的に行う。

morning setはライヴや音源によってかなり印象が変わるが、一貫してコンセプトは気持ちいい音、grooveである。

http://www.morningset.net/


かむあそうトライブス

かむあそうトライブス

2009年結成。当初、美濃の山村(神渕村、上麻生等)に集まった百姓仲間による村おこしバンドだったが異色の存在として注目を集め、瞬く間に活動拠点は拡がり列島内外を駆け回る事に。 モダンワールドミュージック~ダブポップ~アコースティックレゲエ~ポエトリー~ロック~ジャム~、、、形容はし難いが各々の仕事に誇りを持ち山間地域に根をおろし生活する彼らのグルーヴはプロミュージシャンの持つ其れとはまた違う、独特のユルさと吸引力を持つ。

三宅洋平、山仁、奈良大介はじめ、多くの先鋭的音楽家達にカバーされた前作「のけもののけものとたわけもの」発表から3年5ヶ月を経て7/1に待望の2ndアルバム MAXI FOUNDATION(薪師財団)が発売される。 (タイトルの財団は架空の団体であるが薪の利用を呼びかけるコンセプトは大真面目であり、正しく火を使う生活は経済的かつ山間地の雇用問題とエネルギー問題を解決するとして政治家から貧困層まで幅広く注目されている。)

激動の日本から、一つの答えを唄う彼らに背中を押され生活や幸せのベクトルをシフトさせた者の数知れない。


K sunshine funk BAND

K sunshine funk BAND

人々を健康に出来る音楽を追求すべく日々朝鮮人参を摂取しながら十字の漢方薬局院長が始めた最新型健康ロックンロールBAND。

2015は世の中にもっとfunkyを!かつ即興的プリミティブな音を!を追求するスタイルへの変容を遂げRAINBOWCHILD2020のオープニングアクトを盛り上げに。

ライブ会場で声をかけると極上な漢方薬がもらえるとかもらえないとか。


Posted in ALL ENTRY, ending note, EVENT, EVENT INFO, Rainbow CHILD 2020, RECOMMEND |