CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

RAINBOW CHILD 2020 – 2016.08.11(木) 山の日祝日 at 岐阜県八百津町蘇水公園 ~出演アーティスト第1弾~

RAINBOW CHILD 2020 - 2016.08.11(木)山の日祝日 at 岐阜県八百津町蘇水公園 ~出演アーティスト第1弾~

【RAINBOW CHILD 2020 】
2016年8月11日(木)山の日祝日
OPEN 9:00 ~ CLOSE 21:00

■ 会場
【八百津町 蘇水公園】
岐阜県加茂郡八百津町伊岐津志2731-5

■ 出演
Rickie-G 
Dachambo
ending note
かむあそうトライブス
Makoto Okazaki
平凡【Hey!Bon】
Artrandom
オカリナマコト
and more…

■ ワークショップ
マリンスポーツ(バナナボート/キッズボート/デモンストレーション:ジェットフリースタイル)
スケートボード ランページ
アートワークショップ(Graffiti Artist :TOMI-E)

■ TICKET
【早割チケット】 ¥3000
全国の全国のローソン、ミニストップ(一部店舗除く)で販売中!
【Lコ-ド】42756
【購入URL】
http://l-tike.com/d1/AA02G07F1.do?DBNID=1&ALCD=1&LCD=42756

※小学生以下の入場無料、ただし保護者同伴に限る。
※※チケットを購入した時点で公式HP記載の注意事項に同意したものとみなします。
【チケットに関する注意事項】
http://www.rainbowchild2020.com/ticket

■ 駐車場
臨時駐車場券台数限定で販売!
駐車場券: ¥1500
【Lコ-ド】42756
【購入URL】
http://l-tike.com/d1/AA02G07F1.do?DBNID=1&ALCD=1&LCD=42756

※臨時駐車場からは、会場まで徒歩15分ほどになります。

■ 主催 RAINBOW CHILD 2020 実行委員会
■ 共催 八百津町
■ 後援 八百津町観光協会 八百津町B&G海洋センター 美濃加茂市
■ 協力 公益財団法人マリンスポーツ財団
■ 助成 とうしん地域振興協力基金

☆RAINBOW CHILD 2020 Official Website☆
http://www.rainbowchild2020.com/


Rickie-G

Rickie-G

アコースティックを基調とした生の暖かいサウンドと伸びやかな歌声でジャンル
問わず様々な方面から注目を集めるシンガー”Rickie-G”。
2006年より『Life is wonderful』『逃避行』『ラブソウル』とリリースを重ね、
2008年に待望の1st Album『am08:59』をリリース。
iTunesランキングで長期にわたり一位をキープし、
ほぼ口コミのみで現在もロングランヒットを記録し続けている。

全国各地様々なスタイルでライブを行い、海外アーティストからの評価も高く、
毎年横浜赤レンガ倉庫で開催されているサーフィンをテーマにした 「GREENROOM FESTIVAL」には8年連続出演中。

2014年7月に待望の新曲『Follow Your Heart』を配信限定で発売し、
同年「FUJI ROCK FESTIVAL」「横浜レゲエ祭」へ初主演を果たす。

2015年8月、4曲入りの『Follow Your Heart EP』を発売。
現在2nd Full Albumを、自身のスタジオ「CREATORS’ LOUNGE」にて制作中。

http://www.rickie-g.com

http://m.youtube.com/watch?&v=uuGYsXAF2xM
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


Dachambo

Dachambo

祝!!! 結成15周年!!!

日本が宇宙に誇るサイケデリックJAM BAND、もしくは快楽探求楽団。ツインドラムにディジュリドゥー、極太ベース、爆音ギター、そしてデジタル音の6人からなる、ジャム、トランス、ラテン、ファンク、サイケ、オーガニック、民族音楽といったジャンルの枠を変幻自在に飛び越え、PEACE&SMILEに溢れた彼らのライブは、自分達とその場に息づく空気、オーディエンスとのバイブレーションの交換から生まれ、常に変化しつづけるMUSICを産み続けてゆく。
 盟友Gravity Freeデザインの、ド派手なバイオディーゼルBUSに乗り込み、『FUJI ROCK FESTIVAL』を始め、全国のフェスやパーティーの顔として、走り続けること15年!日本ではフェス番長(YAHOO認定)の称号までいただき、4度に渡るAUSツアー/USAツアーも大盛況に収める。2011年には、今や伝説と語り継がれる「HERBESTA FESTIVAL」を開催し、1万人以上の動員を記録した。
そして昨年は、1年の沈黙を破り、5年ブリのNEW ALBUM『PURiFLY』と共に全国ツアースタート!
メディアにはほぼ現れないが、DACHAMBOの世界観にグイっと惹き付けられた老若男女によって、草の根的に”ダチャンボ村”日々絶賛拡大中!!

http://dachambo.com

http://m.youtube.com/watch?&v=CHd5x_1kllo
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


http://m.youtube.com/watch?&v=q4-yr_PSw1M
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


ending note

ending note

yanafro – (Guitar,voice,messenger)
藤井大輔 – (Acoustic guitar,voice)
頓所謙士 – (Bass,voice,percussion)
星原誠人 – (Drums,percussion)

音色の島にて育まれた四つの個性。
日常に散らばる絵画的な瞬間を緻密な展開にて物語る。
「 Guidance 〜導き導かれる人生〜 」
「 あわのネ 2014 」
「 RAINBOW CHILD 2020 」
「 FLYOVER anniversary exhibition 」
等、クラブイベントや野外フェスに出演。
2014.2月 2nd mini album『Report of birth』リリース。
2016.4月 1st album 『 音彩の島 』リリース

http://endingnote-music.com/

http://m.youtube.com/watch?&v=YI0jzXCpl0Y
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


http://m.youtube.com/watch?&v=_9dPBZzy-mw
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


かむあそうトライブス

かむあそうトライブス

2009年結成。当初、美濃の山村(神渕村、上麻生等)に集まった百姓仲間による村おこしバンドだったが異色の存在として注目を集め、瞬く間に活動拠点は拡がり列島内外を駆け回る事に。
モダンワールドミュージック~ダブポップ~アコースティックレゲエ~ポエトリー~ロック~ジャム~、、、形容はし難いが各々の仕事に誇りを持ち山間地域に根をおろし生活する彼らのグルーヴはプロミュージシャンの持つ其れとはまた違う、独特のユルさと吸引力を持つ。
三宅洋平、山仁、奈良大介はじめ、多くの先鋭的音楽家達にカバーされた前作「のけもののけものとたわけもの」発表から3年5ヶ月を経て2014年7/1に待望の2ndアルバム
MAXI FOUNDATION(薪師財団)をリリース。
(タイトルの財団は架空の団体であるが薪の利用を呼びかけるコンセプトは大真面目であり、正しく火を使う生活は経済的かつ山間地の雇用問題とエネルギー問題を解決するとして政治家から貧困層まで幅広く注目されている。)
薪師ツアー2014として精力的にライブツアーをこなす。
そして2015年7/1にその薪師ツアー2014を映像ドキュメンタリーDVDとして、かむあそう種薪珍道中をリリース。
激動の日本から、一つの答えを唄う彼らに背中を押され生活や幸せのベクトルをシフトさせた者の数知れない。

http://m.youtube.com/watch?&v=4kk6ENwEV1k
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


Makoto Okazaki

Makoto Okazaki

ギタリスト 作曲家

16歳でDJを志すが26歳の時にブルースにはまりアコースティックギターの音と可能性に魅了されギターを始める。

その4年後にFUNK,POSTROCK系のバンドを結成して都内を中心に活動。

現在はアコースティックでソロギターリストとして関東を中心に日本各地、ヨーロッパ、アジア、など海外でも活動中。
ギターを横にしてピアノの様に演奏するラップタッピングはベースラインとメロディーラインを同時に奏で、独特なリズムが生みだされ、ギターを演奏しながらボディーを叩くパーカッシブな演奏でアコースティックギター1本だけとは思えない独特なグルーヴ、サウンドを創りだしている
2015年2月 KADOKAWAメディアファクトリーよりデビュー。1stアルバム『sea』をリリース

http://makoto-okazaki.blogspot.jp/

http://m.youtube.com/watch?&v=1uAyubjlM3Q
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


平凡【Hey!Bon】

平凡【Hey!Bon】

ギター 原田 淳平
ジャンベ ハジメ☆フリーダム
ベース えいちゃん

2015年春。葉根羽音を脱退後ソロで活動中の原田淳平とハジメ☆フリーダムが春日井某所で盃を交わし、平凡を旗揚げする。
Koutarou-Sunshine &ようすけ (K-SunshineBand)
ヨシケン&トモピー(INOGEN Kong-Tong )
のサポートを受け、地元のカフェ、バー、夏祭りイベント、トヨロックキャンプサイトステージ等に出演を果たす。
そしてその年の秋頃にえいちゃんが登場!
境川、矢作川沿いでの特訓を経て平凡に合流。
2016年は様々な可能性を模索しながら現在進行形で
その時々で形を変えながら活動中!宜しく☆


Artrandom

Artrandom

2012年 各務を中心に3ピースバンドとして活動を開始。
1st mini album 【MY FOOLISH HEART】を制作。 ロッキンオンジャパン主催のオーディションRO69JACK2012入賞アーティストに選考される。
2013年 1st Single[こころあつめ e.p.]を発売。
2014年 4人体制での活動開始。
精力的なライブ活動の傍ら、約8ヶ月間で3曲入り音源【Artrandom #1】【Artrandom #2】【Artrandom #3】【Artrandom #4】を発表。
2015年 1st Full Album【STILL SMALL VOICE】全国発売。[紫陽花tour2015]ツアーを決行した。
12月 1st single [心へ花束 / みちゆき]発売。
2016年 3月 惜しまれながらも4人体制バンドは解体。各務ソロプロジェクトとして始動。
2016年 8月11日(祝)に、各務の生まれ故郷にて行われる[RAINBOW CHILD 2020]に解体後初バンド編成で出演決定!

http://www.artrandom-official.com/

http://m.youtube.com/watch?&v=flKvVRGoHI8
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


オカリナマコト

オカリナマコト

1989年生まれ。岐阜出身。
エレキギターとディレイを駆使して曲を展開するソロアーティスト。
トム・ヨークやトクマルシューゴに影響を受けて作曲を始める。
2014年、新潟県にて1stアルバム「Tool-Assisted Super Life」をレコーディング。歌、楽器のほぼ全てのパートを宮川真が演奏。2015年2月発売。
アルバムのアートワークやプロモーションビデオもチームを結成し、自ら手がけている。
名古屋を中心に様々な形態のバンドでライブ活動中。

http://ocarinamakoto.com/

http://m.youtube.com/watch?&v=xhSsUe4GfdQ
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


Graffiti Artist :TOMI-E

Graffiti Artist :TOMI-E

中学卒業後、ファッションに興味を持ち、古着屋にてアルバイトを始め、そこから多くのストリート文化を学び、HIPHOPカルチャーに影響を受け91年単身渡米。Graffiti Artに出逢い、独学で活動を開始する。

94年帰国後は、EVENT STAGE ARTやCDジャケット、アーティストロゴ、タイトルロゴ、企業広告、アニメ、観衆の前で即興で描き上げるLivepaintからファッション、映画、TV-CMに至るまで数多くに渡り活動。Graffiti CrewでありブランドでもあるACC(Asian Can Controlerz)を率いてGraffiti =落書きのイメージを取り除く幅広い活動をする一方で、壁に描いていた作品をカンバスに移行し現在は日本人絵師として今日的浮世絵手法を用い、日本式Graffitiの職人道へ精進し作品制作に取り組んでいる。


Posted in ALL ENTRY, DACHAMBO, ending note, EVENT, EVENT INFO, MOVIE, RECOMMEND |