CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Nothing But True PUNK RAMONES EXHIBITION

Nothing But True PUNK RAMONES EXHIBITION


Nothing But True PUNK RAMONES EXHIBITION - 名古屋Nothing But True PUNK RAMONES EXHIBITION - 名古屋

RAMONES EXHIBITION NAGOYA

Nothing But True PUNK RAMONES EXHIBITION 名古屋
at THE BE-SHARE
2012.11.16(fri)-11.18(sun)
OPEN 12:00 – CLOSE 20:00
入場無料

————————————————————————————————————————-

RAMONES EXHIBITION PARTY
at 黒猫cafe
2012.11/17(sat)
START 21:00
1,800YEN(1D)

-Special Guest DJ-
TGMX(Scaful King/Frontier Backyard)

-DJs-
katchin’ a.k.a Disoscillators
松田岳二(cubismo grafico)
HIDEO
KODERA
森龍

————————————————————————————————————————-

自分にどんな才能があるのだろうか。
いや、そろそろ分かってきた、才能なんてないんだと思う。
最初はそんなことを考えたこともなかった。
だけど、好きだからそれをやりたいんだ。
そのために一生懸命になるんだ。努力してそれに向かって行く。才能が無い代わりに、情熱で自分をその世界に叩き込むんだ。

PUNK ROCKを知った瞬間。それまでの人生を否定するかの様にPUNK ROCKと向き合い自分を没頭させた。
PUNK ROCKの精神が人生の指針になった。
それがあるから自分は間違っていないんだ。

オレたちの様な人間が今でも音楽をプレイできると信じている。
それは1974年ニューヨークのCBGBでRAMONESがライブをやったからなんだ。PUNK ROCKの創成期1977には2回のイギリス・ツアーも行われている。
同時期に、いわゆるメロコアの発祥の地LAでも元祖となるバンド達に火をつけ、THE OFFSPRINGやGREEN DAYのフォロワーも産んだ。レコードセールスで成功の無いRAMONESは22年間ツアーに明け暮れ、フォロワーを増殖させPUNK ROCKの本当の意味を世界中に伝えたのだ。

才能なんてなくてもできること。自分を曲げず突き進むこと。

創成期1974。
彼らが初めてCBGBでプレイしたライブのJOHNNY RAMONE手書きのフライヤーを見に来てください。ちっぽけな紙に、上手いとは言い難い文字。
今でも世界中に灯るPUNKの聖火が着火した瞬間がそこにあります。


Nothing But True PUNK RAMONES EXHIBITION - 原宿Nothing But True PUNK RAMONES EXHIBITION - 原宿

RAMONES EXHIBITION TOKYO

Nothing But True PUNK RAMONES EXHIBITION 原宿
at 原宿KIT GALLERY
11.21(wed)-11.30(fri)
入場無料

————————————————————————————————————————-

ちょうど1年前にこの 場所で始めたNothing But True PUNK RAMONES EXHIBITION。
 
おかげさまで多数の 方々に来場いただき、全国で展覧会のツアーまでさせてもらい、RAMONES展の愛称で親しんでもらいました。本当に全国のRAMONES ファン並びにROCKファンの方々に感謝しています。

全国でやらせても らったRAMONES展ですが、自分が思った以上にお客さんの期待が大きかったのがうれしかったです。自分で言うのもなんですが「こんなポス ターなんて見たいものかね?」というのが最初の気持ちでした。
 
車で3時間かけて一人で来てくれた女の子、会社をさぼって毎日来てくれたサラリーマンの方、出張先や旅先で観光をひとつ削って来てくれた方、 各地で目当て のライブ前に見に来てくれたロック・ファン、どうしても子供にGABBA GABBA HEY!のプラカードを持たせたいお父さん、臨時休業してまで東京に来てしまった飲食店経営者の方、かつて日本のレーベルでRAMONESの担当 A&Rしていた方、最後には自腹を切ってまで地元で開催させたかった病院の院長。

今年はRAMONESを通じて日本各地でいろいろな思い出を作らせていただき、みなさんの様々なRAMONESの思いを知りました。ファンが ファンのため にする手作りの小さな展覧会でしたが、我々を突き動かすRAMONESの魅力は本当に素晴らしいものです。RAMONESの音楽、精神は後世 に語り継いで いかなければならないと思います。

ついに最後の展覧会 となりました。
みなさんが打ち上げ 気分で気軽に遊びに来てくれるのをお待ちしています。
そしてオレは RAMONESミュージアム兼ダイナーを作る目標に邁進します。
いつでも”MEET THE RAMONES”を見れる場所を日本に作りたいです。
もう自分のコレク ションは個人的なモノではないような気がしています。

いつになるかはわか りませんが、その時にみなさんとまた会える日を楽しみにしています。
                                    

text by katchin’ a.k.a. Disoscillators

Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |