CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

RAU DEF インタビュー

RAU DEF インタビュー


RAU DEF、2年ぶりとなるニューアルバム『UNISEX』が完成…。
その男はジョーカーと呼ばれ純粋かつ不器用なまでにヒップホップを愛し、枠組みを蹴散らす程に切り拓こうとする姿勢はセンセーショナルな刺激をシーンにもたらしている。 多くの支え、目に見える力と共に無限に拡がるフィールドを勇往邁進(ゆうおうまいしん)するRAU DEFのインタビューです。


RAU DEF Interview

—– 前作から2年、この時間がRAU DEFにもたらしたものというのはどういった事でしょうか?

2年間と言ってもずっと休憩というか、考え事をしていた時間が1年半位あって、今回のアルバムの制作というのは実質半年位でできたので、いつもよりペースを上げて作ったし、その休んでいた部分もあったけど、みんなに早く曲を聴いて欲しいなって思っていたので、急いで作りました。

—– 2年間がっつりやり込んでいたわけではなく、一気に進めた感じだったんですね。

そうですね。いつも制作の時は1曲出来上がるたびにその曲を聴いたりしてたんですけど、今回はそういった余韻に浸る間もなく次から次に作ってアルバムを完成させたって感じでしたね。

—– 新作はほんとに色々ものを詰め込んだなっていう印象です。

うんうん、そうなんですよ(笑)

—– もちろんプロデューサー、ビートメーカーやフィーチャリングが多彩な部分も含めてのことで悪い意味ではないですよ。

それはほんと言ってもらった通り、良くも悪くも、どっちもほんとに良い意味だけじゃなく悪く捉えられても良いなと思ってそういう部分を見せたかったというか、凝り固まったいつものスタイルとか音楽だけじゃなくて、色々なものを聴いて、色々なものを自分なりにやろうと思ったことを見せたかったし、だから全くそういう風に見ていただけたなら良かったと思います。

—– ESCALATE(エスカレート)、ESCALATE IIと来て今回は単純にESCALATE Ⅲではなく、『UNISEX(ユニセックス)』というタイトルになった事に関して意図があれば教えてください。

最初に出した『ESCALATE』はそれまで自分が書きためていたりとか、こういう曲をやりたいなっていうのが結構あったんですけど、『ESCALATE II』に関しては、もちろんやりたい曲を選んだし、やりたい事をやったんだけど、結構みんなに力を借りた部分が大きかったので、このノリでまたⅢを作るっていうテンションンではなくて、一回また別の角度から自分を見せられるものを出そうと思って、その続きにはしませんでした。

それで今回の『UNISEX』っていうのは洋服とかファッションで使われる男女両方みたいな意味があるんですけど、そういった対極にあるもの、男女だけじゃくて、コアな人とあっさりヒップホップを聴きたいって人とか、それぞれが納得できるものをと思ってつけました。

—– 今回も多くの方が絡んだ作品となっていますが、元々色々な人と作品を手掛けるという事は好きだったのですか? 人付き合いとかも絡んでくる部分だと思うのですが。

以前は家で録ったりすることもしていたんですけど、曲を作るにあたって今は例えば曲が作れて、自分で歌詞も書けて、自分で歌えるっていう状況であっても録音する環境が整っていなかったりとか、みんな何かが欠けていると思うんですね。別にそれでも良いと思うんですけど、完璧なものを作ろうと思ったときにはそれでは難しくなってくると思うんですよ。だから1曲作るにあたっても、歌詞を書いて歌うのは自分かもしれないけど、曲をプロデュ-スしてくれる人は別にいるし、エンジニアの人もいるし、それをまたミックスする人もいるから、もう一人でできる時はないかなと思いますね。

—– それだけ周りに信頼できる人がいるという事ですね。

はい、そうですね。

—– RAU DEFから見て今回参加された方々がそれぞれどんな存在か今思う一言で現してみてください。

—– ますは、NAKKIDさん

『スマートでハイテク』って感じですね。

—– タイプライターさん

スタンスがどっしり構えられていて『THE 大御所』って感じです。

—– YMGさん

『人柄もビートも規格外』

—– Ace Hashimotoさん

『THE 本場 L.A.のラッパー』

—– DJ TSUBASA a.k.a. JAMさん

LIVE DJもやってもらっているので『パートナー』って感じですね。

—– Zeebraさん

もう色々あり過ぎて『おとうさん』みたいな感じです(笑)

—– Junkmanさん

クールで集団でいるとボス的な存在なので『頼りがいのある兄貴』ですね。

—– Goichiさん

『インテリミュージシャン』

—– SALVADORさん

フリースタイルとか見てカッコイイと思ったし、『音源これから頑張っていけたら』と思っています。

—– 松川晃弥さん

今回楽曲提供の募集をした時に『一番カッコ良かった』です。

—– PUNPEEさん

音楽はもとより付き合いも長いので『家族』みたいな感じですね。

—– 鋼田テフロンさん

ずっと憧れていた 『カリスマ』ですね。

—– BACHLOGICさん

『THE 天才』

—– SKY-HIさん

地元の先輩でもあり『良き理解者』だと思います。

RAU DEF インタビュー

—– 今作のリリックの内容はわりと腹の中をストレートに出していった感じですか?

もういい加減大人ぶったことも言った方が良いかなと思っていて、もういい歳だし背伸びして作った部分もあるし、だから前作とかその前の方がすごいヒップホップではあったと思います。今作はもっとラフに適当というわけじゃないけど、そんなに気負わずに作っていけたかなと思います。

—– 今、ラップをはじめてからどれ位の年月か経ちましたか?

もう10年以上やってますね。

—– ちょっとベタな質問なんですけど、一番最初に買ったレコードやCDってなんだったんですか?

絶対ウソだと思われるんで嫌なんですけど、実はキングギドラの『最終兵器』なんですよ(笑)。顔色伺ってるんじゃないかと思われると嫌なんですけど『F.F.B.』とかメッチャ聴いてました。

若い時はほんとにヒップホップばっかり聴いてましたね。日本も海外も。

—– 最初に音楽とかヒップホップに興味持った時と比べて考え方とか色々変わってきましたか?

みんなの前でライブしたり、もちろんアルバムを出して新しいものを発表する時とかビデオを公開する時とかでもそうだけど、見てる人が増えてくれたらとは思っていたし、それは願わなければ叶わなかったのかなとも思うし、今もそれは思っているんですけど、見てくれたり期待とかしれくれるのは望んだ事だしすごい嬉しいけど、やっぱり無責任じゃできなくなるよなとは思いましたね。みんながカッコイイと思ってくれているならカッコ良くあるべきだなと。

—– よくジョーカー的な言われ方をすることはどのように捉えてますか?

それはみんなが勝手に言ってるんですよね(笑)たしかに出たり消えたりって事が多かったし、大人に喧嘩売ってみたりとかしていたので、そういう事を言われちゃったのかなと思うけど、それはそれでおいしいのかなと思ってます。

—– ジョーカーって決して悪い意味ではなくて元々は切り札的な意味で使われていたのかなと。

確かにそうですね。

—– でもジョーカーって深読みをすればするほど色々な意味があるので、オールマイティーといった部分の意味とかもこれから際立っていくのかなと思っています。

確かに色々良い意味でも取れますよね。「ヤンチャだよね」とか「やり過ぎだよね」とか「派手だよね」とか言われるのもヒップホップだからそれは良いと思うし、他の音楽ジャンルだと分からないですけど、ヒップホップならそういったずれたというかちょっと尖った発想とかも俺はありだと思っているんですよ。まあやり方にもよると思うんですけど、エッジの効いたアイディアとかもカッコイイと思うから、そう言われる事も俺は誉め言葉だと思うし、考えようによってはプラス思考で考えられるし、ジョーカーというのは全然良い言葉だと思ってます。そういった別枠の存在で例えられるのは嬉しいですね。

—– ずっとヒップホップ一筋っていう印象もありますが、今、音楽以外で興味のあることって何かありますか?

おしゃれとか分からないけど新しい服を着るのとかは気分良いですね。毎日音楽をやっているわけではなくて、むしろ極力音楽はやりたくないんで(笑)

—– でもそれはわりと自然な事なのかもしれないですよね。そういった中でインスピレーションはどういったところから生まれるのですか?

インスピレーションは、色々考える中で、今日やろうと思っても結構重い腰だったりする時に、漠然とチャートの上の方だけを延々と流して、良いパートだけをかいつまんでいってアレンジしたり、尺や順番を変えたりとかして曲を作ってみたりとかする事もありますね。

—– わりと半分遊び感覚に近い部分ではじめてみてって事ですか?

そうですね。だから思考する時間と完全に物を作る時間はまた別で捉えていて、サンプルを採取してからそのパーツ達を書き起こすみたいな作業をやってますね。

—– ライブでは何か心がけている事とか意識している事ってありますか?

ライブは例えば息が続かなかったり、テンぱって歌詞を飛ばしちゃったりしたら最悪なんだけど、みんなに伝えたい気持ちがあるんだぜって事を観せるのが一番重要だと思っているので、だからもちろん完璧にやることにこした事はないけど、もしうまくいかない時でもそういう気持ちがあれば観ている人に曲の良さとかも含めて伝わるのかなと思っています。

—– その他最近、気になっているニュースや出来事は何かありますか?

気になっているのは、やっぱり今後の僕の人生はどうなっていくのかって事ですね…(笑)

—– それはほんと大事なことですね、前向きにいきましょう(笑)。
最後にこれを見ている方にメッセージをお願いします。

A-FILES、錚々たるところにお邪魔させていただいて本当にありがたいと思っています。
X-FilesよりA-FILESだと思います!


Interviewed by KISHIMOTO

リリース情報

前作「ESCALATE II」収録曲で今年発表されたMV ”FREEZE!!!”も話題を呼んだシーンきってのジョーカー:RAU DEFによる前作から2年振りのニューアルバム!!!

前作に引き続きSKY-HI主宰のBULLMOOSEからのリリースとなる本作は、PUNPEEを筆頭にBACHLOGIC、DJ TSUBASA a.k.a. JAMをはじめとした実力派トラックメイカーに音を委ね、客演にもSKY-HIをはじめ、鋼田テフロン、PUNPEE、SALVADOR、Ace Hashimoto、Junkman(YENTOWN)といった多彩な面子が揃った。しかも、2003年にスマッシュヒットとなったZeebraの”SUPATECH (what’s my name?)”をオマージュした”HYPATECH”にはなんとZeebra本人も登場!!! 限定盤は本盤のみのエクスクルーシヴを含むMV、そしてオフショットを収録したDVDを付属した2枚組。


RAU DEF - ニューアルバム『UNISEX』Release

RAU DEF
『UNISEX』
2017.09.27 Release

01. Intro [Pro. NAKKID]
02. SILENT SHEEP [Pro. タイプライター&YMG]
03. 現象 feat. Ace Hashimoto [Pro. DJ TSUBASA a.k.a. JAM]
04. HYPATECH – introduced by Zeebra [Pro. YMG]
05. 紫 feat. Junkman [Pro. Goichi]
06. Like Posite feat. SALVADOR [Pro. 松川晃弥]
07. Interlude [Pro. PUNPEE]
08. Players Anthem feat. Sugbabe [Pro. NAKKID]
09. Meditation [Pro. 松川晃弥]
10. Money & Bitches Love [Pro. 松川晃弥]
11. Real Talk feat. SKY-HI & 鋼田テフロン [Pro. BACHLOGIC]
12. STARZ feat. PUNPEE [Pro. PUNPEE]

●通常盤●
CAT NO. : BLMS-0013
FORMAT : CD
税抜価格 : 2,500円
バーコード : 4526180427520
LABEL : BULLMOOSE

●完全生産限定盤●
CAT NO. : BLMS-0014
FORMAT : CD+DVD
税抜価格 : 3,500円
バーコード : 452618042753
LABEL : BULLMOOSE


ライブ情報

RAU DEF「UNISEX」 ワンマンライブ

【日程】
2017/12/17(日) 
OPEN 17:00 / START 18:00

【出演】
RAU DEF & SPECIAL GUESTS

【会場】
渋谷WWW
http://www-shibuya.jp/

【チケット】
前売¥3,800/おみやげ付¥4,800
10/07~ raudef.com 先行予約
10/28~ プレイガイド一般発売


RAU DEF – SILENT SHEEP


RAU DEF – 現象‟Genshow” feat. Ace Hashimoto (Prod. JAM) [Official Music Video]


RAU DEF – HYPATECH introduced by Zeebra (Prod. YMG) [Official Music Video]


RAU DEF – Money & Bitches Love (Prod.松川晃弥) [Official Music Video]


RAU DEF – Real Talk feat. SKY-HI & 鋼田テフロン (Prod. BACHLOGIC) [Official Music Video]


RAU DEF – STARZ feat. PUNPEE [Official Music Video]


MORE INFORMATION

RAU DEF Official Website
http://www.raudef.com/

Twitter
https://twitter.com/realalluniverse


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, INTERVIEW, RECOMMEND |