CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
toto なのるなもない 山崎円城 Little Woody – コラボシングル『2048』リリース & MV公開
ソウル・フラワー・ユニオン – アナログ・コンピレーション『DANCE HITS』シリーズ5作の配信がスタート。
イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)- アナログ再発限定盤『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』Release
『西洋の木版画 500年の物語展』2020年9月26日(土)~11月23日(月・祝) at 町田市立国際版画美術館
DIRTY JOINT – New Album『DOPE CHIGASAKI』Release & MV公開

『RECORD ART DAY -LP JACKET ART EXHIBITION-』2019年4月14日(日)~5月11日(土)at デザインフェスタギャラリー原宿 EAST館アートピース

[2019/03/25]

RECORD ART DAY -LP JACKET ART EXHIBITION-


見て、聴いて、音楽とアートを楽しむ企画展。見て、 聴いて、 音楽とアートをもっと身近な” 体験” に。 一般参加型のレコードジャケットアートの展覧会。

平成も終わりに近づく今日。
音楽はいまやネットを介して気軽に聴くことが当たり前の時代となりました。

Apple Music やSpotify などの音楽配信サービス、それにYouTube などの動画配信サイト。 これらのサービスがメインストリームとなり、音楽は「所有するもの」ではなくなりつつあります。 モノとしての音楽がデータに形を変えた今、再び脚光を浴びているのが「レコード」です。 クリック一つで、あるいは月額いくらかの料金を支払ってクラウドから音楽を取り出すだけでは飽き足らなくなった音楽好きたちが注目したのは、ジャケットから滑り出したディスクをプレーヤーにセットして、そっと針を落とすという「儀式」を経ることで音楽を奏でるレコードでした。 2008 年にスタートした『RECORD STORE DAY』は、いまや世界的なムーブメントとなっています。

フィジカルな「モノ」として所有するだけでなく、音楽を聴くという「コト=体験」を楽しむことができるのが、レコードのいいところ。 それだけではなく、レコードはそのサイズの大きさからジャケットのアートワークに個性が凝縮されていて、壁に飾るアートとしても日々の暮らしを豊かにしてくれます。

デザインフェスタギャラリーではそんなレコード特有の「アートとしての楽しみ方」に着目し、この度 ” RECORD ART DAY” と銘打った、レコードジャケットアートの公募企画展を開催します。 本展示では、公募で集まったおよそ100 名の作家が、無地のレコードジャケットに描いた個性あふれるジャケットアートが壁一面に並びます。 展示を見に来た人は、会場で作品を楽しむだけでなく、購入することも可能。 日々の暮らしへ手軽にアートを取り入れることができ、大切なレコードを保管するためのケースとして活用ができます。

聴いて、見て、音楽とアートをもっと身近な” 体験” に。 多くの人とこの思いを共有することができるよう、ご来場をお待ちしております。


『RECORD ART DAY -LP JACKET ART EXHIBITION-』

【日程】
2019年4月14日(日)~5月11日(土)
※作品販売なしのプレ展示期間は4/12(金)から

【会場】
デザインフェスタギャラリー原宿 EAST館アートピース

【開催内容】
レコードジャケットに制作された絵画、イラスト、写真、ドローイング、コラージュ、ミクスドメディア作品の展示

【企画】
デザインフェスタ有限会社

【URL】
https://designfestagallery.com/project/record-art-day


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |