CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


ROUNDHOUSE 2015.04.17 (FRI) at 代官山AIR

ROUNDHOUSE 2015.04.17 (FRI) at 代官山AIR

2014年にPRIMITIVE INC.プロデュースのもと始動したROUNDHOUSE。跳ねるキックが特徴的なMark FarinaやDerrick L. Carterに代表されるシカゴハウスのレジェンドたちを迎え、独自の音楽スタイルと黎明期のクラブさながらの熱量を持つパーティーとして注目を集めてきた。

2015年度のスタートを飾るのはシカゴハウスのゴッドファザーことMarshall Jefferson。86年にプロデュースした不朽の名作「Move Your Body」はニューヨークやシカゴのみならずセカンドサマーオブラヴ前夜のヨーロッパ最前線の DJたちとも共振し、ハウスミュージック最高傑作の1つとして現在も燦然と輝くアンセムとなっている。オファーを幾度も重ね、ついに8年振りとなる待望の来日が実現することに。

更にVJには芸術祭審査のためオーストリア滞在中の宇川直宏に代わりDOMMUNE VIDEO syndicate HEART BOMBが特別参加する。

連綿と続くハウスミュージックの文脈は全て80年代のシカゴが礎となり現在に至る。
まさに伝説と言える存在のMarshall Jeffersonを迎えるROUNDHOSEはハウスの歴史を紐解く絶好の機会となるだろう。

Text by Yoichi Oyama (PRIMITIVE INC.)

ROUNDHOUSE
2015.04.17 (FRI)
at 代官山AIR

10PM START
Door ¥3500 W/F ¥3000 AIR members ¥2500 Under 23 ¥2500 Before 23:30 ¥2000

-MAIN DJ-
MARSHALL JEFFERSON (from Chicago)
REMI (ROUNDHOUSE/DAWD)
STOCK (World Spin/JMC)
SINO (DAWD)

-VJ-
DOMMUNE VIDEO syndicate HEART BOMB

-LOUNGE DJ-
NEBU SOKU, Kaji (JMC/xxx)
Wataru Sakuraba
Akinori Shimura
OKAYAMA (Oshiga Club)
KAI YAMASHITA (S.K.DISCO/bon appetit)

MORE INFO
http://www.air-tokyo.com/
http://www.primitive-inc.com/


Marshall Jefferson (from Chicago)

Marshall Jefferson (from Chicago)

シカゴハウスのゴッドファーザー。
Frankie KnucklesやLarry Levan、Ron Hardyなどと共にハウスの歴史を語る上で欠かすことのできないアーティストの1人である。

まだハウスミュージックという言葉すら存在しない80年代前半から音楽制作を開始。まだ無名でリリース経験もなかったにも関わらず、Marshall Jeffersonの楽曲をRon Hardyがテープに録音して繰り返しプレイしていたという逸話が残っている程に、彼の才能は初期から突出していた。

1986年には伝説のレーベルTrax Recordsから不朽の名作「Move Your Body」をリリース。ニューヨークやシカゴのみならずPaul OakenfoldやDanny Ramplingなどの当時ヨーロッパ最前線のDJたちとも共振し、シカゴハウス最高傑作の1つとして現在も燦然と輝くアンセムとなっている。またTen Cityの歴史的名曲「Devotion」をプロデュースするなど時代を築いてきた多くの楽曲を制作している。

ロンドンへ活動の拠点を移した後は、旧交のアーティストたちとの共同創作にも意欲的に取り組み、DJ Pierreと「Clap Your Hands」、Todd Terryと「Party People」などを発表している。

ハウス創世記から珠玉の名曲を生み出し続け、多大なる尊崇を受けてきたMarshall Jefferson。現在でも最前線で活躍する数少ないレジェンドの1人である。


REMI (ROUNDHOUSE/DAWD)

REMI (ROUNDHOUSE/DAWD)

東京屈指のシカゴ・ハウス愛好家。
10代でDerrick Carterの洗礼を受けDJ活動を開始し、青山MANIAC LOVEやYELLOWといった都内の伝説的なクラブを中心にDJを行う。

シカゴ・ハウスをキーワードにテクノやディスコのレコードをピックアップし、ファンキーなグルーヴを作り上げるスタイルは東京のハウス・シーンはもちろん、Derrick CarterやMark Farina,Luke Solomonといった、海外アーティストからの信頼も厚い。

2014年には渋谷MODULEで10年にも渡る「R20」のレギュラーを終了し、ROUNDHOUSE@AIRのレジデントとしてシカゴハウスシーンの活性化に励む。オリジナル音源やDJミックスを自身のsoundcloud(https://soundcloud.com/r20r20)にて公開中。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |