CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION

RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION

PROFILE OF | RUDE GALLERY |


Ray Lowry:レイ・ローリー(1944-2008)

イラストレーター:グラフィックデザイナー

Ray Lowry:レイ・ローリー

サルフォード(マンチェスター郊外)生まれ レンガ職人の家に生まれる。 10代始めにロックの洗礼を受け、将来その世界に関わることを夢見る。 広告代理店に勤める傍らパンキーな社会・政治批判のコメントと独学で学んだイラストを当時の 有力音楽雑誌に投稿、やがて連載となったコラムが人の掴みメジャーな雑誌の仕事を増やしていく。 ローリーとクラッシュとの出会いは1976年。セックスピストルズの「アナーキーインザUKツアー」を 見に行き、当時前座を務めていた同バンドと出会い意気投合。 やがてメンバーから“オフィシャル・ウォー・アーティスト ”として認められる。 ロンドンコーリングのスリーブの写真は 1979年ニューヨークでのライブの際興奮したポール・シムノンがフェンダーのベースギターをステージに叩きつける姿を撮影したもの。これを撮ったぺニー・スミスは当初このピンボケ写真の使用に反対していたが、ローリーとジョー・ストラマーに 押し切られる形で採用が決まってしまった。 結果的には当時の若者を取り巻く焦燥感を集約したこの写真がアルバムの イメージ戦略に大きく貢献した。(2002年のアメリカQマガジンの読者投票によると、 スミスの写真はロック史上に残るベストフォトの1位、ローリーのスリーブデザインは ベストレコードスリーブ9位にランクインした。) またタイトルのレタリングはエルビス・プレスリーのデビューアルバムから流用したもので、 これはクラッシュとロックンロールの切っても切れない関係を表現しており、 同時にエルビスを愛してやまないローリーならではのユーモア溢れるデザインでもあった。 ローリーは80年代以降The Faceマガジンや全国紙Guardianで連載を持ち 業界の生き字引的な存在としても活躍した。 晩年は体調を崩し、最後の仕事の1つとなったザ・キルズの作品は世に出ることなく終わった。 2008年10月ローリーの訃報がイギリス国内に流れた日コンサートを行っていたオアシスは哀悼の 意を表し歌を捧げ、2010年夏ロンドンで開催された本巡回展オープニングには500人の招待に 対し1500人が大挙するという嬉しいハプニングもあった。 亡くなって今なおローリーの存在の大きさは計り知れない。


1979年に発売され、ロック史に大きな功績を残したTHE CLASHのアルバム「London Calling(ロンドン コーリング)」楽曲もさることながら、このアルバムジャケットはあまりにも有名で、このジャケットのデザインを担当したのが、2008年に急逝した、イラストレーターでありグラフィックデザイナーの「Ray Lowry(レイ・ローリー)」

レイ・ローリー生前の活動の軌跡に深いリスペクトを込め、残された偉大なアートワークを「RUDE GALLERY」のフィルターを通し、アパレルプロダクトとして新たに誕生させました。

また今年はジョー・ストラマー10周忌/生誕60周年。 そして、ザ・クラッシュのデビュー35周年となる2012年。JOEをオマージュし、Ray Lowryのアートワークを使用しコラボレーションアイテムを制作しました。

TAILORED JACKET

Ray Lowryが描いたアートワークをスーツの背裏にプリント。
袖には財団の名前をプリントした腕章が付きます。
COLOR:BLK SIZE:2.3.4 PRICE:¥54,600

TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)  TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)
TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) TAILORED JACKET (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)


SHIRTS-ART WORK PRINT

Ray Lowryが描いたアートワークをシャツの前面にプリント。
COLOR:OFF-WHT SIZE:2.3.4 PRICE:¥21,000

SHIRTS-ART WORK PRINT (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)  SHIRTS-ART WORK PRINT (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)
SHIRTS-ART WORK PRINT (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) SHIRTS-ART WORK PRINT (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) SHIRTS-ART WORK PRINT (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION) SHIRTS-ART WORK PRINT (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)


SILK STOLE

Ray Lowryが描いた沢山の「THE CLASH 」ロゴをストールを全面にプリント
COLOR:WHT SIZE:FREE PRICE:¥18,900

SILK STOLE (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)  SILK STOLE (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)


NECK TIE

Ray Lowryが描いた「THE CLASH 」ロゴを切り替え部分にプリント
COLOR:WHT/BLK SIZE:FREE PRICE:¥9,975

NECK TIE (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)  NECK TIE (RUDE GALLERY x Ray Lowry COLLABORATION)


ONE BIG FAMILY CHARITY-T

Ray Lowryが描いたJOE STRUMMERをフロントにプリント。
このTシャツは、日本赤十字を通じ東日本大震災復興支援金と、海外にあるレイローリー財団(※)の財団運営資金として、制作費用・消費税を除いた全額を半分づつ分け寄付させていただきます。皆様のご協力お願い致します。
COLOR:BLK,WHT SIZE:XS.S.M.L.XL PRICE:¥3,150

ONE BIG FAMILY CHARITY-T (Ray Lowry x RUDE GALLERY) ONE BIG FAMILY CHARITY-T (Ray Lowry x RUDE GALLERY) ONE BIG FAMILY CHARITY-T (Ray Lowry x RUDE GALLERY) ONE BIG FAMILY CHARITY-T (Ray Lowry x RUDE GALLERY)
ONE BIG FAMILY CHARITY-T (Ray Lowry x RUDE GALLERY) ONE BIG FAMILY CHARITY-T (Ray Lowry x RUDE GALLERY) ONE BIG FAMILY CHARITY-T (Ray Lowry x RUDE GALLERY) ONE BIG FAMILY CHARITY-T (Ray Lowry x RUDE GALLERY)

※レイローリー財団 -Ray Lowry Foundation –
2010年イギリスで設立されたレイ・ローリーの遺志を継ぐ財団。 生前経済的な理由から独学を余儀なくされたローリーは、自分の死後作品の売り上げをアーティストの育英基金に充ててほしいと希望した。本巡回展のチャリティオークションの売り上げは、ローリーの故郷にあるマンチェスターメトロポリタンユニバーシティの美術学科(フルタイム)に 入学を希望する人の奨学金に充てられる。
http://www.raylowry.com/ray-lowry-foundation


Forever Joe Strummer

Forever Joe Strummer

2012.12.22(sat) 20:00 ~23:00 at RUDE GALLERY

今年でJoe Strummerの10周忌をむかえます。彼を偲んで命日である、12月22日(土) にRUDE GALLERY店頭にて「Forever Joe Strummer」と題したPARTYを開催。当日はJoeにまつわる音が店内に響き渡ります。
音楽とアートに囲まれてJoeがそこに居る様な楽しい時間を共有しましょう。 エントランスフリーなので気軽に遊びに来て下さい。

販売・お問い合わせ
RUDE GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前6-19-3 TEL:03-3498-2434
URL:http://www.rude-gallery.com/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND, RUDE GALLERY |