CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『サディスティックサーカス2017 Spring』2017年4月22日(土) at 新宿FACE

『サディスティックサーカス2017 Spring』2017年4月22日(土) at 新宿FACE

一夜限りの「見世物小屋」。トラウマ必至のパフォーマンスイベント「サディスティックサーカス2017 Spring」が、4 月22 日新宿FACE にて開催!「大人のための」エンターテイメントのフルコース、国内外の超人パフォーマー達が大集結。

超越した身体能力をもつパフォーマーが世界中から集い、一晩中ショーを繰り広げる、エンターテインメントとアートが融合したイベント「サディスティックサーカス2017 Spring」

新宿FACE(東京・新宿)のプロレスリングを活用した舞台は、360 度すべての角度から鑑賞可能。思わず悲鳴を上げてしまうような驚異の肉体芸から、セクシーなバーレスクや個性派ダンサーたち、緊縛ショーまで、二十歳未満入場禁止の究極のエンターテイメントをオールナイトで実演します。

コンセプトである「真夜中の巨大な見世物小屋」を体現すべく、会場に国内外から招いた一流パフォーマー11組が、朝までノンストップで刺激的でアンダーグラウンドなショーを繰り広げます。

2002年の開催以来、一貫して「真夜中の巨大な見世物小屋」をコンセプトに公演を重ねてきました。この夜のために豪華絢爛で魑魅魍魎、好奇心を刺激して止まない出演者たちが集結し、夜が明けるまでの間、多種多様のパフォーマンスのセッションを繰り広げます。

会場はアメリカの古い見世物小屋の看板が張り巡らされ、サーカスの円形舞台を彷彿とさせるプロレスリングを使用した360度の舞台が設営されます。臨場感たっぷりの雰囲気と、気分が昂揚する佇まいに、会場は毎年興奮の渦に包まれます。

超人にして個性的、一夜限りのスペシャルプログラム。本格的で肉体的なサーカスショーをはじめ、幻想的でフェティッシュな大人向けのパフォーマンス、笑いやさわやかな体験をもたらすステージなど、多彩で個性的なプログラムが朝までノンストップで続きます。

『サディスティックサーカス2017 Spring』2017年4月22日(土) at 新宿FACE


「サディスティックサーカス2017 Spring」

日時:4月22日(土)午後11時~翌午前5時(予定、開場:午後10時)
会場:新宿 FACE(東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7階)
料金
指定席:前売り13,000円/当日14,000円
立見席:前売り10,000円/当日11,000 円
チケット販売:イープラス(http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002217125P0030001P0006

【出演】
SQUIDLING BROTHERS
Midori
龍崎飛鳥
AYUMI(フープ東京)
サエボーグ
まろ
おべガス!
POP HEADS!!
LA KEIKO produce
Burlesque Show
早乙女宏美
ゴキブリコンビナート
総合司会:山田広野

【注意事項】
*20 歳未満入場不可、要 ID(年齢が確認できる写真付IDカード必須)
*ドリンク代(500 円)を別途入場時支払い
*出演者については公式サイトで要事前確認
*予告なく出演者および内容変更の場合あり

■ ウェブサイト
http://www.sadistic-circus.com/

■ Twitter
https://twitter.com/sadistic_circus


スクイドリング・ブラザーズ(Squidling Brothers)

スクイドリング・ブラザーズ(Squidling Brothers)

アメリカよりサイドショーグループのスクイドリング・ブラザーズが来日。
剣呑師、全身タトゥーの男、電気人間……まさに見てはいけない者のオンパレード。
人間離れした超人たちが、日本の見世物小屋にも近い、この伝統的なサーカス芸である「サイドショー」を披露します。

スクイドリング・ブラザーズ(Squidling Brothers)


龍崎飛鳥

龍崎飛鳥

電光石火の縄さばきと意表を突く場面転換において、もはや右に出る者はいない当代一の女流緊縛師、龍崎飛鳥が登場。
龍崎のパフォーマンスは、国内外問わずアーティスティックな側面が注目されている緊縛ショーを、自由な発想とサプライズで、観る者の脳内に強烈な印象と感動を刻むエンターテインメントへと昇華させます。


サエボーグ

サエボーグ

サエボーグはラテックス製のラバースーツを自作し、自ら装着するパフォーマンスを展開するアーティストです。「第17回岡本太郎現代芸術賞展」にて岡本敏子賞受賞以来、六本木アートナイト等で幅広く活躍し、期待が高まるアーティストです。
パフォーマンスでは、豚や羊の形をしたポップでキュート、時にアイロニカルな家畜たちが登場し、ステージを彩ります。


Midori

Midori

サンフランシスコを拠点に、緊縛パフォーマンスで各国のフェティッシュイベントに出演する傍ら、サンフランシスコアジア美術館をはじめ、ウィーンやアムステルダム、メキシコなどで展覧会やインスタレーションを行うアーティスト。

今回、サディスティックサーカスで披露するYamamba(山姥)は、90年代後半からMidoriが取り組んできた代表的な演目であり、記憶や欲望といった潜在意識と、聖とエロティシズムの狭間を往来しながら、神聖なる魂の浄化を目指します。アーティなショー展開に注目です。


まろ(ジャグリング)

まろ(ジャグリング)


フープ東京AYUMI(フラフープ)

フープ東京AYUMI(フラフープ)


おベガス!(ダンスチーム)

おベガス!(ダンスチーム)


その他にもキツイ・キタナイ・キケンの「3Kミュージカル劇団」ゴキブリコンビナート、女ハラキリ切腹ショーの早乙女宏美、コンテンポラリーダンスのPOPHEADS!、サルサ&バーレスクなLA KEIKOが登場します。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |