CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


SLIPKNOTのドラマー、ジョーイ・ジョーディソンによる新プロジェクト【SCAR THE MARTYR】

SLIPKNOTのドラマー、ジョーイ・ジョーディソンによる新プロジェクト【SCAR THE MARTYR】

SLIPKNOTのドラマー、ジョーイ・ジョーディソンによる新プロジェクト
スカー・ザ・マーター(SCAR THE MARTYR)始動!デビュー・アルバムは2013年秋に発売予定。

アイオワが産んだ猟奇趣味的激烈音楽集団、スリップノットの中心人物の一人にして、ロック・シーンに君臨する最高のドラマーでもあるジョーイ・ジョーディソン(Joey Jordison)が、新たなるプロジェクト、スカー・ザ・マーター(SCAR THE MARTYR)を始動させることを発表した。彼の地元でもあるアイオワ州デモインにあるSound Farm Studioにてレコーディングされたスカー・ザ・マーターのデビュー・アルバム(タイトルは未定)をプロデュースしたのは、フィア・ファクトリーやロブ・ゾンビ、マインドレス・セルフ・インダルジェンスなどを手掛けるライス・フルバー。このデビュー・アルバムは今秋、Roadrunner Recordsより発売される予定だ。

世界的にもベスト・ドラマーとして知られ、その退廃的なマスクと超絶なドラミングで、スリップノットの中でも非常に人気の高いメンバーとしても知られるジョーイ・ジョーディソンは、そのスリップノットにおいて単なるドラマーとしてだけではなく、主要なソングライターとしても活動している。スカー・ザ・マーターのこのデビュー作で、彼はドラムはもちろんの事、全曲でベースを、そして2曲を除いた楽曲でリズム・ギターをプレイしている。ジョーイと、このプロジェクトのボーカルを務めるヘンリー・デレク(Henry Derek)の二人の共作という形で書き上げられた楽曲をバンドとして鳴らすため、キーボーディストとしてナイン・インチ・ネイルズのクリス・ヴレンナ(Chris Vrenna)が、ギタリストにはストラッピング・ヤング・ラッドのジェド・サイモン(Jed Simon)とダーケスト・アワーのクリス・ノリス(Kris Norris)が集結し、デビュー・アルバムを完成させたのだ。

この新しいプロジェクト:スカー・ザ・マーターで、ジョーイは新たなる音楽的領域へと足を踏み入れ、ソングライターとして、そしてパフォーマーとしての彼の才能をより押し広げていくこととなる。ポスト・パンクからインダストリアル・サウンドといった様々な要素を組み合わせることで強烈でモダンな衝撃性を生み出すこの作品で、スカー・ザ・マーターは、ヘヴィなギターとジョーイのあのトレードマークとも言うべき強靭なドラミング、そしてその音の合間を縫うように層を織りなしながら押し寄せてくるシンセサイザーによって産み出される、驚異的な音像を創り出しているのだ。

「このプロジェクトで、俺はより良い楽曲を書き上げる事に総ての努力を注いできた」とジョーイは言う。
「虚飾や見た目なんかを気にすることは一切なかったよ。一番最重要だったのは、ソリッドな最高の局を書くことだった。
皆がそれを耳にして、ずっと聴き続けてくれるような音楽…、そう、何か世界に響き渡るような音楽を書いてきたんだ。
もしそんな要素がなかったとしたら、結局何もないのと同じだからな」

ジョーイ・ジョーディソンのキャリアは、どんな基準を用いようとも、現代のアメリカン・ロック&メタル史において最も創造的で、最も強烈なインパクトを放つものだ。アイオワの小さな町から世界的なスターダムへと自らを押し上げて行ったそのキャリアは、ミュージシャンとして、ソングライターとして、そしてプロデューサーとして、様々な経歴を持って語ることが出来る。
そのキャリアの中にはもちろん、驚異的な数のアンセムを生み出し、11ものプラチナム・ディスクと40を超えるゴールド・ディスクを獲得し、グラミー賞も受賞した現代のモンスター、スリップノットとしての活動がもちろん含まれているわけだが、それと同時に、彼のそのミュージシャンシップに対する音楽業界からのおびただしい数の賞賛を受けている事実、それに何といっても、数えきれない程のアーティスト達や、世界中に存在する情熱的なファン達へ与える計り知れない影響力といった、数字だけでは捉えることの出来ないキャリアをも包括しているのだ。

今後このスカー・ザ・マーターの情報が随時明らかになっていく予定。この新しいプロジェクトに、是非注目して欲しい。


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |