CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


SHEEF THE 3RD – 1st solo album『My Slang Be High Range Moss Village』Release

SHEEF THE 3RD - 1st solo album『My Slang Be High Range Moss Village』Release

これは「日本語ラップ」じゃねえ、「日本のHIP HOP」だ。
MILES WORDとのタッグ:BLAHRMYとしてDLiP Recordsで活動するMoss Villageが生んだ生粋のリリシスト: SHEEF THE 3RDの1stソロアルバムが完成。

ラッパーになるべくして持った声質、タイトなラップ&フロウ、ブレないB-BOYスタンスをリリックに投影し吹き込んできたSHEEF THE 3RDによる本作はBLAHRMYではあまり書かれることの無かった”個”も多く描かれたソロアルバムたるソロアルバム。

DLiP Records内でもクラシックと名高いSEGA FRONT GIANTSの”GEM ON THE SUN”をメイクしたDJ LEXが現代を超え、古代の発明を発掘するかのように掘り出したドープなバイナルから、抽出を重ね独自の解釈で全曲のビートを手掛け完成させた。

DJ LEXの真骨頂とも言える、スキモノもニヤりとするネタ使いが惜しみなく発揮され、ドープなビートからドラマティックなトラックまで、DJ LEX特有の煙がかった”RAWでDARKな”サウンドに仕上がっており、SHEEF THE 3RDと抜群の相性を見せている。

そのTRACKの上に紡ぎ出されるLYRICSは、今までBLAHRMYでは語られることが少なかった自らの内面を描写したソロアルバムたるソロアルバム。HIP HOPに人生を捧げたB-BOYとして、F**Kな世界に中指を立て続けるクソ野郎として…まるでSHEEF THE 3RDが自らを切り売りしているかのような、リアルで赤裸々に綴られたLYRICSは、境遇は違えども誰しもがどこか共感出来てしまうような普遍的な説得力がある。

まるでブルースマンのような、リスナーの魂を震わせるRAPがここにある。DLiP Recordsのメンバーも勿論客演で参加。


SHEEF THE 3RD - 1st solo album『My Slang Be High Range Moss Village』Release

SHEEF THE 3RD
『My Slang Be High Range Moss Village』
2018.01.24 Release

01. RAISE UP
02. BACKA
03. JUST TRYIN’ TO MAKE IT feat. MILES WORD
04. モッチャメゲ
05. I’m Gonna
06. LIMELIGHT
07. A.O.G feat. THE ILLEST BROTHER (祀SP & DUSTY HUSKY)
08. 夜に依るよ
09. ONENIGHT
10. I GOT THE TIME
11. WORTHY

All Tracks Produced by DJ LEX

LABEL : DLiP RECORDS
CAT NO. : DLIP-0048
FORMAT : CD
税抜価格 : 2,315円
バーコード : 4526180437307

DLiP RECORDS OFFICIAL WEB SITE
http://dliprecords.com/


SHEEF THE 3RD(シーフ・ザ・サード)

神奈川県藤沢市=MOSS VILLAGE JPN。DLiP Records所属、 BLAHRMYの半身。

これまでBLAHRMYとしてアルバムを1枚とEPを2枚、SEGA FRONT GIANTSとしてアルバムを1枚リリースしており、さらにDINARY DELTA FORCEのRHYME&Bとのジョイントアルバムを1枚リリース。

タイトなラップスタイルとブルースマンのようなソウルに当てる濃密なリリックを武器に暗躍。2018年、ソロ1stアルバムが完成。

DJ LEX(ディージェイ・レックス)

1984年生。DLiP Records所属のBEAT MAKER/DJ。

1997年頃ギタリストを目指し音楽活動を開始。その後紆余曲折あってHIP HOPへ傾倒していき2002年にDJを始める。

2005年から数年間、横浜ベイスターズのスタジアムDJを務めるなど、神奈川、東京を中心にCLUB DJやMIX CDをリリース。

2012年、同レーベル所属のビートメイカー:NAGMATICよりAKAIの名機MPC2000XLを譲り受けて以来、Beat Makingに狂っていき、同年発売されたSEGA FRONT GIANTSのアルバムに参加。”CALLED GAME”、”GEM ON THE SUN”というMoss Vill ClassicsをMakeした。

その後現在に至るまでにDUSTY HUSKYやBLAHRMY等のDLiPメンバーの作品を中心に楽曲を提供している。


SHEEF THE 3RD / BACKA


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |