CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

SHUN – New Single『クソったれ (feat. J-REXXX)』Release

[2020/12/15]

SHUN - New Single『クソったれ (feat. J-REXXX)』Release


ダンスホールアーティストSHUNがJ-REXXXを客演に迎えた新曲をリリース

2019年12月に開催したワンマンライブの成功や、今年1月にCLUB CITTA’にて開催されたInfinity16の25周年イベントでゲスト出演し、満員の観衆を沸かすなど日本を代表するアーティストへと成長を遂げたSHUN。

12/11よりリリースとなった新曲「クソったれ (feat. J-REXXX)」は、今までに多くリリースしてきた女性向けの楽曲とは一変してメッセージ性が強く、かつSHUNの思いを赤裸々に語ったエモーショナルなナンバーに仕上がった。

客演のJ-REXXXは『京都大作戦2019』や『SUMMER BOMB2020』にも出演するなど、ジャンルの枠を飛び越えて活躍するアーティストである。 音楽に境界線は引かず、常に新しいものを貪欲に追求している2人の化学反応に注目して頂きたい。


SHUN
『クソったれ (feat. J-REXXX)』
2020.12.11 Release

-収録曲-
01. クソったれ (feat. J-REXXX)

フォーマット:デジタル
レーベル:AK-MOVEMENT

【配信リンク】
https://shun.lnk.to/Kusottare

– SHUNコメント-
本作のようなミディアム調でシリアスな曲は僕のタイトルではほぼ初めてです。 いまの世間的な流れや、歌い始めの頃からあった気持ちの部分が柄になく強く出てきて、正直な気持ちをストレートに歌詞に込めました。 客演には、関東を中心に日本中で活躍し続けている先輩アーティストJ-REXXXに、ワンバースを蹴ってもらった事によりさらに気合いの入るポジティブな曲として仕上がりました。 僕が所属するレーベルAK-MOVEMENTのボス、TOMI-Oのトラックが作り出す、美しくもどこか哀愁の漂うビートに2人の気持ちの乗った歌がマッチして、自然と前向きになれるはずです。 是非聴いて下さい!
– J-REXXXコメント-
この曲の自分の歌詞は、SHUNの歌詞をまず最初に聴いて今の自分の気持ちに置き換えて書きました!
社会の中でどれだけ悔しい思いをしても投げず、逃げず、卑怯な事をせず戦ってる全ての方々へ向けた応援歌が完成しました!34歳、俺は未だに夢を追いかけてます!

SHUN

SHUN


埼玉県越谷市出身、1993年11月生まれ。 18歳の頃よりレゲエDeeJayとして活動を始める。
天性のメロディーセンスにキャッチーなフレーズ、スキルフルかつ言葉遊び的要素を盛り込んだリリックなどを駆使した楽曲は、リスナーから関係者まで全国的に高い評価を得る。
2019年8月リリースのシングル曲「誰にも言えない」、同年11月リリースのアルバム「PYROMANIA」はiTunesレゲエチャート1位、総合チャートでも上位に名を連ねた。
2019年6月には日本屈指のレゲエフェス「Reggae Super Power」に出演。 11月には「Abema Mix」出演。 12月には自身初のワンマンライブを開催し成功を収めた。

-SHUN SNS-
https://twitter.com/nb_shun224
https://www.instagram.com/shunstagram1129


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |