CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


SiM 『DEAD POP FESTiVAL 2012』LIVE REPORT at LIQUIDROOM

SiM 『DEAD POP FESTiVAL 2012』photo by YURI HONMASiM 『DEAD POP FESTiVAL 2012』photo by essenSieAbnei

Profile of |SiM|

2012/01/14(sat) DEAD POP FESTiVAL 2012
at LIQUIDROOM

壁 を 壊 す
を合言葉にSiMが主宰するDEAD POP FESTiVAL、3回目を迎え前回club asiaで開催時の宣言通り今回は恵比寿LIQUIDROOMにて開催された。出演バンドそれぞれの勢いや関わり、ここに来れば何かが起こると思わせる期待感なども相成り予想通り早々にチケットはSOLD OUTしプレミアムなイベントとなったのである。

この日登場したcoldrain、SHANK、CROSSFAITH、HEY-SMITH それぞれが魅力を存分に発揮し大いなる盛り上がりをみせる。勢いを途絶させることなくさらなるエネルギーへ変えていく。 出演バンド同士の良好な繋がりも感じずにはいられない。
ラストに登場したSiMも無論、そんな雰囲気をすべて受け入れ解き放っていた。
MAH (Vo) 、SHOW-HATE (Gt)、SIN (Ba)、GODRi (Dr)による生きたステージ。

今回のSEEDS OF HOPE TOURも非常に良い感じで周れてきたんだろうな~
そして、みんな今日のイベントを本当に楽しみにしていて実際メチャクチャク楽しんでいるな~。それは1曲目のKiLLiNG MEから動きや表情で一目瞭然だったね。
フロアに集いし若きライブ中毒者達もTシャツとタオルを装備し、ほとばしる汗とともに五感で感じ踊り狂い楽しんでおりました。

MCでMAH (Vo)は「以前は病んでいて死にたいと思う事やみんな死んだらいいのにと思う時があったけど今はこうして自分達のライブを楽しみにしてくれている人達がいる事がうれしくて少しでも長い間LIVEをやっていきたいと思う」といった内容の事を切実に告白。

本編最後に現れた巨大ピットや全員座ってからの一斉にジャンプ。
アンコール演奏前にステージからフロアをバックに写真撮影。
アンコールではcoldrainのMasato、CrossfaithのKOIEをゲストボーカルに迎えてのステージなどこの日のハイライトとして上げるべきポイントはたくさんあるのだけど、この日、最も印象に残ったのはイベント終演後、全国から集まったオーディエンスが汗を拭きながら「今日、来ることができて本当に良かった!」と口に出し仲間内で話している光景が沢山あった事。
これがなによりイベントの成功を物語っていると思うしMCでMAHが言った打算なき言葉に繋がるのだろう。

ファンがたくさん集まってバンドは良いライブをする。そして終演後、笑顔や充実感が溢れている。
単純なことだけどこれに勝る物なしといった事でしょう!

さらに今後楽しみとなる発表もありましたね。 5月にはCDリリースを予定しているという事、そしてすでにオフィシャルページなどでも発表になってますが、4月からSiM、coldrain、HEY-SMITHの3マンで全国ツアーを周るというインパクトある告知もありました。

彼らにはカテゴライズも飽和しきったパターン化も無用である。
ここは頂きへのターニングポイント。これからさらなる上昇志向のもと、より一層の説得力と求心力は加速していくだろう。

セットリスト
1. KiLLiNG ME
2. On and On
3. Set me free
4. JACK. B
5. Faster Than The Clock
6. Fall In Love With You
7. I Hate U
8. Murderer
9. FUCK iT ALL

-EN-
EX1. SUCCUBUS feat. Masato from coldrain
EX2. f.a.i.t.h feat. KOIE from Crossfaith


text by KISHIMOTO
photo by essenSieAbnei / YURI HONMA

Posted in ALL ENTRY, REPORT, SiM |