CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

『Slikback / Intergalactic Gary, Oliver Hafenbauer』2019年9月15日(日・祝前日)at 渋谷 Contact

『Slikback / Intergalactic Gary, Oliver Hafenbauer』2019年9月15日(日・祝前日)at 渋谷 Contact


『ベース×エレクトロ×テクノで繰り広げる異世界サウンド』
注目度急上昇中のケニア人プロデューサSlikbackとオンラインラジオ局Intergalactic FMの創設者Intergalactic Gary、Oliver Hafenbauerが登場。

祝前日となるこの日のContactは、2部屋の個性際立つフロアを用意。 “既存”から果敢に外れていく刺激的なエレクトロニックミュージックを提供する。

Studio Xフロアには、フェスティバルNyege Nyegeを中心にして急速な拡大を見せるカンパラ・シーンからSlikbackが登場。 今年のRural Festivalに初出演を果たす彼は、セルフレーベルHakuna Kulalaを立ち上げて発表した2枚のEPや、Hyph11Eや33EMYBWなどの重要中国人アーティストとコラボレーションで瞬く間にその存在を世界へ知らしめた大注目のケニヤ人プロデューサーだ。 躍動的なベースミュージックをさまざまな解釈で繰り出しながら、クリエイティブな刺激とダンスフロアで身体を揺さぶる機能性を備えた音楽体験をお届けする。

Contactフロアには、オンラインラジオ局Intergalactic FMの創設者Intergalactic Garyが出演。 エレクトロ、テクノ、アシッドのほか、多彩なジャンルのディープな領域を巡りながら各界隈で評価を獲得してきた彼が、膨大な知識とDJスキルをつうじて長年培ってきた独自の未来観をフロアに投影する。 さらに、ドイツの名門クラブRobert Johnsonの中心人物Oliver Hafenbauerも参戦。 自身のレーベルDie Orakelからのリリースでテクノ好きの嗜好をくすぐり続ける彼のセットにも注目だ。


『Slikback / Intergalactic Gary, Oliver Hafenbauer』

【日程】
2019年9月15日(日・祝前日)
Open 22:00

【出演】
Studio:
Slikback (Hakuna Kulala | Kenya)
AKIRAM EN
Mars89
mitokon (TYO GQOM)
suimin

Contact:
Intergalactic Gary (IFM | Netherlands)
Oliver Hafenbauer (Die Orakel | Robert Johnson | Germany)
KABUTO (DAZE OF PHAZE | LAIR)

【料金】
Under 23 ¥1000
Before 11PM ¥1000
GH S Members ¥2500
w/Flyer ¥3000
facebook Discount ¥3000
Door ¥3500

《 前売券 》
Resident Advisor
https://jp.residentadvisor.net/events/1305812

clubberia
https://clubberia.com/ja/events/287823/

iFLYER
https://iflyer.tv/event/317857/

【会場】
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID


Slikback

Slikback

日本デビューを飾る、ケニア出身のDJ兼プロデューサーであるSlikbackは2017年〈Nyege Nyege〉に参加後、フットワーク、トラップ、グライムなど様々な現代的なアンダーグランドアフリカンクラブスタイルをベースにユニークでダークでありながらも、フロアフレンドリーなサウンドを製作している。 2018年6月デビューEPはカンパラを拠点とするハクナクララからリリース。 以降、彼の活躍は急激に進み、Nyege Nyege FestivalでのBoiler Roomステージ、ポーランドのUnsound Festivalでのヨーロッパデビューを含め3度のギグを行った。 また、Unsound Festivalの5つの重要なパフォーマンスの1つとして、Resident Advisorが1つのUnsoundセットを取り上げたこともあり、Unsoundポッドキャストとして公開されたミックスは、The Guardian、PitchforkやCrack Magazineによって2018年10月のベストミックスにも選ばれるなど、今後、さらなる活躍が見込まれる。



Intergalactic Gary

Intergalactic Gary

シーン黎明期からオランダ西海岸シーンで活動を始め、35年に及ぶ活動でDJとして尊敬と高い評価を得たIntergalactic Gary。 そこからI-F/Intergalactic FM、Unit Moebiusというアーティスト達や、〈Bunker〉といったレーベル誕生へと繋がっていくのである。

I-FとのユニットThe Parallax Corporationとして記録的ヒット曲を〈Viewlexx〉よりリリース。 近年ではMick WillsとJuanpabloにリミックスを提供するなど、今後も活動を増やして行く予定だ。 長年のキャリアに裏打ちされた非常に多様な表情を見せ、予測不能なセットを実に優れたミックステクニックで聴衆に届ける多才なDJである。 今では世界各地に趣き、Unsoundやrural、デトロイトのNo Way Backなどでもプレイし、どれだけ耳の肥えたオーディエンスを相手にしても、彼らを高みへと導いてきた。



Oliver Hafenbauer

Oliver Hafenbauer

その豊富な経験と多岐にわたる技術で、長年ドイツのローカルシーンにおいてキーパーソンであり続けているOliver Hafenbauer。 その時々に合わせた抜群のビートセンスで観客を盛り上げる。 元々は建築関係の仕事に携わっており、並行してDJやパーティをオーガナイズ。 その後は建築よりも音楽の世界を優先し建築業界を後にする。 確固たる決意のもと、ドイツ・オッフェンバッハの人気クラブRobert Johnsonの運営する同名レーベルでミュージックディレクターを務め、この活動により彼の名は広く知られることとなった。 また、多方面からの視点を得るだけでなく数多くのメリットも生み出した。 自身が主宰するレーベル〈Die Orakel〉ではダンスミュージックからアンビエントまでリリース。 彼は多くの才能の生みの親となっている。 アーティストやオーディエンスとの多様なネットワークを生み出す音楽へのアプローチの仕方こそ、多くの人が彼をオールランダーと言わせる所以である。



Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, MOVIE, RECOMMEND |