CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Slovenly Recordingsより今春リリースされた3タイトルのボーナストラック付き日本盤が遂に発売!

Slovenly Recordingsより今春リリースされた3タイトルのボーナストラック付き日本盤が遂に発売!

パンク、カレージ、ロックンロールなどアメリカを拠点にヨーロッパ諸国、南米、オーストラリアのアーティストを積極的にリリースするSlovenly Recordings(スロヴェンリー・レコーディングス)より今春リリースされた3タイトル、USELESS EATERS『Singles: 2011​-​2014』 、THE BLIND SHAKE『Fly Right』 、DIRTY FENCES『Full Tramp』 の日本盤がリリースされた。いずれもボーナストラックを含む帯、歌詞対訳付となっている。
また新たにDIRTY FENCESの『Judy (Don’t Go)』 オフィシャルビデオも公開となった。

インディーレーベルながら積極的な動きを見せ初の日本盤を発表したSlovenly Recordings、今後もさらなる躍進を見せていくだろう。

SLOVENLY RECORDINGS
http://www.slovenly.com/


USELESS EATERS『Singles: 2011​-​2014』

USELESS EATERS

昨年末にリリースしたアルバムも好評のUSELESS EATERSのシングル集!

SLOVENLY RECORDINGSがこの春に胸を張ってお届けするのは、私たちのお気に入りの一つ、わんぱくパンクロック”USELESS EATERS”です。欧州パンクスの間で議題になる、ユースレスイーターズのバンマス、セス・サットン。”シングルス2011-2014″は、彼らがヨーロッパ、米国のいくつかの優良レーベル、TIC TAC TOTALL、NASHVILLE’S DEAD、イタリアのGOODBYE BOOZYなどからリリースし、廃盤になったシングル曲を集めたベスト盤です。

パチパチ静電気の曲”The Moves”、舌の上でテキーラとライムが永遠にひっくり返ってあふれて、溺れちゃうみたいな曲”Bloody Ripper”、TY SEGALLとセス・サットンの協(狂)作の名曲”I Hate The Kids”も収録されています。どんな方法を使っても完璧に彼らの音楽を独占する事なんてできないけど、きっとお家で彼らの7’epをパタパタさせながら聞くよりも簡単により多く”ユースレスイーターズ”の音を感じることができる一枚。

USELESS EATERS - single collection 『Singles: 2011​-​2014』 Release

USELESS EATERS
『Singles: 2011​-​2014』
2015.05.13 Release

01.Dope Clones
02.Difficult
03.American Cars
04.The Moves
05.Proper Conduct
06.Plague Is Vague
07.Addicted To The Blade
08.Starvation Blues Number Two
09.I Hate The Kids
10.Linear Movement
11.Bloody Ripper
12.Mother Earth
13.Integrated Circuit
-ボーナストラック-
New program
Expensive
Desperate
Dungeon
Think she

輸入盤:国内流通仕様
ボーナストラック(5曲)、帯、対訳付
702J-161 ¥2,160
Slovenly Recordings

タワーレコードオンライン
http://tower.jp/item/3854506/Singles%EF%BC%9A2011-2014


THE BLIND SHAKE『Fly Right』

THE BLIND SHAKE

濁音の海です!

SLOVENLY RECORDINGSは僕たち運命的な仲間、ミネアポリスの坊主頭のオッシャン3人集THE BLIND SHAKEの作品リリースに大興奮している。 このムサ苦しく熱い三人集を引率しているのはブラハ兄弟(フロントの兄弟二人、ジムとマイクとドラムは、また違う兄弟から、デイヴ・ロパー)彼らは2003年からずっと、とんでもない残響音の荒波を耕してきた。

航路に沿って大量の深海レコードを、スペースパンクレジェンド、Michael Yonkersと何度かコラボレーションし、彼のエッセンスを取り入れた”Microminiature Love”は冷厳、頑固、真実と伝統のSUB POPレーベルにコレクションされたりしながら、リリースしてきた。最近のリリースは旋律へのアプローチがもっと話されていて、この9枚目”Fly Right”はバンドにとってもう一つ上の高さのハードルになった。荒波の間を着実に行き来すること、重いフェーザーのガレージパンクの叫び(”Tar Paper,”Holy Road”)トリップ状態のマカロニウエスタンがうねる波(”A Clock, A Window, A Pyramid,””Diamond Days”)そして劇的で本能に訴える恐怖戦術(タイトル曲の”Fly Right”)。

THE BLIND SHAKEは彼らの奇怪な視覚攻撃により独特の世界を鍛造した。ライブでの挑発をも計算済み、無意識に宿り湧き上る歌が現実を突きつけ責めてくる。これはすべて確実に狙いを定めたパンクロックのウザい鼻歌のような、諸行無常の浮世のためにツクラレタもう一つの催眠文書。

THE BLIND SHAKE - New LP 『Fly Right』 Release

THE BLIND SHAKE
『Fly Right』
2015.05.13 Release

01.Tar Paper
02.A Clock, A Window, A Pyramid
03.Holy Road
04.Apes Live A Life
05.Diamond Days
06.More Land
07.Yellow
08.Fly Right
09.Salt
-ボーナストラック-
Call Of The Beehive
Get Youth
Lucky Day

輸入盤:国内流通仕様
ボーナストラック(3曲)、帯、対訳付
702J-153 ¥2,160
Slovenly Recordings

タワーレコードオンライン
http://tower.jp/item/3854498/Fly-Right


DIRTY FENCES『Full Tramp』

DIRTY FENCES

何時代の人たちなんだろう?
USブルックリンで最も働き者のロックンローラーDIRTY FENCES!

RAMONESとTHE DICTATORSが初期KISSとモトリークルーに出会い、お色気ロンゲ挑発を武器に彼らのハードロックンロールを、おシャンに決め込んだ21世紀に向けて、この汗臭いセカンドアルバムを世界にお届けします。この若さあふれる激ハードロック探検隊は、初期KISSとMOTLEY CRUEに憑依され,幸運にもRAMONESとTHE DICTATORSを発見。探検に出たまま、後戻りできずにSLOVENLYよりセカンドアルバム”Full Tramp”を発売することになる両手いっぱいのシングルと、幾度かのアメリカ横断ツアーを乗っけて、DIRTY FENCESは自らブルックリンの発射台に乗りこんだ。

“Full Tramp”はとんでもない勇気の塊だ。どの曲も決して長い溜息をつかせるようなことはない、聴く価値のある作品だ。そしてこのレコードは君を汗まみれになるほど踊り狂わせて、君の袖なしGジャンを洗濯機に投げ込まなきゃならなくなるだろうね。(胸ポッケにつけてる缶バッジちゃんと外さないと、大切なバッジが錆びちゃうよ。)

DIRTY FENCES - New LP 『Full Tramp』 Release

DIRTY FENCES
『Full Tramp』
2015.05.20 Release

01.Deep In Your Heart
02.Judy (Don’t Go)
03.Give Me A Kiss
04.Just Can’t Wait
05.These Freaks
06.Heartbeater
07.Endless Party
08.High School Rip
09.Rain
10.Full Tramp
-ボーナストラック-
East Gun
Nut Bush
Say You
White Lies

輸入盤:国内流通仕様
ボーナストラック(4曲)、帯、対訳付
702J-162 ¥2,160
Slovenly Recordings

タワーレコードオンライン
http://tower.jp/item/3854691/Full-Tramp


DIRTY FENCES “Judy (Don’t Go)” (Offical Video)

http://m.youtube.com/watch?&v=H3a5cTeU_Ts
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。



Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND, Slovenly Recordings |