CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
EY∃(BOREDOMS)個展『”LAG-ED” EY∃ exhibition』2021年1月15日(金)~1月31日(日) at 心斎橋PARCO 10F Event Space / 2月5日(金)~2月15日(月) at 渋谷PARCO B1F GALLERY X
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

『Start It Up』2020年7月17日(金)at 渋谷 CONTACT

[2020/07/15]

『Start It Up』2020年7月17日(金)at 渋谷 CONTACT


UKガラージを通過した現行レイヴ

90年代イギリスで生まれたUKガラージや、UKレイヴのファクターを巻き込みながら各地のパーティを占拠する強靭なタレントが結集。

andrewが見せるUKファンキーやアフロビート、ブレイクスなど芳醇な音楽の交錯やFrankie $のスペシャリズム、UKレイヴやデトロイト・テクノを背景に持つSeimeiや、Carpainterらしいハード・ミニマル/トランスを含んだレイヴィーなサウンドもそのシーンの直系といえる。

Studio Xは色鮮やかにみせながら深みへもぐるカルト的な没入感が包む。

一方、Contactフロアでは、先日「Kiswahili EP」をリリースした〈Back To Chill〉のCITY1、〈TYO GQOM〉からDJ MORO、といった猛者にFELINE、Oyubi、Hayato Iwaki、piccoloと精鋭が連なる。

UKベース、ブレイクビーツ、トライバル、ダブ、レフトフィールドなど多国籍かつ多層的でフィジカルな音像が目まぐるしく展開される。

地下駐車場であったContactに失われた楽園を映すウェアハウスレイヴが開幕する。


『Start It Up』

【日程】
2020年7月17日(金)
OPEN 22:00

【出演】
-STUDIO X-
andrew (TREKKIE TRAX)
Frankie $ (N.O.S. | House Not House)
Seimei (TREKKIE TRAX)

-CONTACT-
CITY1 (Back To Chill | GourmetBeats)
DJ MORO
Oyubi
FELINE
Hayato Iwaki
piccolo

Carpainter (TREKKIE TRAX)
【料金】
UNDER 23 ¥ 1000
BEFORE 11PM ¥1000
GH S MEMBERS ¥2000
FACEBOOK DISCOUNT ¥2500 
DOOR ¥ 3000

【会場】
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |