CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
toto なのるなもない 山崎円城 Little Woody – コラボシングル『2048』リリース & MV公開
ソウル・フラワー・ユニオン – アナログ・コンピレーション『DANCE HITS』シリーズ5作の配信がスタート。
イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)- アナログ再発限定盤『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』Release
『西洋の木版画 500年の物語展』2020年9月26日(土)~11月23日(月・祝) at 町田市立国際版画美術館
DIRTY JOINT – New Album『DOPE CHIGASAKI』Release & MV公開

『Start It Up』2020年10月1日(木)at 渋谷 Contact

[2020/09/20]

『Start It Up』2020年10月1日(木)at 渋谷 Contact


多国籍ダンスミュージックが交錯する地下パーティ

行き場を失ったエネルギーとはみ出の感覚の発散の聖域 Start It Up。バイレファンキ、ダンスホール、トライバル、インダストリアル、テクノなど音楽的嗜好に強いかたよりをもつプロフェッショナルがその傾向をさらに加速させる。

NTS Radio、Rinse Franseなどへのポッドキャストの提供や、海外でのギグを重ねるWRACKが持つ野太いエレクトロニックと発想の解放や、テクノウルフやTYO GQOM、GQOMZILLAとしても知られるDJ MOROの危険水域を優に越えてくるゴム、毒々しいまでに鮮やかでハイなバイレファンキかけ子のダンスミュージック、さらにはsinrinの大きい・重い・硬いの3要素を骨子としたトライバル、インダストリアル・サウンドなどあまりにもヴィヴィッドかつエネルギーが充満した音楽の爆弾をそれぞれに抱えている。ガイドする〈TREKKIE TRAX〉の3アーティスト、深みと翳りを帯びたandrewのUKファンキーやブレイクス、Seimeiのテクノ/UKレイヴが持つ強い推進力や、Carpainterの支配的でトランシーなサウンドとの混合はあまりにも危険な化学反応を期待させる。

明瞭でカラフルな音像が渾然一体となった底黒いグルーヴが渦巻くダークナイトの幕開けだ。


『Start It Up』

【日程】
2020年10月1日(木)
OPEN 21:00

【出演】
WRACK
DJ MORO
バイレファンキかけ子
sinrin
Seimei (TREKKIE TRAX)
andrew (TREKKIE TRAX)
Carpainter (TREKKIE TRAX)

【料金】
UNDER 23 ¥ 1000
DOOR ¥ 2000 (1D)

【会場】
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com


WRACK

WRACK

WRACK (ラック)は東京を拠点に活動するDJ/プロデューサー。

DJとしてはNTS Radio、Rinse Franse、i-Dマガジン、Tankマガジンなどにミックスを提供しているほか、これまでにメキシコシティ、ソウル、北京、上海、杭州、成都、香港、寧波、大阪、京都、名古屋、郡山などでゲスト出演を果たした経験を持つ。

プロデューサーとしては〈NAAFI〉をはじめ〈Absurd TRAX〉、〈Cyber Sonic LA〉等の世界各地のレーベルのコンピレーションアルバムへの参加をはじめ、Wasted Fates、SHYQA、Anakta、AN System、KDZ、Kelvin T、Zeanなどへのリミックス提供や、Speak & LaoやT5UMUT5UMU、El Plvybxy、DJ Whey Protein、Ash B.、Gunhead、Sakura Tsuruta、パブリック娘。などとコラボレーションしている。

2019年夏、初のアジアのアーティストとしてメキシコの〈NAAFI〉よりEP「Despertar 醒」をリリースしたほか、2019年末には香港の〈Absurd TRAX〉よりミックステープ「10 Years」をリリースした。

さらに2020年7月北京の〈OUT OF FASHION BOYS〉よりEP「Ham」、8月にはアルゼンチンの〈HiedraH Club de Baile〉より〈Desdel Barro&Aggromance〉とのコラボレーションEP「Travesía」をリリースした。

そして自身が主宰するクラブイベントCHEMICAL MONSTERSでは、過去に日本国外より〈NAAFI〉のImaabs、Lao、Zutzut、Fausto Bahia、Mexican Jihad、〈STAYCORE〉のDinamarca、Mechatok、Intruder AlertのB.YHZZ、KRYなどを招致し、コアなファンから注目を集めている。

現在WRACKは、今年計画されていた自身のメキシコツアーや中国ツアーがコロナウイルスの影響によりキャンセルになってしまったものの、Internet Public Radioでマンスリーラジオ番組をスタートするなで精力的に活動を展開しているので今後もお見逃しなく。


DJ MORO

DJ MORO

横浜在住。
即興型LIVEテクノユニット、テクノウルフや南アフリカ発のGQOMを中心としたパーティーTYO GQOMの一員として活動中。
またKΣITOとのユニットGQOMZILLAとして〈BLACK SMOKER RECORDS〉から1st ミックスCD「Okusha」をリリースした。


バイレファンキかけ子

バイレファンキかけ子

DJののののバイレファンキにフォーカスした別名義。2019年春からブラジルのダンスミュージック、ファンキを日本に広めるための活動をDJ/トラックメイク/パーティーなどを通して行なっている。今年7月にはvalknee、PAKIN、田島ハルコ、AWAZARUKAS、BrunoUesugiが参加した初のEP、「TóquioBug」をデジタルリリースした。


sinrin

sinrin

主なジャンルは四つ打ち、取り分けトライバル、インダストリアル、ハウスがメインジャンルである。Sound Museum VisionやWarp Shinjuku、渋谷Womb、Circus Tokyoなどの都内を代表するパーティでプレイする傍ら、高円寺のyakusyuでは激安古着屋たんぽぽハウスで購入した衣服を身にまといハウスをプレイするイベントのレジデントDJ兼プロモーターでもある。現在はクラブミュージックの”大きい・重い・硬い”の3つ要素にスポットライトを当てたfundamentalというパーティを主催している。


Seimei (TREKKIE TRAX)

Seimei (TREKKIE TRAX)

若手アーティストのリリースを目的としたインターネットレーベル〈TREKKIE TRAX〉主宰の一人。主にテクノ、ハウス、ディスコなどの四つ打ちや、ヒップホップ、トラップ、ヒューチャーベース、ジュークなどを中心にプレイする。

Seimei & TaimeiやTREKKIE TRAX CREW、そしてソロとして、都内だけでなく大阪・名古屋・札幌など全国各地のクラブ、大箱小箱問わず様々な現場をこなす。一方で〈TREKKIE TRAX〉によるレーベルナイトのオーガナイズや、Toyota Rock Festival、Outlook Festival等のフェスへの出演など多岐に渡って活躍中。それらの活動は、渋谷2.5DやBlock fm、雑誌Groove、MTV等の数多くのメディアで取り上げられた。

2013年12月からは、弟Taimei aka Carpainter、そして盟友andrew (Eiji Ando)と共にパーソナリティーを務める『Rewind!!!』が日本最大のダンスミュージック専門インターネットラジオ局Block fmにてスタート。

2014年1月からはアメリカ、サンフランシスコに移住し、サンフランシスコのみならずシアトルやロサンゼルスなどでもDJとしてプレイ。これまでにDJ Paypal、DJ Earl、Addison Groove、DJ Sliink、Machinedrum、Wave Racer、Basenji、Promnite、Lido、Brasstracks、Purity Ringなどと共演。さらにロンドンを拠点とするPC Music初の北米ツアーでは、Sophie、A.G.Cook、QTなどのサポートを行う。

翌2015年には〈TREKKIE TRAX〉の一員として、ロンドンのラジオ局Rinse FMでHudson MohawkeやBaauerなどを輩出したLuckyMeが持つ番組や、Nina Las Vegasがオーストラリアの国営放送局、triple J内で持つ番組に日本人初のゲストDJとして参加するなど国際的な活躍を見せた。

また、地元サンフランシスコでは、Giraffage、Blackbird Blackbird、Grimecraft、AViDDなどの盟友と共に、オリジナル楽曲やリミックス制作を行い、自身のオリジナル楽曲が、同上のLucky Me主宰のラジオショーなどでプレイされ、更にそのトラックがフランスのBig Dope Pが主宰するMovel Traxxのコンピレーションに収録されるなど、レーベル運営の傍ら、トラックメーカーとしても活動中。


andrew (TREKKIE TRAX)

andrew (TREKKIE TRAX)

東京を拠点に活動するプロデューサー/DJ。

ヒップホップやR&B、ディスコやファンクを聴き漁った幼少期を経て、高校時代にMPC1000を購入。楽曲制作を始める。卒業と同時にクラブでのDJプレイも開始し、同時期に発足したレーベル〈TREKKIE TRAX〉では現在も主宰の一人を務めている。

レーベル運営をするかたわらULTRA JAPAN Festival 2015といったビッグフェスへの出演も果たし、B2BユニットTREKKIE TRAX CREWのコアメンバーとしては日本各地やアメリカ、台湾へのツアーも敢行。現在は毎週末東京のパーティの第一線で活動しながらも、自身のルーツと今のムードに向き合うべく2014年には毎月第二木曜日にバー&サウンドスペース新宿ドゥースラーにてレギュラーパーティANDREWラウンジをスタート。温故知新を常に掲げた真摯なプレイスタイルはローカルなクラブからも高い信頼を獲得している。

楽曲制作の分野で頭角を表したのはFinlandの老舗レーベル〈Top Billin〉のコンピレーションへの参加がきっかけであった。2014年にリリースされた「Funky Beatz」はSkrillexの主催するレーベル〈OWSLA〉の傘下メディアNEST HQにレビューが掲載。翌年リリースされた「Gear Up」はダブステップやジュークの世界的な認知に深く貢献したレーベル〈Hyperdub〉のラジオショーや、英国の国営放送局BBC Radio1でもプレイされ、国内外問わず通用する楽曲であることを証明してみせた。

もちろん国内アーティストからのラブコールも熱くPart2Style、80KIDZ、Nature Danger Gang、Carpainter、4s4ki、Peavisにはオフィシャルリミックスを提供。また2018年にはヒップホップユニットTENG GANG STARRのバックDJを担当し、現在は後にソロデビューしたラッパー、なかむらみなみのトータルサウンドプロデュースも手がけている。

またその活動はラジオパーソナリティにまで広がり、日本最大のダンスミュージック専門インターネットラジオ局Block.fmにてTREKKIE TRAXのSeimei & Taimeiと共に番組『Rewind!!!』を2013年末よりスタート(2018年よりTREKKIE TRAX RADIOに改名)。今や日本のクラブミュージックシーンのキーパーソンとも言える存在である。


Carpainter (TREKKIE TRAX)

Carpainter (TREKKIE TRAX)

横浜在住のTaimei​ ​Kawaiによるソロプロジェクト。ベースミュージック/テクノミュージックといったクラブサウンドを軸に制作した個性的な楽曲は国内外問わず高い評価を得ており、これまで自身の主宰するレーベル〈TREKKIE​ ​TRAX〉や〈Maltine​ ​Records〉よりEPをデジタルリリース、2015年にはレコード形態でのEPやCDアルバムをリリースするなど、積極的な制作活動を行っている。

また、Porter Robinson、tofubeats、初音ミク、東京女子流、カプコンといったメジャーアーティストにリミックス提供など行っているほか、人気マンガ家・浅野いにおがキャラクターデザインを務めた映像作品『White​ ​Fantasy』では全編において楽曲を提供。

2016年には仮面ライダーエグゼイドの主題歌である、三浦大知「EXCITE」の作曲/編曲を共同で手掛け、同楽曲はオリコンシングルチャート1位を記録した。

その勢いは国内だけにとどまらず、フィンランドの〈Top​ ​Billin〉やイギリスの〈L2S Recordings〉〈Heka​ ​Trax〉〈Activia​ ​Benz〉などからもリリースを行ない、イギリスの国営ラジオ局BBC​ ​Radio1やRinse.FM、Sub​ ​FMでも楽曲が日夜プレイされている。また中国や韓国、アメリカでのDJツアーも敢行した。2016年からは自身の楽曲により構成されたライヴセットもスタートし、ライヴ配信サイトBoiler Room​​での出演を果たしている。

ほかにも、m-floの☆Taku​ ​Takahashiが主宰する日本最大のダンスミュージック専門インターネットラジオ局block.fmでは、レーベルメイトとベースミュージックを中心としたプログラム『REWIND!!!』のパーソナリティも担当するなど幅広く活動している。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |