CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

書籍『たぶん一生使わない? 異国のことわざ111 』著者:時田昌瑞/2021年7月10日(土)発売。

[2021/06/15]

書籍『たぶん一生使わない? 異国のことわざ111 』著者:時田昌瑞/2021年7月10日(土)発売。


「マングース殺して後悔」「酒のお礼に水」書籍『たぶん一生使わない? 異国のことわざ111』2021年7月10日(土)発売。ことわざの数だけ世界がある!一見シュールで、 じつは奥深い。 “日本では絶対通じない”ことわざ集。

「マングース殺して後悔」(ネパール)
「酒のお礼に水」(チベット)
「苦労はお前の、金なら俺の」(モンゴル)
「金を出せば王様の口ひげの上で太鼓が叩ける」(イラン)
「ロバをしっかり繋げ、後はアッラーに任せよ」(トルコ)
「自分の糞は臭わず」(サーミ人)
「ウオトカよ、こんにちは、理性よ、さようなら」(ジョージア)
「優れたホメロスも居眠りをする」(古代ローマ他)
「大きなジャガイモを集めるのが最高」(アイルランド)
「両方からくる肉の匂いがハイエナの足を折る」(ケニア・キクユ族)

……などなど、ユニークな世界のことわざをイラストとともにご紹介します!
「ことわざ」から世界の広さを堪能できる1冊。
日本では通じないけれど、あなたも使ってみたくなるかも?
全国の全国の書店およびECサイトで予約受付中です!


書籍『たぶん一生使わない? 異国のことわざ111 』

著者:時田 昌瑞
イラスト:伊藤 ハムスター
出版社:イースト・プレス (2021/7/10)
発売日:2021/7/10
新書:92ページ
販売ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4781680739


時田昌瑞 (ときた・まさみず)

1945年生まれ。 早稲田大学文学部卒業。 日本ことわざ文化学会副会長。 ことわざのほか、 いろはカルタ研究の第一人者。
『岩波ことわざ辞典』(岩波書店)、 『図説ことわざ事典』(東京書籍)、 『ことわざのタマゴ ―当世コトワザ読本―』(朝倉書店)、 『辞書から消えたことわざ』(KADOKAWA)など著書多数。 『世界ことわざ比較辞典』(岩波書店)では監修を務める。


伊藤ハムスター

2008年多摩美術大学油絵科卒。
デザイン会社勤務後、 フリーのイラストレーターとして活動中。


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |