CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

大林武司 – ソロピアノアルバム『Visions In Silence』Release

[2020/12/25]

大林武司 - ソロピアノアルバム『Visions In Silence』Release


NY を拠点に国際的な活躍、国内では歌姫 MISIA のサポートとしても知られるジャズ・ピアニスト大林武司の最新アルバムが完成! ~沈黙の中にこそ聞こえる音がある~ “癒しと祈り”がテーマの、オリジナル作品中心のソロピアノアルバム

【本人メッセージ】
「Visions In Silence」というタイトルは、今まで当たり前だった物事が無くなった”凪の状態の中だからこその発見や展望”という意味が込められています。

コロナ禍により生まれた時間を利用して、数年前から興味を持っていた内観修行というものを行い、七日間寝食の時間以外は静寂に身を置き過去を回想反省しつづけました。

修行中に感謝と報恩の気持ちが強く芽生える中で、Save Your Heart, Visions In Silence といった曲が静寂から聴こえてきて、修行後はこの二曲を軸として祈りの精神性を持ったソロピアノアルバムを製作する事
を決意しました。

録音時には上記の曲に加え Retrospect, Vlues, Tide Of Tears, Epilogue を録音時に即興作曲し、2010年作曲の未発表曲 Laguna、以前コンボで録音した自作曲である After The Rain, Meditation, Heart Sutra
をソロピアノ版として今回新たに録音、アルバムコンセプトに沿うジャズスタンダード Yesterdays も収録しました。

本作品が聴いて下さった皆様の日々の生活に寄り添い、心の安息地となればとの思いです。


大林武司
『Visions In Silence』
2021.01.08 Release

01. Save Your Heart
02. Retrospect
03. Laguna
04. Vlues
05. Yesterdays
06. Visions In Silence
07. After The Rain
08. Tide Of Tears
09. Meditation
10. Heart Sutra
11. Epilogue

All songs except track 5 composed by Takeshi Ohbayashi
Track 5 composed by Jerome Kern
Recorded at Mihara Performing Arts Center POPOLO

レーベル:Takeshi Ohbayashi Music
フォーマット:CD
価格:3,000 円(税抜)

全国47都道府県ツアー2021 “470 songs, 1 journey” 各会場で販売

【アルバム&ツアー特設 HP】
http://www.rocks-inc.com/ohbayashi.html


Takeshi Ohbayashi『Save Your Heart』MUSIC VIDEO


ツアー情報

大林武司 都道府県ツアー2021 "470 songs, 1 journey"


大林武司 都道府県ツアー2021 “470 songs, 1 journey”

ニューヨークを拠点に国内外のトップアーティストと世界中を飛び回りコンサートや楽曲制作を精力的に行ってきた大林武司が、渡米して以来異例の長期の日本滞在となった今、自身初の47都道府県ソロライブツアーを行う事が決定した。

国交が閉ざされた昨今の状況下でも継続して国際規模での音楽活動を行うべく、日本から世界へジャズを発信する”Visions In Silcence”プロジェクトを立ち上げ、全国各地でジャズの灯火を守り続けているジャズクラブ やコミュニティに足を運び生演奏を届ける。ツアー中は北海道沖縄以外を全て Door To Door の車移動で訪れるなどの感染対策を徹底しながら、全国各地に存在する歴史あるジャズクラブやジャズコミュニティをビデオ撮影し、英字幕を付けたツアー道中の映像をシリーズ化して Youtube 番組化。世界に誇れる日本の風景や文化、全国に根付くジャズコミュニティを紹介しながら日本一周の旅をリモートで楽しめるウェブコンテンツを全世界に向けて発信する。渡米後プロのキャリアを積んでいく中で習得したジャズの名曲を、1 公演につき 10 曲、合計470 曲演奏することから、ツアータイトルには”470 songs, 1 journey”と名付けられた。長期に渡るツアー中演目を一切繰り返さない開催形式は音楽業界全体を見ても異例で、毎日全く異なるプログラムをソロピアノとジャズの特性を生かし即興でアレンジをして演奏しながら、47都道府県をわずか52日間で駆け抜ける前代未聞のジャパンツアーを繰り広げる。

本人メッセージ:いまだからこそ 470 songs, 1 journey にかける想い

先の見えない未曾有の事態の中に生きている今こそ、音楽を通じて心の平穏を保ち前向きに生きていく大切さを強く感じます。

“470 songs, 1 journey”ツアーでは、ピアノの持つ豊かな音色で奏でる多様性と生命力に溢れるジャズの生演奏を全国に届けながら、ジャズそして日本の持つ魅力を動画コンテンツ化して世界に発信していきます。

一曲につきチャンスは一度きり、一筆書きルートで日本一周をする事は容易ではありませんが、このツアーを支援して下さっている全国各地の皆様への感謝の気持ちを胸に、各公演各楽曲との一期一会を音に乗せて
皆様へ束の間の癒しとワクワクをお届けします。

向かい風の中でのジャズお遍路の中から、果たしてどの様な物語が生まれるのでしょうか!?是非お近くの会場に足をお運び頂けたら幸いです!

大林武司 都道府県ツアー2021 "470 songs, 1 journey"


大林武司

大林武司


ニューヨークを拠点に国際的に活躍するジャズピアニスト、キーボーディスト、作編曲家。
2007 年に渡米しバークリー音楽院に入学。翌年師事していたグラミー賞受賞ドラマーTerri Lyne Carrington のバンドに加入し、プロ活動を始める。その後オーディションを経てジャズ音楽家育成コース Berklee Global Jazz Institute 第一期生に選抜され、世界各地のジャズフェスティバルに出演する傍ら現地ミュージシャンへのマスタークラスを行う。

卒業と同時に拠点をニューヨークに移し、Blue Note, Jazz at Lincoln Center, Smoke, Small’s, Jazz Standard, Birdland 等の NYC 主要ジャズクラブに数多く出演しながら、Takuya Kuroda, Jose James,MISIA, Terri Lyne Carrington 等の様々なバンドのツアーに参加し、これまでに約 30 カ国に上る世界各国のジャズフェスティバル、ジャズクラブにて演奏している。2016 年にはジャズピアノの世界大会 Jacksonville Jazz Piano Competition において日本人として初の優勝を果たす。

演奏活動と並行して、Jazz at Lincoln Center や JazzReach によるジャズ教育普及活動にも積極的に参加し、世界各地で後進の育成やジャズ普及活動にも力を注いでいる。

日本においても東京ジャズやビルボードライブなどの著名な会場にて数多くの来日公演を行なっている。近年はジャズシーンのみに止まらず、ソリストとして広島交響楽団とガーシュインピアノ協奏曲ヘ長調を母校 広島音楽高校定期演奏会にて客演、作曲家として福山市政 100 周年記念委託作品として吹奏楽曲と琴を加えたジャズビッグバンド曲を作曲提供、NYC 在住若手ジャズミュージシャンで結成したバンド J-Squad に参加し、テレビ朝日報道ステーションの現テーマソングを作曲演奏する等その活動は多岐に渡る。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, MOVIE, RECOMMEND |