CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


奥田民生 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

奥田民生 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


奥田民生
2013年7月27日(土) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

奥田民生 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

13年ぶりに奥田民生(Vo/Gt)がフジロックに戻ってきた。
バンドメンバーは小原礼(Bs/Cho)、斎藤有太(Key/Cho)、湊雅史(Ds)という長年ツアーを共にしてきたお馴染みMTR&Y。

ステージ袖から並んで行進というコミカルな入場からホイッスルを吹く音でライブはスタート。若干、二日酔いなんじゃないかという疑惑を漂わせながらどこまでが予定調和でどこまでがノリでやっているのか解らない気だるさと余裕を滲ませつつ、 ”哀愁の金曜日”、”スルドクサイナラ”、”フロンティアのパイオニア”とマイペースに進んでいく。

ギターアンプの上には水と一緒ににサッポロの缶ビールなんか置いてあったりして彼らしいなぁ~なんて一瞬思ったけど、よくよく考えたら、これはその~、あの、あれか、宣伝か(笑)なんてね。
演奏とは全く関係ないけど、こういった部分もゆるいようできっちりしている彼の人柄なんだろうなぁ~・・・。なんて思わず考えてしまった。

途中のMCでは、「フジロックはだいぶ昔に出まして、13年ぶりですか。久しぶりにやって参りました。 その間にだいぶよぼってしまいましたが、またひとつ宜しくお願いします」
さらに「でもまだ先は長いんで頑張ってください」とお客さんを気遣いつつも、ふわふわした民生節を炸裂させていた。

ライブの方は、パフィーにプレゼントしたことでも知られる”マイカントリーロード”を4曲目に持ってきましたが、この辺りから空模様が怪しくなってくるのです。自他共に認める晴れ男、奥田民生!!!
のはずだったのですが、”海の中へ”演奏中に今回のフジロック最大級の大豪雨に見舞われてしまいました。 本人もMCで言ってましたが、民生さんがこういった野外ライブで雨に降られるのは本当に珍しいことなのです・・・。
恐るべしフジロック。しかも最強の豪雨・・・(苦笑)

それでもライブは変わらぬスタンスで進めていく。動揺することも臆することも力むこともない。終盤には”悩んで学んで”や”さすらい”といったシングルとしてリリースされているクラシックナンバーも披露。これはさすがの盛り上がりをみせ、ラストは”御免ライダー”で締めくくった。

奥田民生 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

わりとコアなファンは大満足、ライトユーザーには若干の物足りなさを残すセットリストだったのかな。でもまあ、演れば絶対盛り上がる曲をあえて外してくるあたりも彼らしいじゃないかと思いながらもやっぱりあの曲も聴きたかったなんて思っている方はすでに彼の世界に惹きこまれているのかもしれない。

時代と共に変化していく器用さよりも古びることのないイメージと共に人々の記憶に残り続ける。圧倒的知名度と人気を得てもナチュラルさとロマンティズムを失わないところが奥田民生の最大の魅力の1つではないだろうか。

余談ですがライブ終了後はオアシスエリアのラジオブースに登場し、「雨が降って良かったです。わりと晴れ男なのですがさすがに山は無理、年だから無理(笑)」と会場の笑いを誘い、名曲”野ばら”をアコースティックギター1本で奏で、鳴り止まぬサンダーという自然を感じつつ歌声を響かせていた。



text by KISHIMOTO
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |