CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
THA BLUE HERB ワンマンライブ『YEAR END LIVE : FUCKIN’ 2020』2020年12月29日(火)at 恵比寿LIQUIDROOM
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
MR.BRAINWASH EXHIBITION『LIFE IS BEAUTIFUL』2020年11月20日(金)~12月6日(日) at SPACE14(心斎橋パルコ 14F)

文庫本『手塚治虫の山』2020年6月18日発売

[2020/06/21]

文庫本『手塚治虫の山』2020年6月18日発売


手塚治虫が山・自然・動物をテーマに描いた作品10編を収録した漫画アンソロジー『手塚治虫の山』発売

国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開する株式会社 山と溪谷社は、2020年6月18日に文庫本『手塚治虫の山』を刊行しました。

山と溪谷社の商品としては初となる、手塚治虫が山・動物・自然をテーマに描いた漫画アンソロジーです。 山と手塚治虫。 一見結びつかない感じですが、じつは手塚氏は、山・自然・動物を舞台とした漫画を数多く残しています。 今回収録している10編の漫画は、1959年~80年に発表されたもので、それぞれの作品に共通するのは、「生命」の尊さ。 人間はもとより、山も動物も、万物すべてを「生命」ととらえる、手塚氏の強い思想が全編を通して伝わってきます。 時代を超えて、「いかに生きるか」という普遍的なメッセージを、この10編の作品から感じ取っていただければと思います。


『手塚治虫の山』

【著者】
手塚治虫

【収録作品】
「魔の山」  
1972年8月6日『週刊少年サンデー』(小学館)掲載

「山楝蛇」  
1972年9月4日『漫画サンデー』増刊号(実業之日本社)掲載

「山の彼方の空紅く」
1982年5月『ジャストコミック』(光文社)掲載

「モモンガのムサ」
1971年11月22日『週刊少年ジャンプ』(集英社)

「モンモン山が泣いてるよ」
1979年1月『月刊少年ジャンプ』(集英社)掲載

「ブラック・ジャック -昭和新山-」
1976年11月15日『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)

「雪野郎」
1969年12月3日『少年チャンピオン』(秋田書店) 「ザ・クレーター」第9話として掲載

「落盤」
1959年9月15日『X』第3号(鈴木出版)掲載

「山太郎かえる」
1980年1月『月刊少年ジャンプ』(集英社)掲載

「火の山」
1979年4月20日『ビッグゴールド』No.2(小学館)掲載

【定価】
1000円+税

【発売日】
2020年6月18日

【仕様】
文庫版・本文400ページ

【発売元】
株式会社山と溪谷社

【URL】
http://www.yamakei.co.jp/products/2820048820.html


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |