CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


The Black Keys – New album 『TURN BLUE』 Release

The Black Keys - New album 『TURN BLUE』 Release

グラミー賞(R)受賞アーティスト、ザ・ブラック・キーズによる通算8作目全世界待望の最新アルバム『ターン・ブルー』

ロックの持つ衝動的な荒々しさと、緻密に計算された繊細さすら感じさせるサウンドで、全米を中心に圧倒的な支持を得る、ダン・オーバックとパトリック・カーニーからなる2人組、ザ・ブラック・キーズ。前々作『ブラザーズ』、前作『エル・カミーノ』と、ともに全米でプラチナム・ディスクを獲得、グラミー賞でも3部門を受賞するという記録を打ち立てた、時代を揺さぶるロック・アクトである彼らが、通算8作目となる最新作『ターン・ブルー』を発表することが明らかになった。

今作は、もはやザ・ブラック・キーズの3人目のメンバーとも言える、デンジャー・マウスとダン・オーバック、パトリック・カーニーとの共同プロデュースによって制作されており、ファースト・シングル曲「フィーヴァー」を含む全11曲を収録。このシングル曲は、バンドのオフィシャル・サイトやオフィシャルYouTubeチャンネル他で公開となり、同時にiTunes Storeでのシングル配信、及びアルバムの予約注文(プレオーダー)もスタートしている。今このニュー・アルバムをiTunes Storeで予約注文
すると、このシングル曲「フィーヴァー」がその場でダウンロードでき、入手可能となっている。

■iTunes Storeアルバム予約注文:
https://itunes.apple.com/jp/album/id841098321


The Black Keys – Fever [Official Audio]

http://m.youtube.com/watch?&v=iZZUY32iCzU
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


ザ・ブラック・キーズは5月16日にアラバマ州で行われるハングアウト・フェスティヴァルのヘッドライン・アクトとして出演、その後ヨーロッパのフェスティヴァル・ツアーを行うことが決定している。

『ターン・ブルー』は2013年の夏、ハリウッドにあるサンセット・スタジオにてレコーディングされており、2014年初頭に、ミシガン州ベントン・ハーバーにあるキー・クラブと、ダン・オーバックが所有する、ナッシュヴィルにあるイージー・アイ・サウンドにて追加レコーディングが行われた。この最新作に関して、バンドは下記5つがキーワードだとしている。

A: 窒息(suffocation)
B: 悲しみ(sadness)
C: 極寒からくる麻痺(numbness from extreme cold)
D: ゴーラルディという名前の、60年代クリーヴランドで放送されていた深夜番組のホスト
(a Cleveland late night TV host from the 1960’s named Ghoulardi)
E: 上記4つの全て(all of the above)

これに加え、パトリック・カーニーはこうコメントを残している。
「アルバムを作るとき、俺達はいつも極限まで自分達を追い込むようにしている。ただ単に今まで発表してきたサウンドを繰り返すことなく、かといって今までのサウンドと決別するようなことはないように気を付けているんだ。このアルバムでは、俺達は楽曲が呼吸をし、ムードやテクスチャー、サウンドといった要素を探求するように作っていった。世界がこの『ターン・ブルー』を聴くその日を楽しみにしているよ」

この最新作『ターン・ブルー』はデュオにとって通算8作目となるフル・レングス・アルバムであり、RIAAからプラチナムに認定された、批評的/商業的に大成功を収めた2011年作品の前作『エル・カミーノ』に続く作品となる。世界的に見ても、前作『エル・カミーノ』はベルギー、スペイン、イタリア、そしてオランダでゴールド・ディスクを獲得し、アイルランド、フランス、イギリスではプラチナムを、そしてオーストラリア、カナダ、ニュージーランドではダブル・プラチナムを獲得、第55回グラミー賞(R)でも、「ベスト・ロック・パフォーマンス」部門、「ベスト・ロック・ソング」部門、そして「ベスト・ロック・アルバム」の3部門を受賞し、世界的ブレイクのきっかけとなった前々作『ブラザーズ』(2010年作品)を含め、現在までに6度のグラミー賞(R)を受賞という記録を打ち立てている。


The Black Keys - New album 『TURN BLUE』 Release

The The Black Keys
『TURN BLUE (ターン・ブルー)』
2014/05/21(国内盤)/2014/05/12(海外盤)Release

01. Weight of Love / ウェイト・オブ・ラヴ
02. In Time / イン・タイム
03. Turn Blue / ターン・ブルー
04. Fever / フィーヴァー
05. Year in Review / イヤー・イン・レヴュー
06. Bullet in the Brain / ブレット・イン・ザ・ブレイン
07. It’s Up to You Now / イッツ・アップ・トゥ・ユー・ナウ
08. Waiting on Words / ウェイティング・オン・ワーズ
09. 10 Lovers / 10ラヴァーズ
10. In Our Prime / イン・アワ・プライム
11. Gotta Get Away / ガッタ・ゲット・アウェイ

国内盤:WPCR-15735 / ¥2,457 (tax out)

The Black Keys OFFICIAL SITE
http://www.theblackkeys.com


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND, The Black Keys |