CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


THE CHEMICAL BROTHERS@FUJI ROCK FESTIVAL ’11 LIVE REPORT

THE CHEMICAL BROTHERS@FUJI ROCK FESTIVAL ’11THE CHEMICAL BROTHERS@FUJI ROCK FESTIVAL ’11

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

THE CHEMICAL BROTHERS@FUJI ROCK FESTIVAL ’11

THE CHEMICAL BROTHERS
2011年7月31日(日) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’11

フジロックフェスティバル三日間分の足跡がしっかりと踏み刻まれたグリーンステージで最後のトリを飾った”THE CHEMICAL BROTHERS”!この三日間果たして何人の人達がこの土地を踏みしめ、踊り騒ぎ跳ね回ったのだろうか?雨降って地固まる。まさしく、みんなで踏み歩き踊ったこの地面。来年にまたみんなが戻って来てこの地を踏めますように…そんな事を想っている間に怪しげな声で繰り返される

surrender to the void
surrender to the void
surrender to the void…

何も考えずに、虚空に身を任せる…

が聞こえてきた。お経の様に繰り返されるフレーズと幻想的なライトとスモーク。ステージはただ蒼暗く、その場にいたオーディエンスほぼ全員が一瞬たりとも見逃したくない思いで固唾を飲みステージを見つめる。そのステージにゆっくりと現れたTomとEd。ようこそ別世界へ。一曲目”Another World”。

幾つにも重ねられた緑の輪が上から降りてきて二人を包み込み何度も点滅。この幻想的な光景にオーディエンスはゆっくりと体を動かし始め、手を上げて叫び天を仰ぐ。どうやら本当に非現実的な別世界へ来てしまったようだ。2曲目の”Do It Again”辺りから、ステージ目一杯に代わる代わる映し出されているVJの映像に引き寄せられるかのように体を動かし踊る。下が泥だらけで踊り難くてももはや関係ない。

途中、霧の様な雨が降り出し、それが更にステージからの光で幻想的に映し出される中、昨年発売した新曲”Swoon”の繰り返される音に一瞬我を失い、”Star Guitar””Hey Boy Hey Girl”と往年の名曲で踊り続け、途中少し疲れたらVJの映像を楽しみまた好きな曲で踊る。ここは別世界。途中疲れたら休んでいたっていい。この空間と音と光と映像に包まれている事が心地よいのだ。そんな幻想世界を創り出すこの二人はやはり天才。音の奥深くにある真の音を知りつくし、人が求め感じる心地良さや躍動心を見事にくすぐる。

最後には名曲”Block Rockin’ Beats”をプレイし、十年以上も前に創り出された名曲は、打ち込みだろうと決して褪せる事無く生き続ける事を証明した。

音と光の幻想的なステージ。
確実に時代の最先端を行くこの2人に拍手と賞賛と敬意の気持ちを送りたい!
ありがとう!

text by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |