CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


ニュージーランドの5人組インディーロックバンドThe Eversonsの初来日が決定!

The Eversons  Japan Tour 2015

ニュージーランドの5人組インディーロックバンドThe Eversons、初来日決定。

ニュージーランド、ウェリントンで活動するのインディ・ロックバンド、The Eversons(ジ・エヴァーソンズ)の初来日公演が決定した。大阪のパワーポップ・バンド、ナードマグネットが現在行っているシングル『Mixtape』のツアーファイナルに出演する他、宇都宮・浜松・名古屋・東京など全7箇所でライブを行う。

The Eversonsのデビュー・アルバム『Summer Feeling』はニュージーランドの大手レーベルLil ChiefよりリリースされThe Beach Boysを連想させる夏らしいハーモニーとコーラスに、Pavementの珍妙さとファズギターをミックスした傑作だと評判に。

ツアーで訪れたFranz FerdinandのAlexも早々にThe Eversonsのファンであることを表明するなど本国のインディ・ミュージックファンを虜にしていた。

完成間近の2ndアルバムの制作と大手レーベルへの移籍を前提としたロンドン移住の準備で忙しくしていたが、そこはかねてから代表曲「Creepy」に日本語詞をつけて歌ってみたりと日本が憧れの地であることを公言する彼ら。二つ返事で来日を決めたという。

ツアー日程は下記の通り。まだまだ公開されていない情報も多いので各バンドのオフィシャルサイトやSNSをチェックしておこう。

The Eversons Japan Tour 2015

2015年7月15日(水曜日)@宇都宮HELLO DOLLY
The Everson Japan Tour 2015
OPEN/START: 18:30/19:00
ADV/DOOR: ¥2,300(D代別)/ ¥2,800(D代別)
[act] The Eversons, said, LEAVES NO ASH
(問) 宇都宮HELLO DOLLY 028-635-7182

2015年7月16日(木曜日)@浜松 KIRCHHERR
sone records presents NEW POP#25
The Eversons Japan Tour in Hamamatsu
OPEN/START: 18:30/19:00
ADV/DOOR: ¥2,500(D代別)/ ¥3,000(D代別)
[act] The Eversons
and more…
(問) sone records 053-453-8852

2015年7月17日(金曜日)@ 名古屋Studio246 NAGOYA
THISTIME & ONEBYONE presents
『The Eversons Japan Tour 2015』
OPEN/START: 18:30/19:00
ADV/DOOR: ¥2,500(D代別)/ ¥3,000(D代別)
[act] The Eversons / HOSHINOKU’S / HUSH / the skateboard kids
(問) shibayama@one-by-one-records.com

2015年7月18日(土曜日)@大阪・心斎橋PANGEA
ナードマグネット「Mixtape」 Release Tour Final 大阪編
〜パワーポップ大阪代表が外タレ呼んじゃったし、
ちょっとマジでみんな、そこんとこお願いだ、この野郎!!〜
OPEN/START: 17:30/18:00
ADV/DOOR: ¥2,300/¥2,800(D代別)
※学割あり(高校生、大学生)[当日受付にて学生 証提示で¥500キャッシュバック]
[act] ナードマグネット / The Eversons / LADY FLASH / AFRICA
ぴあ(267-101),ローソン(54010)
e+ http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002159441P0050001P006001P0030001
(問) 大阪・心斎橋PANGEA 06-4708-0061

2015年7月19日(日曜日)@新宿Nine Spices
The Eversons Japan Tour 2015
OPEN/START: 18:00/18:30
ADV/DOOR: ¥3,000(D代別)/ ¥3,500(D代別)
[act] The Eversons、ナードマグネット
ぴあ(268-790),ローソン(75251)
e+ http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002161092P0050001P006001P0030001
(問) 新宿Nine Spices 03-3205-1439

2015年7月20日(月曜日・祝日)@アンスティチュ・フランセ東京(旧東京日仏学院)“ELEKIBASS TOKYOTOWN LIVE 2015″
OPEN/START: 14:30/15:00
ADV/DOOR: ¥3,000(D代別)/ ¥3,500(D代別)
[act] ELEKIBASS / 南国ペヤング / Special Favorite Music / 空中カメラ / ザ・なつ
やすみバンド / The Eversons / OA:LOS ADIOS GOMEZ
[dj] Kawanishi / KOUHEI’king’NOZAKI
e+ http://goo.gl/0WwiWg
(問) info@waikikirecord.com


The Eversons

ニュージーランド、ウェリントン出身のナードな幼なじみによって結成されたローファイ・インディー・ロックバンド。
ボーカル、Mark Turnerが泣きメロとパンチを求めてスタートさせたこのプロジェクトはバンドとしてみるみる成長し、ノンサポート&セルフ・レコーディングの末デビューEPを完成。これがなんとニュージーランド全国紙Sunday Star Timesに絶賛されるというミラクルを達成。

「── the Beach BoysがPavement出会ったようだ」
「 ── ハイパーに楽しいインディーロックだ、聴いた事がない!」
とブロガーたちも続いた。

ニュージーランドの大手インディーレーベルLil Chief Recordsよりリリースされたデビュー・アルバム『Summer Feeling】はThe Beach Boysを連想させる夏らしいハーモニーとコーラスに、Pavementの珍妙さとファズギターをミックスするという彼らの勝利の方程式にのっとった傑作と大評判になり「90年代から飛び出してきたかのようなダークなグランジギターにキャッチーな歌をのせてブレイクしたCloud Nothingを<陰>とするならば、彼らの楽曲は<陽>だ!」などと謳われた。ツアーで訪れたFranz FerdinandのAlexも早々にThe Eversonsのファンであることを表明している。

2015年7月レコーディングと大手レーベルへの移籍を前提としたロンドン移住の準備中に、かねてから日本語詞で歌うなど超憧れの地である日本へのツアー話が舞い込む。同じくナードなロッカーとしては人気急上昇する大阪のナードマグネットによって招聘、全国ツアーを行うことが決定した。


The Eversons – Could It Ever Get Better?

http://m.youtube.com/watch?&v=FpUaPcJ4KEE
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


The Eversons – Marriage

http://m.youtube.com/watch?&v=EJYLSGHll_I
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


The Eversons – Creepy

http://m.youtube.com/watch?&v=ve9z1COgE6U
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


The Eversons – Creepy (Japanese Version)

http://m.youtube.com/watch?&v=i7CtTqyaeoA
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。



Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |