CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

THE PALACE OF WONDER@FUJI ROCK FESTIVAL ’12 REPORT

THE PALACE OF WONDER@FUJI ROCK FESTIVAL ’12 REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


入場ゲート前にあるテントや様々なアトラクションで構成されている深夜のパーティーエリア 『パレスオブワンダー』 DJを中心としたショーや景品が当たるカジノなどがあり開放的にお酒が飲める〔VEGAS in MILK〕、特設の野外ステージにて若手バンドが凌ぎを削る〔ROOKIE-A GO-GO〕そして、アート・デコ・スタイルでデザインされたテント〔CRYSTAL PALACE TENT〕から成り、魅惑的な夜の宴が繰り広げられる。

特に〔CRYSTAL PALACE TENT〕ではロマンティックなダンスフロアの中、初日にONDA VAGAやCHE SUDAKAのライブ、LYNVAL GOLDING (THE SPECIALS)のDJ、2日目はTHE TROJANSのライブ、BABY SOUL (GAZ’S ROCKIN’ BLUES)のDJ、そして最終日はBig Willie’s Burlesque presents ‘The New Recessionaires’や勝手にしやがれのライブなどを中心に盛り上がりを見せた。

この異空間とも言えるパーティーゾーンは入場ゲート前に併設されている為、フジロックのチケットが必要ない無料エリアなのだが、毎夜国内外の選りすぐられたバンドと DJ による最高のパフォーマンスが繰り広げられるのでコアなファンや出演アーティストがプライベートで訪れる事も多く、さらにホテルやシャトルバスへ向かう途中に人波の流れのなかで見えるこの開放的で歓楽的な雰囲気についつい誘われる人が続出していた。 

ライブ以外にも〔CRYSTAL PALACE TENT〕ではライブペイントなんかも行われていたし、テントの外では様々なゲームや遊具が立ち並び、公園+お祭りの露店みたいな雰囲気の中、大道芸人がパフォーマンスを披露したり仲間とちょっと1杯、カップルでブランコに揺らされるなんて光景も多く見られた。 遊具やオブジェや看板の1つ1つがユニークでアート性が高く卓越した面白さがあった。

良質な音楽と抽象芸術が包括する空間は特異なトリップ感を演出し、創造と娯楽に満ちている。
そんな音空間で酌み交わすお酒はやはり格別であった。




Report by KISHIMOTO

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |