CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


THE STAR FESTIVAL 2015 – 2015.05.15(金)16(土)17(日) at スチールの森京都 ~出演アーティスト第3弾~

THE STAR FESTIVAL 2015 – 2015.05.15(金)16(土)17(日) at スチールの森京都 ~出演アーティスト第3弾~

UK最強のDRUM&BASS レーベルHospital Recordsの首領LONDON ELEKTRICITY!
昨年も素晴らしいセットを披露してくれた日本で絶大な人気を誇るアンダーグラウンドテクノシーンTOPアクトPeter Van HoesenとMarco Shuttleの出演が決定!

【出演】
第3弾発表アーティスト
LONDON ELEKTRICITY (Hospital Records, UK)
Peter Van Hoesen (Time To Express)
Marco Shuttle (Eerie)

第2弾発表アーティスト
SQUAREPUSHER

第1弾発表アーティスト
DJ KOZE (PAMPA RECORDS)
ZIP (Perlon )
Fumiya Tanaka (Sundance, op.disc, Perlon)
LAWRENCE (DIAL/SMALLVILLE/PAMPA/MULE MUSIQ)
AXEL BOMAN (STUDIO BARNHUS/PAMPA RECORDS)
And more …

THE STAR FESTIVAL 2015

■ 会場:スチールの森京都
http://forest-hiyoshi.jp/

■ 開催日:2015年5月15日(金)~5月17日(日)
5月15日金曜日 15:00-22:00
5月16日土曜日 08:00-22:00
5月17日日曜日 08:00-17:00

■ 入場料金 ・前売:7500円 ・グループ券(4枚組):28000円・グループ券(10枚組):65000円

■ 駐車券 ・1500 円

■ チケット情報(各チケット枚数制限がありますので売り切れ次第終了となります)
チケットぴあ P コード:781-414 / ローソンチケット L コード:54892 / e+ http://eplus.jp / CN playguide 0570-08-9999

駐車券:ローソンチケット(54894)

-チケット販売店-
東京: TECHNIQUE
大阪:CIRCUS / SUNHALL / NEWTONE RECORSD / FLAKE RECORDS
京都:JAPONICA MUSIC STORE / JET SET Kyoto /

-WEB SITE-
http://www.thestarfestival.com/


LONDON ELEKTRICITY (Hospital, UK)

LONDON ELEKTRICITY (Hospital, UK)

“Fast Soul Music”を標榜するドラム&ベースのトップ・レーベル、Hospitalを率いるLONDON ELEKTRICITYことTONY COLMAN。音楽一家に生まれ、7才からピアノ、作曲を開始した。大学でスタジオのテクニックを学んだ後、’86年にアシッド・ジャズの先鋭グループIZITで活動、3枚のアルバムを残す。’96年に盟友CHRIS GOSSと共にD&BレーベルのHospitalを発足し、LONDON ELEKTRICITYを始めとする数々のプロジェクト・ネームでリリースを開始する。LONDON ELEKTRICITYは生楽器を導入したD&Bを先駆け、’98年の1st.アルバム『PULL THE PLUG』はジャズ/ファンクのエッセンスが際立つ豊かな音楽性を示す。’03年には2nd.アルバム『BILLION DOLLAR GRAVY』を発表、熟成されたサウンドにディープなソウルが息づく大傑作となり、同アルバムの楽曲をフルバンドで再現する初のライヴを成功させる。’05年の3rd.アルバム『POWER BALLADS』はライヴ感を最大限に発揮し多方面から絶賛を浴びる。’06年にはライヴ音源と映像ドキュメントを収めた『LONDON ELEKTRICITY LIVE AT THE SCALA』をリリース。’08年には4枚目となる『SYNCOPATED CITY』で斬新な都市交響楽を奏でる。そしてHospital設立15周年の’11年、通算5作目となるスタジオ・アルバム『YIKES !』を発表、ロングセラーを記録。

http://www.hospitalrecords.com/
http://londonelektricity.com/
http://www.facebook.com/londonelektricity
http://twitter.com/londonelek


Peter Van Hoesen (TIME TO EXPRESS / CLONE / PERC)

Peter Van Hoesen (TIME TO EXPRESS / CLONE / PERC)

Peter Van Hoesenほどヒット作を連続して出す若手プロデューサーは稀だ。ベルギー出身の彼のTime to Expressレーベルからの作品は「観たら買え」と言うステッカーを貼付けた方がいいくらいだ。」(Resident Advisor) DJそしてプロデューサーとしてベルギーのエレクトロニックミュージックシーンでは知らない人がいないと言われるPeter Van Hoesenは、無数の音楽才能の持ち主。ダンスフロアを熱く盛り上げるテクノからアブストラクトエレクトロニカとまでその幅は広い。自身によるプロダクションや自身のレーベルTime to ExpressやClone、Perc Trax & Curle (Donato Dozzyと共に)などのレーベルからのリミックスは大きな反響を呼び、自身のデビューアルバムEntropic Cityも多くの人から評判を呼んでいる。 PeterはDJそしてプロデューサーだけでなく、サウンドデザイナーや現代ダンス&演劇の指揮者としても活動している。彼のテクノサウンドは重低音が重く、早朝6時にてウェアハウスなどで掛かる革新的な音楽でありながら、ダンスミュージックの歴史を熟知しているDJの音もしっかりと取り入れている。 日本のLabyrinthでは毎回伝説的なプレイを観客に提供している。

https://www.facebook.com/petervanhoesenofficial


Marco Shuttle (Eerie)

Marco Shuttle (Eerie)

世界中のアンダーグラウンドDJから絶大な支持を誇る異才DONATO DOZZYとのユニットANXURのメンバーとしても活動するEERIEレーベルオーナーMARCO SHUTTL。昨年11月にリリースされたデビューアルバム『Visione』が大反響!独自のサウンド世界を繰り広げる秀逸なオリジナリティで、ジャズのムードを持ったサウンドや疾走感あるリズム、ミニマリスティックな音響などでグイグイと流れを引っ張っていくディープ・ミニマル・テックハウス。

https://www.facebook.com/pages/Marco-Shuttle/657686867620346


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |