CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『THE STAR FESTIVAL 2018』2018.05.19(土) 20(日) at スチール®の森 京都 ~出演アーティスト第二弾~


『THE STAR FESTIVAL 2018』第二弾アーティスト発表。

ビート~エレクトロニック・ミュージック・シーンのキーマン「SHIGETO」、ブレイクビーツの進化系、SabreとStray、Halogenixのドリーム・チーム・ユニット「IVY LAB」、気鋭ビートメイカー「SUBMERSE」
UKマンチェスターサウンドの実力派「JONNY DUB」の追加出演決定!


『THE STAR FESTIVAL 2018』

【日程】
2018/5/19(土) 8:00 open / 9:00 start
2018/5/20(日) 17:00 close

【出演】
FUMIYA TANAKA
IKONIKA
IVY LAB
JIMMY EDGAR
JONNY DUB
SHIGETO
SUBMERSE
and more!

【会場】
スチール®の森 京都
〒629-0334 京都府南丹市日吉町天若25番地
http://forest-hiyoshi.jp/

【チケット】
チケットぴあ P-CODE(782-993 / 駐車場 : 782-992)
ローソンチケット L-CODE(54045 / 駐車場 : 54132)
イープラス http://eplus.jp
楽天チケット http://r-t.jp/tsf
RA チケット https://www.residentadvisor.net/events/1043294

■ 前売りチケット
ステージ1:発売期間 2/1~2/28
入場券 ¥8,000、グループ割 入場券(4枚組) ¥30,000

ステージ2:発売期間 3/1~3/31
入場券 ¥8,500、グループ割 入場券(4枚組) ¥33,000

ステージ3:発売期間 4/1~5/18
入場券 ¥9,000、グループ割 入場券(4枚組) ¥35,000

駐車券:発売期間 12/1~
¥1,500
http://r-t.jp/tsf

■ 当日チケット:発売期間 5/19~5/20
入場券 ¥10,000
駐車券 ¥1,500

【WEB】
オフィシャル web site
http://www.thestarfestival.com/

facebook page
https://www.facebook.com/THESTARFESTIVAL/

twitter
https://twitter.com/starfestival_


SHIGETO

SHIGETO

デトロイト在住のトラック・メイカー/ドラマー、Zach Saginawによるソロ・プロジェクト。かつてはSchool of Seven Bellsのサポート・ドラマーとして活動したこともあったが、現在は自身のソロ活動に専念している。幼少期からジャズ・ドラマーを目指すが、友人から勧 められたSquarepusherを聴きエレクトロニック・ミュージックに開眼し、トラック・メイクを始める。そしてデジタル・レーベル Moodgadgetで作品をリリースした後、名門Ghostly Internationalと契約。現在までにリミックス盤を含むEPを4作、ミニ・アルバムを1枚フル・アルバムを2枚リリースしている。近年は Star SlingerやMount Kimbie、Matthewdavid、Bonobo、Tychoなど多数のアーティストとツアーを回り、ジャズ・カルテットへの参加、そのほか 多数のリミックス・ワークなど、多岐にわたる活動をしており、ビート~エレクトロニック・ミュージック・シーンのキーマンとしてその存在を確立している。 また、エレクトロニクスと生ドラムを駆使したアグレッシヴなパフォーマンスは各所で絶賛されている。2017年には自身のレーベルPortage Garage Soundsを立ち上げ、ヴァイナルをリリースしている他、デトロイトのヒップホップ・アーティスト、ZelooperZと共にサイド・プロジェクト、ZGTOを始動させる等、活発な活動を行っている。

http://iamshigeto.com/
https://www.facebook.com/pages/SHIGETO/349930070025
https://twitter.com/#%21/__SHIGETO
https://soundcloud.com/shigeto


Ivy Lab

Ivy Lab

前衛的なビートを提供し続けるSabre, Stray, HalogenixからなるUKのビート・マエストロ”IVY LAB”
Critical Recordingsや、自身のレーベル20/20 LDNからベース・ミュージックにプラスアルファのエッセンスを加えた鮮烈なトラックを次々とリリース。ニュースクールD’N’Bが進化しブレイクビーツ進化系とも言えるニューサウンドで新風を吹かせるノース・ロンドンのトリオ。十数年に渡り個々に活動しており、Goldieのエンジニアリング、リミックスワーク、マーキューリー賞にノミネートされたKate Tempestのリミックスワーク、映画 “American History X” のディレクターTony Kayeのサウンドトラックに至るまで様々な成功を収めている。
2012年、クリスマスにデビューシングル「Oblique」がリリースされドラムンベース・シーンに一石を投じる作品として注目を集めた。Sub Focus (Universal), TC (3beat)そして Anushka (Brownwood) を含むアーティストやレーベルに向けた一連のリミックスに加えて、 “Live on your smile”、 “20 Questions”& “Make it Clear”などソウルフルでメランコリックなサウンドは好評を得た。制作のほか「20/20 LDN」クラブナイトをローンチさせ、(現在はサウス・ロンドン内のPhonoxで開催。)、 “超革新的”(Timeout Magazine)と “Londonで突出したイベント “(Mixmag)と各媒体からも賞賛を得ることになった。2016年には、Glastonbury、Sonar、Boomtown、Bass Coast、Lovebox、ExitとOutlookのフェスティバルのメインステージに出演するなどひっきりなしのオファーでその名声を手にいれ、ベースライン音楽の最先端を担うだけでなく、UKで最も先駆的なレーベル、イベント、プロモーターとしての地位を確立している。

https://twitter.com/ivylab_
https://www.facebook.com/IvyLab/
https://soundcloud.com/ivylab


Submerse

Submerse

イギリス出身のsubmerseは超個人的な影響を独自のセンスで消化し、ビートミュージック、ヒップホップ、エレクトロニカを縦横無尽に横断するユニークなスタイルを持つDJ/ビートメーカーとして知られている。これまでにベルリンの老舗レーベルProject: Mooncircleなどから作品をリリースしている。SonarSound Tokyo2013、Boiler Room、Low End Theoryなどに出演。
また、Pitchfork, FACT Magazine, XLR8R、BBCといった影響力のあるメディアから高い評価を受ける。2017年に90年代のスロウジャムやヒップホップを昇華させたニューアルバム『Are You Anywhere』をリリース!

https://twitter.com/submerse
https://soundcloud.com/submerse


JONNY DUB (LEVELZ/HOYA:HOYA)

JONNY DUB (LEVELZ/HOYA:HOYA)

ChunkyやFox、Krystal Klearを擁するマンチェスターサウンドの震源地パーティー「HOYA:HOYA」主催。かつ、THE WAREHOUSE PROJECTや、ロンドンのFABRICLIVE、話題のLEVELZなど、ビッグパーティーでもレジデンスを持つ実力派である。ヒップホップ、ハウスからソウルにレゲエ、ベースミュージック…と、真にエクレクティックなプレイで幅広いジャンルを横断し、BBC RADIO1、1Xtra、RINSE FM、NTS Radioなど主要ラジオ局でもスピン。自身のパーティーで共演したアクトは、Flying Lotus、Four Tet、Shackleton、Dam-Funk、Oneman、Gaslamp Killer、Ben UFO、Loefah、Hudson Mohawk、Lorn、Degoなどなど、現在のエレクトロニックミュージックの最前線の顔ぶれが並び、いかにボーダレスな感性でシーンを牽引しているかが窺い知れる。 2016年1月、LEVELZとしてBiome、Metrodome、Bricks、Chimpo、Sparkz、Skittles、Dub Phizixらのトラックを収録した”LVL 11”をBandcamp上でリリース。 LEVELZとして本国OUTLOOK、Red Bull Culture Clash in Manchesterへもラインナップされている。

https://twitter.com/jonny_dub
https://www.facebook.com/pages/Jonny-Dub/171503959566763
https://soundcloud.com/jonnydubhoya-hoya


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |