CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


THE SURF SKATERS 12 “Voice of The Ocean” REPORT

THE SURF SKATERS 12 "Voice of The Ocean"THE SURF SKATERS 12 "Voice of The Ocean"

THE SURF SKATERS 12 “Voice of The Ocean”
9月11日(日)茅ヶ崎裏パーク

【ARTIST】
山嵐
STONED ROCKERS
NO☆GAIN
サイプレス上野とロベルト吉野
ラッパ我リヤ
K DUB SHINE & DJ OASIS

and SKATE SESSION

今年で12回目を迎える”THE SURF SKATERS”。今年は原発問題などもあり、毎年行われているSURFINGのコンテストは見送りとなり、SKATEのSESSIONのみとなりました。”

“VOICE OF THE OCEAN”という副題の通り、汚染され続けている海への無言の愛を感じとる事が出来、目の前に広がるこの誰の所有物でもない海を前に、自由を奪われたSURFER達のメッセージと共に汚染された海の悲しい叫びが少しでも届く事を願います。

個人的に遊びに来たのは今回で初めてで、西海岸のカルチャーや音楽が好きな人達にはマストと言われているイベントなだけにやっと実際体感する事が出来てとても光栄でした。

このイベントは入場フリーという事もあって、会場内は子供連れや、カップル、当然サーファーやスケーターなどのライダーで賑わっているが、基本的に皆自由!規制もないし、こうあるべきだという概念も無い。ただ単純にこういうカルチャーが好きだという一つの軸があるだけで成立してしまってるだけあって、そこから溢れ出るVIBESは、この夏どこの海よりも濃かったのではないだろうか?

きっと未体験で見逃してしまってる人がまだまだたくさんいるはずだし、会場にはたくさんのバンドマンも見かけたが、少なくともUSパンクや西海岸をキーワードに活動してるバンドには是非この空間を体験して頂きたい。こういう未体験ゾーンに突入した後は、きっと日本のサブカルチャーのシーンに対する考え方が少し変わるだろうし、自分のアーティスト活動としての糧にも確実になるであろう。

そして再度しつこいようだが、もう一度”VOICE OF THE OCEAN”がしっかり会場にいた人達に届き、その”声”がしっかりと全国に汚染される事を願おう。目には目を。歯には歯を。汚染には汚染を。良い汚染だって必ずある。それは汚染ではなくて浄化なのかもしれない。僕はサーファーではないけど、そんな僕だって想う。来年は海に入れますようにって。それは僕達以上に未来の子供達の為の海だから。

report by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, EVENT, NO☆GAIN, REPORT |