CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Tim Armstrong Solo Exhibition 『THE WARS END』 2015年3月24日(火)~4月12日(日) at THE blank GALLERY

Tim Armstrong Solo Exhibition 『THE WARS END』 2015年3月24日(火)~4月12日(日) at THE blank GALLERY

THE blank GALLERYでは、パンクロックを代表するミュージシャンでありアーティストのTim Armstrong (Rancid, Transplants, Operation Ivy) による、日本初となる個展 THE WARS ENDを開催いたします。

2014年、LA の Subliminal Projects にて開催された自身初の個展 Avenues and Alleyways では作品が完売、続くキャリア 2 度目の個展の開催地として、思い入れのあるここ東京を選びました。本展では、1995 年にリリースされた Rancid の代表作であり、パンクの金字塔とされるアルバム …And Out Come The Wolves の 20周年を記念したシリーズ作品などを含む、40 点を超える新作を発表予定。また、アーティスト自身の手でサインとナンバーが記された、限定エディションのシルクスクリーンプリント作品も販売されます。

本展 THE WARS END で展示されるのは、ティム・アームストロングの音楽制作に対する姿勢が反映したスケッチ、ドローイング、ペインティング、ミクストメディア作品など。彼の作品を古くから評価し、Avenues and Alleyways ではキュレーションを務めたストリートアーティストの Shepard Fairey は、「ティムの音楽には欠かす事のできない、誠実で生々しい衝動、D.I.Y.なパンク精神は、彼の動的で詩的なアート作品においても明白に映し出されている」と賞賛。シルクスクリーンやステンシルの技法など、様々な素材や題材を通して、キャンバス上に広がるティム・アームストロングの日常や詩の世界観、パンクの美学が感じられる作品郡となっています。

THE blank GALLERY
東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

会期中営業時間
平日  13:00-20:00(月曜定休)
土日 12:00-20:00
http://www.the-blank-gallery.com/


Tim Armstrong Solo Exhibition 『THE WARS END』Tim Armstrong Solo Exhibition 『THE WARS END』Tim Armstrong Solo Exhibition 『THE WARS END』

Tim Armstrong

Tim Armstrong

1980年代、伝説的なハードコア/スカ/パンクバンド Operation Ivy を結成。解散後、1991年にRancid を結成し、90 年代のメインストリームにおけるパンクロックリバイバルに大きく貢献、商業的にも最も成功したパンクバンドとして歴史に名を刻む。近年ではパンクミュージシャンという顔のほか、ソングライター、アーティスト、ディレクター、詩人、レコードプロデューサー、インディレーベルオーナーなど、数々の肩書きを持ち、多方面で活躍する。

アームストロングの音楽性は、パンクロックの領域をも越えて多大な影響を残している。2003年、プラチナディスクとなった Pink のデビューアルバム Try This では 8 曲を共作し、シングル曲 Troubleはグラミー賞を獲得。また、2013 年にはレゲエ界の大御所 Jimmy Cliff の8年ぶりのアルバムRebirth をプロデュースし、再びグラミー賞を獲得している。そのほかの活動として、Joe Strummer (The Clash)や Cypress Hill とのコラボレーション、ソロのサイドプロジェクト Tim Timebomb & Friends、Travis Barker (Blink-182)らと活動するTransplants など、数々の功績を残す。

2014年秋、Rancidとして 5年ぶり、通算8枚目のアルバムとなる…Honor Is All We Know をリリース。
2015年3月、ニューアルバムを引っさげ、PUNKSPRING(3月29 日幕張メッセ ほか)のヘッドライナーとして来日予定。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND, THE blank GALLERY |