CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
THA BLUE HERB ワンマンライブ『YEAR END LIVE : FUCKIN’ 2020』2020年12月29日(火)at 恵比寿LIQUIDROOM
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
MR.BRAINWASH EXHIBITION『LIFE IS BEAUTIFUL』2020年11月20日(金)~12月6日(日) at SPACE14(心斎橋パルコ 14F)

Tom Brislin – 1st Album 『Hurry Up and Smell the Roses』 Release

[2013/02/03]
Tom Brislin - 1st Album 『Hurry Up and Smell the Roses』 ReleaseTom Brislin - 1st Album 『Hurry Up and Smell the Roses』 Release

マルチインストゥルメンタリスト、Tom Brislin(トム・ブリスリン)が満を持してソロ・デビュー・アルバムをリリースする。

若くしてYESやMEAT LOAF といった名だたるプログレッシヴ・ロックバンドのツアーに起用されてきたTomだが、ソロアーティストとしてこのアルバムで表現したかったは普遍的で映画のようにドラマティックなポップソング。ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストがSufjan Stevens やGotye、Elliot Smith そしてBen Folds を引き合いに出し、「素晴らしい歌とキーボードが織りなす変幻自在の音色はまるでシネマティック(映画的な)・ポップだ」と称した美しい曲たちだ。この『Hurry Up and Smell the Roses』は彼が名前や活動歴に左右されることなく、「リスナー」として純粋に妥協さずに完成させた。そう、まさに映画「Tom Brislin」のパーフェクト・サウンドトラックなのだ。

輝かしい参加歴(The Orchestra(ELO pertII), Camel , Yes, Meat Loaf, OK GO, Marshall Crenshaw、The Syn、Renaissanc)で披露してきた天才的なキーボード・プレイはもちろん、OK GOやROONEYらに抜擢された自身のバンドSPIRALINGで魅せたポップ/メロディ・メイカーぶりは本作でも炸裂!!  変幻自在のキーボードを脇役に、美声を持ったメロウなシンガー/シンガー・ソングライターとしての確かなデビューを飾った。

ボーナストラックにはJoe Jacksonの名曲「Steppin’ Out」を特別収録。パワーポップ/A.O.R.系ファンも要注目の一作である。

特設サイトオープン
http://www.powerpopacademy.com/tombrislin

オフィシャルサイト
http://tombrislin.com/


▼リリース情報
『Hurry Up and Smell the Roses』
RELEASE DATE
2013. 1.30.
¥1,890 (tax in)  XQER-1051

アルバム・ダイジェスト

収録曲
Hurry Up and Smell the Roses
02. Your Favorite Day
03. When You Told Me Not to Go
04. Stuff You Would Understand
05. Industry in the Distance
06. Predawn
07. Liftoff
08. The Outskirts
09. I Hold a Candle
10. Visitor
11. Microphone
12. Steppin’ Out(ボーナストラック)

TOTAL INFO: POWERPOP ACADEMY/THISTIME INC. 03-6416-8090


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |