CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

千葉市美術館所蔵「新版画-進化系UKIYO-Eの美」 2021年9月15日(水)~27日(月) at 高島屋大阪店7階グランドホール

[2021/09/14]

千葉市美術館所蔵「新版画-進化系UKIYO-Eの美」 2021年9月15日(水)~27日(月) at :高島屋大阪店7階グランドホール

~川瀬巴水、吉田博、伊東深水をはじめ、世界を魅了した「shin-hanga」約120点

新版画は、江戸時代に目覚ましい進化を遂げた浮世絵版画の技と美意識を継承すべく、大正初年から昭和のはじめにかけて復興したジャンルです。 版元・渡邊庄三郎(わたなべしょうざぶろう・1885-1962)のアイデアをもとに、伝統的な技術を用いながらも画家たちの新鮮な感覚を重視して生み出された数々の優品は、アメリカを中心に国内外で広くファンを獲得してきました。 今や「shin-hanga」は、「ukiyo-e」とともに、世界の共通語になりつつあります。

本展は、千葉市美術館が誇る新版画コレクションから選りすぐった約120点で構成されます。 橋口五葉の《浴場の女》や伊東深水の《対鏡》といった最初期の初々しい傑作から、川瀬巴水の情感豊かな日本風景、吉田博の精緻な外国風景、山村耕花や吉川観方による個性的な役者絵を経て、昭和初期のモガを鮮烈に描いた小早川清《近代時世粧》に至る、新版画の成立から発展形への歴史をたどることができる充実の内容の展覧会です。


千葉市美術館所蔵「新版画-進化系UKIYO-Eの美」

【日程】
2021年9月15日(水)~27日(月)
入場時間:午前10時~午後6時30分(午後7時閉場)
※最終日9月27日(月)は午後4時30分まで(午後5時閉場)

【展示作品一例】
川瀬巴水《東京十二ヶ月 谷中の夕映》 1921年(大正10)年
吉田博 《帆船 朝 瀬戸内海集》 1926年(大正15)年
伊東深水 《対鏡》 1916年(大正5)年
小早川清 《近代時世粧ノ内 – ほろ酔ひ》 1930年(昭和5)年
橋口五葉 《髪梳ける女》 1920年(大正9)年
※全て千葉市美術館所蔵

【料金】
入場料:一般1,000円/大学・高校生800円/中学生以下無料

【会場】
高島屋大阪店7階グランドホール

【主催】
日本経済新聞社

【特別協力】
千葉市美術館

【ウェブサイト】
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/shinhanga/index.html


川瀬巴水《東京十二ヶ月 谷中の夕映》 1921年(大正10)年

『東京十二ヶ月』は、1920(大正9)年12月から翌年10月にかけての写生にもとづく連作です。 12点が予定されていましたが、正円の4点と正方形の1点のみで終了しました。
《谷中の夕映》は、夕陽を受けてほの赤く輝く五重塔を描いています。 巴水は、ちょうどスケッチを終えた時に鐘の音が響き渡り、思わず襟を正したと回想しています。

東京十二ヶ月 谷中の夕映

東京十二ヶ月 谷中の夕映


吉田博 《帆船 朝 瀬戸内海集》 1926年(大正15)年

吉田博は、1921(大正10)年に渡邊庄三郎のもとで《帆船》三部作(朝日・日中・夕日)を手がけましたが、関東大震災で版木のすべてと作品の大半を失いました。 5年後、吉田は私家版において再びこの画題に取り組み、サイズをやや拡大して6点に展開しました。

版の絵であることを強く主張する渡邊版に対して、私家版では時間のヴァリエーションを増やしながらも色の明度や彩度の幅を狭めてより静謐な表現とし、色調や光のわずかな違いに視線を促すようです。

帆船 朝 瀬戸内海集

帆船 朝 瀬戸内海集


伊東深水 《対鏡》 1916年(大正5)年

伊東深水の新版画第一作。

原画を単純化して黒と赤、肌の白の三色が映える構成とし、陰影を表すかげ彫り(鋸歯状の刻み)を施しました。 特別に取り寄せた上質な紅を三、四度重ね、背景にはざら摺り(わざとバレンを傾けてその軌跡を見せる摺り)を大胆に入れるなど、摺りにも工夫が凝らされています。 《対鏡》は、彫刀とばれんによる、肉筆ではない「版の絵」であることを前面におしだし、作家が語る「黒髪と赤い長襦袢の間に覗いている襟足の美しさ」を存分に伝える名作となりました。


小早川清 《近代時世粧ノ内 – ほろ酔ひ》 1930年(昭和5)年

『近代時世粧』は、昭和5年から翌年にかけて制作された、同時代の女性風俗を描く6点シリーズです。

小早川清の描く女性には独特の際どさや生々しさがあり、本作でもその本領が発揮されています。

とりわけ著名な《ほろ酔ひ》は、断髪や肌を大胆に見せた洋服、煙草、指輪、カクテルといった当時のモダンガール(モガ)のアイテムをちりばめるとともに、描かれた女性の危うい心模様をリアルに感じさせ、それが本作を時代の肖像画としている理由と思われます。

対鏡

対鏡


橋口五葉 《髪梳ける女》 1920年(大正9)年

豊かに流れる黒髪の圧倒的な存在感や女性の清雅なたたずまいが印象的な、五葉の私家版を代表する1点。

モデルは五葉がよく描いた小平とみで、五葉はロセッティが描くような「象牙の首」の女性を後輩に探させ、美校でモデルをしていたとみを見出したとの逸話が残っています。

本作の女性のポーズにもロセッティ《レディ・リリス》からの影響が指摘されていますが、表現自体は、写生を浮世絵の簡潔な墨線に融合・昇華したものといえるのではないでしょうか。

近代時世粧ノ内 -   ほろ酔ひ

近代時世粧ノ内 – ほろ酔ひ


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |