CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT

海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT

毎週末の様に日本全国で行われている大小さまざまなイベントと興行とパーティーと。その規模感はピンからキリまでで、目的ももちろんそのイベントによって違ってくるわけだし、どんなイベントに行きたいかはその時の気分やムードにもよる事は確か。

お金をかけてお金のかかった興行に遊びに行って、思った以上に退屈な時もあれば、その逆でとても豪華で非現実的な気分にさせて貰える事もある。そのイベントに1億円掛けたところで、企画者のハート次第でその興行が心地良いかどうかが決まると言っても過言ではない思う。結局はイベントの大小に関わらず、人の心と手によって生み出される手作りなわけだから。

海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT

そんな最低限の予算と人の手と心で作られているとてもローカルなイベントがこのUMINARI。本当に何もない畑道を抜けたちょっと切り開けた広場にそのUMINARI村はあった。なんていうか、余ほど鈍感な人じゃなければすぐにここが物凄く平和な空気が流れているという事に気が付くと思う。

平和な空気って一体何?って感じかもしれないけど、それはきっと純粋で汚れの無い心地の良い空気感なんだと勝手にそう解釈した。例えばここにいる人全員がお金を儲ける為に集まっていたら、こういう空気感は生まれないと思う。要するにそういう事なんだと思う。

海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT

体を通り抜ける心地良い風が海から吹き抜け、その風を追って丘へ行くとそこからは普段東京の雑踏で毎日を過ごす僕達からしてみたら一切見た事もない絶景が一望出来るわけだから。いつもあるはずのビルや人や車やゴミや罪や絶望なんかが、一面海と砂浜と空と。。。そんな景色を見た瞬間、ここは楽園なんじゃないかなとさえ思った。

極端に人がたくさん集まるわけでもないし、全ての行程が完璧に進むわけではないし、足りない事ももちろんたくさんあるし、でもそれ以上にわざわざ東京から遊びに来ても満たされる事がたくさんあって、むしろ完璧にシナリオが出来過ぎているイベントなんかよりずっと心が満たされるわけです。やっぱり心の篭った手作りは、物だってイベントだって音楽だって全て共通で心が満タンになるって事なんですよ。そんな手作りの良さを再認識出来た一日でした。

こんなローカルなイベントがきっとまだまだ全国各地にがたくさんあるだろうし、もっともっと色々な人に知って貰うべきだと思う。来年はこの満天の星空の下で友人達とローカルの人々と語り合いたいです。

海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT
海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT
海鳴 uminari アートフェスティバル 2013/10/12(sat) 13(sun) at 田原市谷の口 ほうべの森キャンプ場 REPORT


Text By Kenichi Kono
Photo By Maxime

Posted in ALL ENTRY, EVENT, REPORT |