CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

『Up_01』2021年1月14日(木)~21日(木)at 銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM

[2021/01/02]

『Up_01』2021年1月14日(木)~21日(木)at 銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM

京都のアートシーンから新進の若手作家を紹介するグループ展「Up_01」を2021年1月14日から開催。

銀座 蔦屋書店は、「鬼大名」(鬼頭健吾・大庭大介・名和晃平)が新進の作家を紹介する企画展「Up_01」を2021年1月14日~1月21日の期間、銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUMにて開催いたします。

鬼頭健吾・大庭大介・名和晃平の3人は作家活動を続けながら、京都芸術大学大学院で教育に携わり、鬼頭・大庭・名和ゼミ(通称: 鬼大名)として、これまでアーティストフェア京都、スターバックス コーヒー 京都BAL店、アンテルーム京都・那覇・ソウルの企画に携わり、西日本を中心に若手作家の作品を社会に広く紹介してきました。 「Up」は、東京で初めて開催される鬼大名による企画展です。 第一回目となる「Up_01」は、ゼミの院生、卒業生を中心に合評の「ひとつ上」のステージを目指して構成されました。

世代間の繋がりと複数の美大のネットワークに特徴付けられる京都では、アーティスト同士の交流が盛んで、現在でも共同アトリエが増え続けるなど現代美術の独自の文化圏を築いています。 今回の展示では、京都のアートシーンの一端を担う若手作家の最新作が紹介されます。

出展作家は、今西真也、岡田佑里奈、鬼頭健吾、三枝由季、品川美香、新宅加奈子、名和晃平、山田康平、大和美緒、和田直祐の総勢10名。


『Up_01』

【日程】
2021年1月14日(木)~21日(木)

【会場】
銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM
(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F)
https://store.tsite.jp/ginza/

【出展作家】
今西真也
岡田佑里奈
鬼頭健吾
三枝由季
品川美香
新宅加奈子
名和晃平
山田康平
大和美緒
和田直祐

【料金】
入場無料

【主催】
CCCアートラボ株式会社 / 銀座 蔦屋書店

【協力】
鬼大名 / 株式会社サンドイッチ

【特設ページ】
https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/17857-1011351225.html


『Up_01』2021年1月14日(木)~21日(木)at 銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM


今西真也(いまにし・しんや)

1990年奈良県生まれ。 2019年 Kyoto Art Tomorrow 2019 (京都府新鋭選抜展 優秀賞)、 2020年シェル美術賞展グランプリ受賞。


岡田佑里奈(おかだ・えりな)

1995年兵庫県生まれ。 2017年TOKYO FURONTLINE PHOTO AWARD#7(後藤繁雄賞)2019年The Art of Color DIOR(入選、 展示)。


鬼頭健吾(きとう・けんご)

1977年愛知県生まれ。 京都芸術大学大学院教授。 2020年、 京都市京セラ美術館にてリニューオープン後、 初の展覧会として個展「Full Lightness」が開催された。


三枝由季(さえぐさ・ゆき)

1987年長野県生まれ。 2017 年個展「エデンの子供たち」エビスアートラボギャラリー(愛知)。 2020年グループ展ARTISTS’ FAIR KYOTO等。


品川美香(しながわ・みか)

1988年熊本県生まれ。 「私とは何か。 人間とは何か。 」というテーマを軸に、 子どもの存在に既知性と未知性、 可愛さと怖さといった両義性と二重性を見出し、 描いている。


新宅加奈子(しんたく・かなこ)

京都拠点。 NONIO ART WAVE AWARD 2020 ペイン ティング部門グランプリ。 ヨコハマトリエンナーレ 2020 episode00 出演作家。


名和晃平(なわ・こうへい)

1975年生まれ。 様々な素材やテクノロジーを用いた彫刻作品は、 鑑賞者に素材の物性がひらかれてくるような知覚体験を生み出す。


山田康平(やまだ・こうへい)

1997年大阪府生まれ。 受賞歴に2019年「学生選抜展」奨励賞、 「FACE展」入選。 CAF賞2020。 個展に2020年ギャラリー美の舎(東京)。


大和美緒(やまと・みお)

1990年生まれ。 主な個展「project N 74 大和美緒 YAMATO Mio」(東京オペラシティアートギャラリー/2018)。


和田直祐(わだ・なおすけ)

兵庫生まれ。 主な展覧会はArtTNZ(TERRADA ART COMPLEXII/2020) FOCUS(TEZUKAYAMA GALLERY/2020)、 大鬼の住む島(WAITING ROOM/2019)。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |