CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


木亭道~Upendra and Friends~@FUJI ROCK FESTIVAL ’12 REPORT

木亭道~Upendra and Friends~@FUJI ROCK FESTIVAL ’12 REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


Upendra and Friends
2012年7月29日(日) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’12

木亭道~Upendra and Friends~@FUJI ROCK FESTIVAL ’12

ホワイトステージの手前から右折して通行する事の出来るBOARD WALK。FIELD OF HEAVENやORANGE COURTへと移動する際にはほとんどの人がこの木製の道を利用し通過する。木で出来たこの道には歴史を感じさせるメッセージなどが刻まれ、右側を流れる川の音と左から流れてくる各ステージの音を聞きながら歩いていると、左側に峠の茶屋の様な建物が見えてくる。そう、これが木亭道。周りを木々に囲まれ、フジロックのステージの中でも寄り一層自然と一体化した癒しの空間。先を急ぐも良しここで立ち止まるのも良し。その時のテンションとタイミングで人々はここに立ち寄り通過するのだ。

そこで聞く事が出来るのは、マイナスイオンの湿った空気に溶け込んだ洗練された透き通った”音”。必ずステージ全体が見えるわけではなく、そそり立つ木々の間からステージを垣間見て、そして同時にその木々の間から音が反射しながら聞こえてくる。二酸化炭素と一緒に一度木々に吸収されまた酸素と共に吐き出された音は、イベントで疲れた体と心と六感全てを包み込む様にに癒してくれるのです。

そしてこの三日目の日曜日に立ち寄った際に演奏していたのがこの”Upendra and Friends”。ネパール出身のキーボード奏者である”ウペンドラ・ラル・シン”を中心とした民族楽器を用いた独特な音を奏で、ネパールを音で表現するグループ。タブラやマーダルといいった太鼓から発される、物凄く天然で純粋なリズムとキーボードの電子音が物凄く心地よく、時折発されるリズミカルな言葉が軽快で心を弾ませるのです。

木亭道~Upendra and Friends~@FUJI ROCK FESTIVAL ’12

なかなかこういう他アジアの音楽に触れる機会は滅多にないだろうし、こういう移動中に新しい発見をするとなんだかニヤリとしてしまい、ここの地点を通過する何十秒前から、通過して通り過ぎるまでの数分間だけでも、こういう音を自然の中で聞けるってかなり贅沢なのである。

立ち止まる立ち止まらないは自由。もしかしたらこの空間自体気づかないで素通りしてる人もいるかもしれない。ただそこを通過する全ての人を癒す音の根源がここ木亭道から吐き出されてるという事を是非知っていただきたい。

Report by kenichi kono


Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |