CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


VERY BE CAREFUL @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

VERY BE CAREFUL @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


VERY BE CAREFUL
2013年7月27日(土) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

VERY BE CAREFUL @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

少し前の時間より降り出した豪雨によりオレンジコートは沼地とかし、なかなかどうしてオーディエンスにも過酷な状況が訪れていた。

しかしVERY BE CAREFULが登場し演奏を始めると一心不乱に踊り狂う音楽中毒者たちが続出していた。もうね、ここまでの豪雨でぐちゃぐちゃだと開き直って楽しくなるというもんですよ! そこに来てこのサウンドですから!

VERY BE CAREFULが奏でるクンビア・ミュージックは中南米の大衆音楽として知られ、ゆったりとしたシンプルなビートに哀愁漂うメロディーが特徴的。レゲエやジプシーミュージックにも通ずる踊れる要素をふんだんに含む実にエキゾチックな音楽なのである。

コロンビアの移民の子であったVERY BE CAREFULはL.Aのストリートからその活動をスタートさせ日本でもこれまでにフジロックや朝霧ジャムなどに出演を果しその知名度を高めてきた。ショーストラマーが晩年最も好んだ音楽がこのクンビア・ミュージックだと言われ自身のライブにVERY BE CAREFULをオープニングアクトで起用したのは有名なエピソードである。

今回のフジロックでは初日にCAFÉ DE PARISやCRYSTAL PALACE TENT、場外のSHOP AREA、2日目にはこのORANGE COURTの他に夜には苗場食堂にも登場し観衆を魅了した。さらに言うと、フジロック前には東京で2公演、群馬でもライブを行い、フジロック終了後もそのままジャパンツアーは続き、金沢、名古屋(2公演)、松山、神戸、大阪、渋谷、下北沢、再び新潟に戻りーの、秋田、盛岡とまさに日本中を席巻した。

VERY BE CAREFUL @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

その中で今回最も大きいステージとなったのがこのフジロックでのオレンジコートなのだが生憎の空模様にも関わらず本当にみんな楽しそうだったなぁ~。前の方で踊り狂う人たちはもちろん、このエリアはわりとしっかりとした食べ物なんかも売ってるので食事をしながら、また反対側ではトイレに並ぶ人たちも一様に体を揺らしていた。 演奏している本人たちもビール片手にステージから写真を撮ったりしている(笑)
「この写真はFACEBOOKにアップするからさ!」なんて言って実に近い距離感を作り出していたし、この環境下で楽しみ続けるオーディエンスに向けて「最高」「クレイジー」という言葉を何度も使い興奮を伝えていた。

シンプルな2ビートにアコーディオンの音色が響き渡り魅惑なコーラスが昭和歌謡にも似た独特な風合いをもたらしながらも終盤には激しさを増していく。ムーディーな雰囲気と情熱的要素を併せ持った力強い歌声と演奏は苗場の豪雨をもスパイスとしてあしらうほどの包容力と味わいを魅せていた。



text by KISHIMOTO
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |