CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


VinceWatson 来日公演 – 2014.01.31(fri) at ORIGAMI

VinceWatson 来日公演 - 2014.01.31(fri) at ORIGAMI

Francois K.やJoe Claussellなど数々の著名DJ達が楽曲をこぞってプレイした事で世界的に一躍有名になり、Carl Cox、Laurent Garnier等からも高く評価されるハウス/テクノプロデューサーVince Watsonが表参道ORIGAMIだけの来日公演を行います!
さらにドイツ最大のエレクトロニック・レーベルKompakt唯一の日本人アーティストとしてKaito名義の作品を発表する日本が誇るオリジネーターHiroshi Watanabe aka Kaito (Kompakt)も出演決定!
そしてShinya Okamoto、Ko Umehara、Kyohei Saitoと、VJにはORIGAMI最多出演VJ、VJ HAJIME いった間違いない出演陣が一晩を演出します。

疾走感漲るリズムに、叙情的でメランコリックなシンセ・ワークで、スケール感の大きな繊細なアルペジオ・シンセが軽やかに浮かび上がってくる楽曲は、デトロイトフォロアーの中でも他の追随を許さないクオリティで、際立った存在感を放つVince Watson(ヴィンス・ワトソン)。現在はアムステルダムを拠点に活動し、DAN CURTINやARNE WEINBERGも作品を残しているグラスゴーの”HEADSPACE”や、本家デトロイト・CARL CRAIG
率いる”PLANET E”、そしてセルフレーベル”BIO”を中心に90年代中期から精力的なリリースを重ね、デトロイト・テクノに強い影響を受けたその流麗でドラマチックなサウンドで高い人気を博しているVince Watsonの久々の来日公演!

さらにドイツ最大のエレクトロニック・レーベルKompakt唯一の日本人アーティストとしてKaito名義の作品を発表し、ギリシャのKlik Recordsを拠点としても活動を続けバルセロの“Sonar Festival”などのビック・イベントをはじめ世界中で活躍する
Hiroshi Watanabe aka Kaito (Kompakt)が参戦。

そしてHiroshi Watanabe aka Kaito、Naohito Uchiyama、Birdcage、ShoheiTakataなど世界基準の日本人による楽曲をリリースするFoureal Recordを主幹するShinya Okamoto、
日本各地の様々なクラブ、野外パーティー等で独自の選曲でオーディエンスから常に高い評価を得ているKo Umehara(-kikyu-)、都内を中心に活躍し、フロアーからのプロップスを集めるKyohei Saito、さらにVJとしては先日開催した”FRANCOIS K. × Francesco Tristano × Calm”公演でのVJも記憶に新しいORIGAMI最多出演VJ、VJ HAJIME が出演!

GALLERY FLOORは中目黒solfaで盛り上がりを見せるパーティーstroboからSatoshi Onishi、さらにChicagoの老舗House Podcast “Deep House Catで日本人として初めてmixが紹介され、都内を中心に活躍するAiko Morita、奥底に眠る感情に響き渡る独自の雰囲気でフロアーを盛り上げるKAMEKAWAと、都内を中心に活発に活動する気鋭DJ、NAOが出演し、一晩を作り上げます。

アジアではここでしか聴くことのできないオンリーワンのサウンドシステムを持つ
ORIGAMIで鳴らされるデトロイト・テクノを継ぐ者=ヴィンス・ワトソンの久々の
DJプレイは見逃せません!GALAXY 2 GALAXY、LOS HERMANOSファンも必聴です。

[日程] 2014/1/31(Fri)
[公演名] Vince Watson
[OPEN] 24:00
[PRICE] Door:3,000yen

[出演]
MAIN FLOOR:
Vince Watson(Bedrock/Planet E/Pokerflat/Ovum/Amsterdam)
Hiroshi Watanabe aka Kaito (Kompakt)
Shinya Okamoto(Foureal Records)
Ko Umehara(-kikyu-)
Kyohei Saito(Ourhouse)

GALLERY FLOOR:
dsitb (BLAFMA / invisible / Snows On Conifer)
Satoshi Onishi (strobo)
Aiko Morita 
Kamekawa (MTCP / Daytona / Drop) 
Nao (inception) 

[会場名] ORIGAMI
[住所] 〒107-0062
東京都港区南青山3-18-19FESTAE表参道ビルB1F(表参道交差点)
[電話] 03-6434-0968

[facebook イベントページ]
https://www.facebook.com/events/469506413161295/


VINCE WATSON (BIO MUSIC/PLANET E/DELSIN/AMSTERDAM)

スコットランド、グラスゴー出身、現アムステルダム在住のエレクトロニック・ミュージック・プロデューサー、VINCE WATSON。

彼はハウス/テクノのダンス・ミュージックからアンビエント・ミュージックまで幅広く楽曲を制作し、デトロイト・テクノ・フォロワーとして注目されているアーティストである。その美しい旋律、そして楽曲の完成度は他のアーティストの追随を許さないクオリティである。

VINCEは10代の頃にDJを開始し、主にHIP-HOPや初期のHOUSEをプレイしていたという。また、ハービー・ハンコックやジャン・ミッシェル・ジャール、デリック・メイ等のアーティストが創り出す音楽に影響され、自らも楽曲制作を開始。1995年にはデイヴ・エンジェルのレーベルであるRotationからデビュー・シングル”Innovation EP”をリリース。そしてグラスゴーのクラブ、アリーナでレジデントDJとしてそのキャリアをスタートする。当時Jeff MillsやLuke Slater、Kenny Larkinといった著名なアーティスト達と共演する。

ハウス〜テクノとクロスオーバーな音楽性を追求する彼は1999年、Aloha Recordsより1stアルバム”Biologique”を発表。そこに収録されていた”Mystical Rhythm”はシングルとしてもリリースされ、今でも色褪せないテクノ〜ハウス・クラシックとなった。
発表当時Francois K.、Joe Claussell、Derrick May、Carl CraigといったDJ達がヘヴィー・プレイしたこの楽曲は世界的大ヒットを記録し、一躍彼の名は注目を集めることとなった。2002年には2ndアルバム”Moments in Time”をIbadan Recordsよりリリースし、Carl CoxやLaurent Garnier等からも高く評価された。その後2005年には”Sublimina”、”Echos From The Future:View To The Past”、2006年には”The eMotion Sequence”、”Live At Kozzmozz”と好調にハイ・クオリティなアルバムをリリースし続け、今やシーンにとって欠かせないアーティストに成長。

そして昨年には傑作アルバム”Every Soul Needs A Guide”をリリース。彼独特の美しい旋律が胸を打つ素晴らしい内容のアルバムで世界的に絶大な評価を得ている。今回の来日ではDJとしてではなくLIVEを披露。彼の本領発揮となる素晴らしいパフォーマンスが聴ける絶好の機会だ。

http://www.vincewatson.com/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, ORIGAMI, RECOMMEND |