CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

『YAGI & JUN INAGAWA presents YAGI MAGIC ORCHESTRA』2021年10月29日(土)at 渋谷 Contact

[2021/10/17]

『YAGI & JUN INAGAWA presents YAGI MAGIC ORCHESTRA』2021年10月29日(土)at 渋谷 Contact


YAGI MAGIC ORCHESTRAによるハロウィン協奏曲:DAOKO、Seiho、ZOMBIE-CHANG等が、YAGIのコアメンバーJun InagawaがキュレーションするYAGI MAGIC ORCHESTRAへ登場!

6月のAge Factory、the hatch等を招いた衝撃の夜GOLDEN YAGI、9月にはレイヴPURE2000制作クルーSPEEDと共同開催された解放のミーティングY5の開催など、YAGI EXHIBITIONの勢いはとどまることを知らない。 それどころか、そのエネルギーとイマジネーションが充満したプロダクションは形を更新させながら初体験のオーディエンスをYAGIISTへと導いてきた。

今回のキュレーションはYAGIのコアメンバーJUN INAGAWAが仮想空間を創造する。 原案を手がける「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」のTVアニメ化や、個展 MAD MAGICAL ORCHESTRAの開催などJUN INAGAWAの内包する世界は、昨今ますます現実世界上での膨張をみせている。 さらには革命軍WANK同盟の主催や、数々のアンダーグラウンドなパーティへの出演など、強烈な音楽愛をもったDJとしても知られている。 このYAGI MAGIC ORCHESTRAもまた、JUN INAGAWAの描く空想の具現化であり、特有の現実から引き離すような強い個性をもつアーティストがならんだ。

Contact初登場となるDaokoとZOMBIE-CHANGのラインナップはこの日描かれるYAGI MAGICAL ORCHESTRAを飛翔させる大きな仕掛けになっている。 Daokoの鮮やかなエレクトロニクスをもちいた音遊びと、高い感度で連動させる言葉遊びはリスナーの脳を激しく攪拌している。 米津玄師や岡村靖幸との共演からもわかるように、メジャーフィールドから、テクノやエレクトロニカを好むコアな電子音楽ファンをも魅了している。 FUJI ROCK FESTIVALへの出演、北京、上海、台北、香港のアジアツアー、UK〈Toothpaste Records〉レーベルからのリリースなどZOMBIE-CHANGを取り巻く状況は昨今非常に活発になっている。 どこかメランコリックなラップに、ローファイかつマッドなエレクトロニクスの対比がもたらす中毒性に現行シーンが依存を起こす事態となっている。 さらには、テクノ、ブラックメタル、インダストリアル、ノイズにライヴヴィジュアルが渾然と交わるポスト・レイヴシーンの旗手、大阪に生まれた巨大なカオスVMO a.k.a Violent Magic Orchestraのラインナップも決まった。 この異空間を実体化するうえで、Seihoの複雑かつ緻密な音楽性と、明らかな現実世界とのずれの愉楽は、欠かすことはできない。 際立って光るラッパーJUBEEや彼のプロジェクトRave Racers、9月のY5で想像を超える親和性をみせたSPEEDからクルーの強い個性となるバンドWaater、Psychoheads、
そして、YAGIファンへのビッグなギフトとなるシークレットゲストも楽しみにしてほしい。

今までに開催されてきたYAGIの総決算、そして今後合流していくであろう傑出したタレント総出で繰り広げるハロウィンパレード、会場全体にエネルギーのファイアークラッカーが弾ける。


『YAGI & JUN INAGAWA presents YAGI MAGIC ORCHESTRA』

【日程】
2021年10月29日(土)
Open 22:00

【出演】
Studio:
DAOKO (w/ Yohji Igarashi) -Live
Seiho
ZOMBIE-CHANG -Live
VMO -Live
Waater -Live
Psychoheads -Live
YINYO -Live
JUBEE (Creative Drug Store) -Live
JUN INAGAWA

and Secret Guest

Contact:
Rave Racers
JUN INAGAWA
Ryota (FULLHOUSE)
SAMO (FULLHOUSE)
Mari Sakurai
4NGEL KIDZ
HIMAWARI

Foyer:
Taro Imai
TOMMY (BOY)
Yohji Igarashi
Anan Kaminaka
fuckingshun
Vick Okada
Acrocanthosaurus

【料金】
Under 23 ¥1000
Before 11PM ¥1000
GH G Members ¥2000
Advance ¥2500
GH S Members ¥2500
facebook Discount ¥3000
w/Flyer ¥3000
GH Members ¥3000
Door ¥3500

《前売券》
Contact Online
https://contacttokyo.zaiko.io/_buy/1rrX:Rx:d9842

e+
https://eplus.jp/sf/detail/3504820001-P0030001

【会場】
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID


Daoko

Daoko


Daoko (だをこ) 1997年生まれ、東京都出身。 アーティスト。 15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目をあつめ、2015年「DAOKO」でメジャーデビュー。 その後も米津玄師との「打上花火」、岡村靖幸との「ステップアップLOVE」など、実力派アーティストとの共作を行いつつ、ソロとしての個性も強めている。 小説の執筆、写真と絵の初個展の開催、自主企画ライヴイベントの主催や、あらたなバンド形式でのツアーを成功させるなど、多様なクリエイティヴ表現を続け、国内外で注目を集めている。 2019 年には個人事務所“てふてふ”を設立し、昨年には4thアルバム「anima」を発表。 2021年6月30日に自主レーベル〈てふてふ〉から初のEP「the light of other days」を配信リリース。 9月29日にはTAARとの連名シングル「groggy ghost」を配信リリース。



ZOMBIE-CHANG

ZOMBIE-CHANG


メイリンのソロプロジェクト、ZOMBIE-CHANG (ゾンビーチャング)。 作詞作曲、トラック、リリック全てを彼女が手掛け、2016年に配信「恋のバカンス E.P.」でデビュー。 その後、1stアルバムをリリース。 2017年に2ndアルバムをリリース。 2018年に3rdアルバムをリリースし、FUJI ROCK FESTIVAL ‘18への出演。 初のツアーを国内3都市とアジアツアーも決行し盛況に終える。 カナダのR&BシンガーThe Weekndが自身で選曲したApple MusicのRadio Program “beats1″に「イジワルばかりしないで」を選曲、またインスタグラムの告知ティザーのBGMでも使用され大きな話題に。 2019年にはフランスで開催される音楽フェスLa Magnifique Societyに出演。 9月にはUKのレーベル〈Toothpaste Records〉よりリリース。 2020年には4thアルバムをリリースし、Marc Jacobsなどアパレルブランドにも楽曲を提供するなど、トラックメーカーとしても起用される。 音楽プロジェクト以外にも、モデル、執筆業などでも活動。



Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, MOVIE, RECOMMEND |