CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

FREEDOM MUSIC × Ministry Of Sound『YEAR END PARTY』2016.12.30(Fri) at TABLOID

FREEDOM MUSIC × Ministry Of Sound『YEAR END PARTY』2016.12.30(Fri) at TABLOID

FREEDOM MUSIC日本初上陸、ロンドン名門クラブが東京に出現!Ministry Of Sound YEAR END PARTY 開催
テクノ&ハウス&アート空間で‘16年を締めくくるパーティー

世界各地で大物DJやクラブイベントとコラボレーションを行う音楽キュレーター「FREEDOM MUSIC」と、ファッション・アート・音楽の街、ロンドンでも特にハイセンスな大人が集う名門クラブ「Ministry of Sound」がコラボレーション。 ハウス×テクノ×アート空間で16年を締めくくるYEAR END PARTYを開催します。 国内外から世界有数のDJを招聘。 そのクリエイティブなサウンドで年末の一夜を彩ります。 開催場所は、印刷工場をリノベーション、数々のシークレットパーティーが開かれる隠れ家TABROIDにて。

今回のFREEDOM MUSIC、日本初上陸、初お披露目となるパーティーは、Ministry of Sound、この名門クラブを一夜限り出現させる。 そのオープン祝いに、世界からそうそうたるメンバーが集結。 まずは、デビュー直後にしてVictoria’s Secretのファッションショーに楽曲を提供するなど、既にハウスミュージック界で重鎮DJの一人であるThrottle。 さらにSteve Aokiを始め、名だたるミュージシャンから熱烈なラブコールを受け、最近では、The Chainsmokersとの共作でBillboard、Spotify、Shazamの全てでNo.1を獲得した「Closer」が衝撃的なShaun Frank。 しかも盟友、Delaney Janeと共に同曲を引っさげ来日。 そして、David Guetta、Afrojackと共同プロデュース、世界的ヒットを記録したアルバム「Pandemonium」が鮮明に記憶に残る歌姫Tara McDonaldoも。 世界中でいま最も熱いアーティストが揃った。

さらに、超魅力的なDJプレイを迎えるのは、ビジュアルアートとも呼べる空間演出。 作り出すのは、世界トップクラスのライティングアーティストAIBAと、アート性の高いVJが世界を魅了するMANAMI&COMBOY。 さらに有名FES・イベントを手掛けるKANOYA PROJECTも。 会場には、チル&バーエリアが設けられ、大人が朝まで楽しめる空間に。 2017年までの夜を締めくくるのに相応しい、新しい感覚に出会える時間になります。


FREEDOM MUSIC × Ministry Of Sound
『YEAR END PARTY』

■DATE
2016-12-30(Fri) 21:00

■VENUE
TABLOID – 日本・東京・日の出
東京都港区海岸2-6-24
ゆりかもめ:日の出駅より徒歩1分/竹芝駅より徒歩7分
JR:浜松町駅より徒歩12分

■TICKETS
当日:3,000円、 前売り:2,000円、 早割:1,000円

■Line up
Shaun Frank and Delaney Jane
Tara McDonaldo/Throttle
※Alphabetical Order

■演出Artists
AIBA
MANAMI&COMBOY
KANOYA PROJECT
MMU

■主催
Ministry of Sound YEAR END PARTY 実行委員会

■HP
http://freedom-music.jp

■チケット販売サイト
<clubberia> https://ticketpay.jp/booking/?event_id=6535
<RA TICKET> https://jp.residentadvisor.net/event.aspx?911090
<iFlyer> https://admin.iflyer.tv/apex/eticket/?tid=7968

※当イベントは、20歳未満の方のご入場は一切お断りさせていただいております。 チケットご購入の際は十分にご注意ください。
※当日、入場の際に全ての方にIDチェックをさせていただきますので、運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード(写真付きのみ)・外国人登録証のいずれか(コピー不可)をご持参ください。


Ministry of Soundとは

1992年オープン。 ロンドンにある世界的メガクラブ。 ハイレベルなhouse/technoを楽しめることから、ロンドンは、もちろん、世界中からクラブ好きが集まる。 サウンドシステムは、音響設計のレジェンドのラリー・レヴァン。 「大音量でありながらクリア」その驚くべき良質な音は、20年経った現在も、一点の曇りが無い。 また同クラブが運営するレーベルは、国際的ネットワークを築き、数々の有名DJ、プロデューサー、アーティストが所属している。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |