CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『第63回沖縄全島エイサーまつり』2018年8月31日(金)9月1日(土)2日(日)at コザ運動公園陸上競技場・胡屋十字路周辺

第63回沖縄全島エイサーまつり

国内最大のエイサーイベント
沖縄が熱くなる3日間 第63回沖縄全島エイサーまつり

「沖縄全島エイサーまつり」は、毎年旧盆明けの最初の週末に開催される、沖縄県内最大規模のエイサーまつりです。 本島各地から選抜された青年会から創作団体まで様々な団体が集結します。 会場に鳴り響く唄三線、太鼓のリズムに酔いしれ、その迫力あるバチさばきに感動しながら、本場のエイサーのだいご味を思う存分堪能出来ます。

沖縄全島エイサーまつり」は1956年「コザ市・エイサーコンクール」(1974年にコザ市と美里村が合併し沖縄市が誕生)として開催されました。 戦後、基地依存経済の中で商業都市として発展してきたコザ市でしたが、米国民政府による「オフ・リミッツ(米軍人・軍属・家族が 民間地域へ出入りすることを禁ずる規制)」が布かれたことによって商工業者が大ダメージを受けました。 市民が暗く、希望を失いかけていたそんな折、戦後復興のシンボルでもあったエイサーがコザ市で盛んに行われていたこともあり「エイサーで元気を取り戻そう!」とエイサーコンクールが開催されたのが始まりです。

現在では、3日間開催となり、初日は沖縄市胡屋十字路周辺を各青年会が練り歩く「道ジュネ―」、中日は、沖縄市内青年会による「沖縄市青年まつり」、最終日には県内各地より選抜された様々なエイサーが繰り広げられ、3日間で延べ30万人の観客動員数を誇る、県内最大のエイサーまつりへと発展しました。 毎年恒例となったフィナーレのカチャーシーで会場一体になり、締めの花火とレーザーショーと沖縄の熱い夏を堪能して下さい。


『第63回沖縄全島エイサーまつり』

【日程】
2018年8月31日(金)9月1日(土)2日(日)

8月31日(金) 道ジュネー
18:30~21:00(会場:国道330号コザ・ゲート通り)

9月1日(土) 第40回沖縄市青年まつり
15:00~21:00(会場:沖縄市コザ運動公園陸上競技場)

9月2日(日) 第63回全島エイサーまつり
15:00~21:00(会場:沖縄市コザ運動公園陸上競技場)
※臨時駐車場の設置及びシャトルバスを運行。 サブグラウンドにて「オリオンビアフェスト」同時開催。

【会場】
コザ運動公園陸上競技場・胡屋十字路周辺

【USTREAM配信】
※ USTREAM配信を行います!
URL: https://kozaweb.jp/
最終日2日(日)15:00~21:00の間、 全島エイサーまつりをUSTREAMにて生配信いたします!
会場に来られない方も、ぜひご覧ください!

【公式サイト】
http://www.zentoeisa.com/


第63回沖縄全島エイサーまつり第63回沖縄全島エイサーまつり



エイサーとは?

エイサーとは?

本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能のひとつで、主に各地域の青年会がそれぞれの型を持ち、旧盆の夜に地域内を踊りながら練り歩きます。

一言で「エイサー」と言ってもその形態はいくつかに分類され、現在ほとんどの青年会が、大太鼓、締め太鼓を中心とした「太鼓エイサー」であり、沖縄県中部が最も盛んな地域と言われています。 その中でも旧与那城町、旧勝連町で見られるエイサーは「パーランクー」という方張りの太鼓を用いたエイサーがほとんどで、締め太鼓とは違った雰囲気を醸し出します。

また、太鼓を使わない「手踊りのみのエイサー」もあり、本島北部にいくつか存在するが、これがエイサーの最も古い形ではないかと言われています。

近年では、エイサーの型を取り入れ、音楽はポップスを使用する等、衣装も独創的な「創作太鼓」のグループも数多く存在します。


運営者の想い

沖縄の夏の風物詩として定着した県内最大級のエイサーイベント、沖縄全島エイサーまつり。 これもひとえに市民県民のエイサーに対する深い愛着と関係各位のご支援とご協力により、これまで開催する事ができたと実感しております。 毎年、3日間で約30万人余りの方にお越し頂いております。 誰でも初めてエイサーを見たとき、無条件に胸を打たれてしまいます。 その感激を沖縄の言葉で「チムドンドン」と表現します。 見る物の魂をこんなにも震わせるエイサーは、自分たちのエイサーに誇りを持ち、魂をこめて踊る姿にあります。 そんな姿を目の前で見たとき、エイサーの虜になるのは間違いございません。 ぜひ、沖縄全島エイサーまつりで生のエイサーをご覧いただき、沖縄が世界に誇る芸能「エイサー」をご堪能頂ければ幸いです。 皆様のご来場心よりお待ちしております。

【沖縄全島エイサーまつり実行委員会事務局 島袋 林大】

★そのほか、最新情報、交通規制の情報など、随時詳細内容を公式ページにて更新しております。 ぜひご確認くださいませ。
http://www.zentoeisa.com/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |