CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


BAT HOUSE Vol.4 ~BAT CAVE One-Man LIVE~ 2012/12/09(SUN) at 大塚Deepa LIVE REPORT

BAT HOUSE Vol.4 ~BAT CAVE One-Man LIVE~ 2012/12/09(SUN) at 大塚Deepa LIVE REPORT

Profile of |BAT CAVE|


BAT HOUSE Vol.4 ~BAT CAVE One-Man LIVE~ 2012/12/09(SUN) at 大塚Deepa LIVE REPORT

BAT CAVE 2012年、年内最後のライヴは自身でオーガナイズするイベント『BAT HOUSE Vol.4』にてライヴ納めとなった。ゲストにHONE YOUR SENSE、DJには uchy77、(sic)S、さらには親交の深いBLACK FLYS、CURE、KILLA ANTHEMといったブランド、ショップもブースを展開しイベントの盛り上がりに華を添えた。

いついかなる時も全力でさらけ出す漢祭り。
確かなスキルに裏付けされたヘヴィーなサウンドに強烈な男気と潔さは突き抜けた爽快感を与えてくれる。震え上がる暇も与えずにフラストレーションや境界線を一瞬で吹き飛ばす妥協なき音の塊。

今年は1月、6月、12月と大塚Deepaにて3度開催されたこの『BAT HOUSE』では狂喜乱舞したフロアとの一体感もすっかりお馴染みの光景となった。 尖ったやつらが衝動を抑えることなく解き放つ瞬間、瞬間は「激しい」なんて言葉が陳腐に聞こえるくらいにグロく美しい。

熟成された楽曲の中でアンコールでは彼らが敬愛してやまないPANTERAの楽曲も披露された。あの悲劇、あの意味の解からない感情を感じた時からもう8年も経つのか・・・。 BAT CAVEがPANTERAの曲を演ってくれるのは嬉しいし興奮するし最高に楽しくなっちゃうんだけど、やっぱりダイムバッグ・ダレルのあの事件を思い出すと悲しくて腹立たしくて、やっぱりなんだか意味の解からない感情になるな。とまあライブレポートからは若干脱線してしまいましたが、きっとそんな感情を抱いた人はあの会場にも多くいた事でしょう。

まあ、そんなこんなですが、しみったれてる暇はありません。なんていったってこの日は忘年会(暴年会)も兼ねていたのでとりあえず酒ですよ、酒! ライブで良い汗かいて、その後は楽しく呑む。細やかでもこんな幸せな事はないなと特に感じましたよ。

己の感情に正直に生き奏でるバンドがいる。ファンとしてはなかなか音源が出ないのはたまに傷だけどそのマイペースさも最近は愛おしく感じるし、きっと来年はなんて淡い期待ができるというのもそれはそれで楽しみのひとつだろう。

年忘れという事で色々感傷的になる部分もありつつも来年も元気にやって行きましょう。
ヴァイオレンスなライブの中にあってそんな穏やかな気持ちを抱ける宴であった。


Report by KISHIMOTO

Posted in ALL ENTRY, BAT CAVE, REPORT |